スマートフォン/タブレットをBluetoothキーボードにするアプリ「Rickey+(リッキーver.2)」を発売しました

アンドロイド・スマートフォン/タブレットをWindowsパソコン用の無線キーボードとして利用できるようにするアプリ「Rickey+」を本日、GooglePlayストアで提供開始しました。提供価格は400円です。QWERTキーボード、五十音キーボードでの文字入力の他、マウスパッド画面でのマウス操作などができ、子どもから高齢者まで幅広くご利用いただける仮想キーボードアプリです。また、Rickey+は、上肢障害がある方の操作支援機能を備えています。

イデア・フロント株式会社(東京都文京区、代表取締役:内田斉、以下「イデア・フロント」は、Androidスマートフォン/タブレットをWindowsパソコン用のBluetoothキーボードとして利用できるようにするアプリ「Rickey+(リッキーVer.2)」を開発し、本日、GooglePlayストアで提供開始いたしました。提供価格は400円(税込)です。

イデア・フロントは、WindowsパソコンとBluetooth接続して使う仮想キーボードアプリ「Rickey(リッキー)」を2016年10月から提供して参りました。今回開発した「Rickey+(リッキーVer.2)」はRickeyをベースに大幅な機能強化を図り、次のような特長を備えた実用的な仮想キーボードアプリとしました。

 

1)キーボードと五十音キーボードの両方を備えています。QWERTキーボードが苦手な高齢者やお子様にも手軽な日本語入力のツールとしてご利用いただけます。

2)マウスパッド機能を新たに加えました。スマートフォン/タブレット画面上の指の動きにより、接続したパソコンのマウスポインタを操作することができます。少し離れた場所からパソコンを無線操作する、リモコンのような使い方もできます。

3)利用するスマホ/タブレットの画面サイズに合わせて、仮想キーボードを全画面表示します。機種を選ばず、お手持ちのAndroidスマホ/タブレットにインストールしてご利用いただけます。

 

また、Rickey+は上肢の障害等により通常のキーボードの利用が難しい方のための支援機能を備えています。画面タッチが難しい方はスマホ/タブレットに接続したマウスやテンキーでRickey+を操作できる他、重度肢体不自由の方のための「オートスキャン操作機能」も備えています。詳しくは、Rickeyのホームページをご覧ください。

 

当社は、健常者・肢体不自由者に幅広くご利用いただけるバリアフリーな仮想キーボードアプリとして、Rickey+をさらに充実・発展させていく所存です。

 

<Rickey+(リッキーver.2)の動作環境>

スマホ/タブレット  OS: Android4.4以降

                              画面サイズ: 5インチ以上

操作対象PC         OS: Windows7、8、8.1、10

              ※いずれも、Bluetoothを搭載していることが必要です。

 

<Rickeyのホームページ>

http://ideafront.jp/Rickey/

 

<GooglePlayストアのURL>

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.ideafront.rickey

 

<本プレスリリースに関するお問い合わせ先>

イデア・フロント株式会社  担当:内田

〒113-0021 東京都文京区本駒込5-40-5-803

TEL:03-6280-8014

e-mail:at_dp@ideafront.jp



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 イデア・フロント株式会社
代表者名 内田斉
業種 その他サービス

コラム

    イデア・フロント株式会社の
    関連プレスリリース

    イデア・フロント株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域