“街を楽しむという視点”から生まれ、寝るだけでは終わらせない、テンションあがりっぱなしのホテル 「星野リゾート  OMO5 東京大塚」 本日オープン

 星野リゾートの都市観光ホテル「星野リゾート OMO5 東京大塚(おもふぁいぶ)」(所在地:東京都豊島区、総支配人:磯川 涼子)が、本日 2018年5月9日(水)にグランドオープンいたしました。「OMO」は、「星のや」「界」「リゾナーレ」に続く、星野リゾートが展開する4つ目のブランドです。当ブランドが提供するのは「部屋」ではなく「旅」。街と連携して都市観光を満喫していただくことで、旅のテンションを上げるホテルを目指します。JR山手線大塚駅北口から徒歩1分の場所にある「OMO5 東京大塚」。都営荒川線が走るレトロな街並みに、活気ある商店街が広がり、観光客に絶好の場所に位置しています。街の一部でもあるパブリックスペースや旅行者にとっての使いやすさを重視した客室など、単に宿泊するだけではなく、旅のテンションを上げるホテルとして、都市観光の新しい楽しみ方をお届けして参ります。

◆街に溶け込み、ご近所を丸ごと楽しみつくす

好奇心旺盛な都市観光旅行者へ向けたサービス「Go-KINJO(ゴーキンジョ)」

OMOでは、ホテルを中心とした街全体をひとつのリゾートとして捉え、ゲストにはホテルにこもらず、どんどん街にでかけてほしいと考えています。「Go-KINJO」は、ホテルから徒歩圏内の「街」を深く知り、エキサイティングなコトやファンティスティックなモノに触れ、街に溶け込むことをサポートするサービスです。「ご近所専隊 OMOレンジャー」「ご近所MAP」「街探索のおすすめコース案内」「ご当地ワークショップ」の4つのコンテンツで構成されており、大塚のディープな魅力に飛び込む体験を提供します。

 

◆旅行者とローカルがつながる「OMOベース」

OMOベースは、街歩きが楽しくなる様々な仕掛けが詰まったパブリックスペース。街の人の行き交いが見える開放的なロビーラウンジや、カフェタイム・バータイムと、時間を問わずカジュアルに使えるOMOカフェ、スタッフが厳選したスポットをマッピングした縦2m×横3mの巨大なご近所マップなど、都市観光の拠点となる空間です。

 

建築面積が限られる街のホテルにおいて息苦しさを感じることがないように、天井の高さや大きな窓がもたらす空間の広がりに着目してデザインしました。コンセプトは櫓(やぐら)。畳張りのフロアから階段を上がると、ヒノキ材を用いた「やぐら寝台」が現れます。秘密基地のようなデザインは旅のテンションをキープできること間違いなし。裸足でくつろぐソファスペースや洗い場を備えたバスルームといったリラックスできる和の住まいの特徴も取り入れています。また、階段や壁を有効活用して、大きな荷物を収納できます。

 

建築デザイナー佐々木 達郎 (ささき たつろう)氏 「 OMO5 東京大塚」のデザインに込めた想い

 

このホテルの最大の特徴は「YAGURA Room」です。19平米程度の小さな客室の中に、滞在を楽しむための仕掛けを高密度にデザインしています。やぐら寝台と名付けたヒノキ材の高床式ベッドを中心に、立体的で多機能な家具により、様々な工夫が仕掛けられています。

  ここでは、日本で古くから人々に愛されてきた木材や畳、色彩など、日本的で自然なマテリアルを多く使用しています。玄関で靴を脱ぎリラックスすることや、洗い場のあるお風呂等、日本的な寛ぎのかたちを取り入れた客室空間がつくられています。この秘密基地のようなワクワク感、コックピットのような多機能性を合わせ持った客室で、ゲストが思い思いに様々な滞在を楽しんで欲しいと考えています。

また、ホテルのパブリックスペースは、チェックインのためのフロント機能だけではなく、旅のテンションを上げる賑わいのある都市空間を延長したような場所を目指しています。3寸角のヒノキ材で組まれた大きな籠(かご)のようなワンルームに、屏風のような2つの銅板の壁で曖昧に空間を分節しました。カフェバー、ゲストが集うラウンジ、街のインフォメーション機能を持ったライブラリーやフレキシブル利用できる大テーブル、街を見渡すカウンター等、ゲストが思い思いに過ごせる様々な居場所を設けています。

〈グランドオープンに先立ち、OMOパーティーを開催しました。〉

グランドオープン前日の5月8日(火)に、OMO5 東京大塚にて「OMOパーティー」を開催し、TV・新聞・雑誌など約120名のメディアの方々にご参加いただきました。このパーティーでは、施設内覧に加えて、OMOのコンセプトを体現するサービス「Go-KINJO」を体験いただくため、大塚のショーの楽しめるダイニング「Shisui duex(シスイドゥー)」の協力を得て、参加者のみなさまと一緒に「大塚の歌」にあわせて踊りました。その他、街の飲食店9店舗の大塚グルメが集まった「大塚ビュッフェ」をお楽しみいただきました。

星野リゾート OMO5 東京大塚

住所     :〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-26-1

電話     :0570-073-022(星野リゾート予約センター 受付時間 9:00~20:00 )

アクセス :JR大塚駅より徒歩約1分

施設構成 :客室、ロビーラウンジ、カフェ

部屋数  :125室/チェックイン15:00 チェックアウト11:00

宿泊料金 :7,000円~(2名1室利用時・1名あたり/税・サービス料込)※東京都宿泊税が掛かる場合あり

URL      : https://omo-hotels.com/otsuka/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 星野リゾート
代表者名 星野佳路
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    星野リゾートの
    関連プレスリリース

    星野リゾートの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域