ラクラス株式会社、プログラミングなしで情報システムを開発するフレームワーク「SQN」を発表

ラクラス株式会社は、大規模情報システム開発におけるプログラミングを不要とするフレームワーク「SQN」を発表しました。 プログラミング不要の情報システム開発は、エンジニア不足に悩む企業にとっての朗報です。ラクラスは、SQNフレームワークにより日本の生産性向上と働き方改革に貢献してまいります。

2018年5月10日

ラクラス株式会社

 

プログラミングなしで情報システムを開発するフレームワーク「SQN」を発表

第一弾として「ラクラス人事クラウドサービス」の提供を開始

 

ラクラス株式会社(本社:東京都千代田区、社長:北原佳郎)は、大規模情報システム開発におけるプログラミングを不要とするフレームワーク「SQN」を発表しました。

 

情報システムはこれまで、仕様を記述した文章や図版に基づいて、エンジニアがプログラミングを行うことで開発されてきました。情報システムを開発するためには、人間にとって理解しやすい文章や図版を、コンピュータが理解できるプログラムに変換する作業が不可欠でした。

 

これに対してSQNは、データ構造を定義したクラス図、業務プロセスを定義したアクティビティ図(フローチャート)、およびアクティビティ図上の各タスクにおけるデータ操作を定義したルールベースを読み込むことで情報処理を実行します。人間が理解しやすいアクティビティ図等の記述に従って情報処理を実行するSQNは、情報システムの開発におけるプログラミングを不要とすることに成功しました。

 

本日、ラクラスが同時に発表する「ラクラス人事クラウドサービス」は、SQNフレームワークを用いて開発されています。ラクラス人事クラウドサービスが、大企業からの要求を十分に満たすソフトウェアとして機能するということは、SQNが有効に機能するフレームワークであることの証左です。ラクラスは、SQNフレームワークを人事情報処理以外の領域へも展開していきます。

 

プログラミング不要の情報システム開発は、エンジニア不足に悩む企業にとっての朗報です。ラクラスは、SQNフレームワークにより日本の生産性向上と働き方改革に貢献してまいります。

 

注1: SQNは、ラテン語のSine Qua Non(シン・クア・ノン)の頭文字をとったもので、「必要不可欠なもの」を意味します。SQN、Sine Qua Non、およびシン・クア・ノンは、ラクラスの登録商標です。

 

 

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

お問合せ

ラクラス株式会社 セールス&マーケティング 円谷、伊藤

電話:03-6259-1901

E-mail:contact@lacras.co.jp

Web:www.lacras.co.jp

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ラクラス株式会社について

ラクラス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:北原佳郎)は、エンタープライズ向けのクラウドとBPO(ビジネスプロセス・アウトソーシング)のリーディング・カンパニーです。ラクラスの革新的な技術と手法は、給与計算を含むすべての人事情報処理を圧倒的に効率化いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 ラクラス株式会社
代表者名 北原佳郎
業種 ビジネス・人事サービス

コラム

    ラクラス株式会社の
    関連プレスリリース

    ラクラス株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域