プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,773社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

世界最高レベルの3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」の最新モデル「Raise3D Pro2」「Raise3D N2S」シリーズ4月9日に予約受付開始!

日本3Dプリンター株式会社

! 2018年4月9日 13時

日本総代理店の日本3Dプリンターが、世界初*の可動式デュアルヘッドや監視カメラを搭載して過去最高の造形精度を実現した3Dプリンターの最新ラインナップ販売へ向けて予約の受付を開始します。

企業・教育機関向け3Dプリンターの販売・サポートを手がけている日本3Dプリンター株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役:北川士博)は、日本総代理店の海外3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」の最新モデルとして「Raise3D Pro2」シリーズおよび「Raise3D N2S」シリーズの販売へ向けて4月9日(月)に予約の受付を開始します。

 

▼ 「Raise3D(レイズ3D)」最新シリーズ商品紹介ページ(日本3D株式会社公式ウェブサイト):https://raise3d.jp/pre-order/

 

 

■アメリカのテクノロジー系DIY専門誌で最高評価を獲得した海外3Dプリンターの最新モデルを発売!

 

日本3Dプリンターが日本総代理店として2017年2月から販売・サポートを手がけている海外3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」の現行モデルは「Raise3D N1」「Raise3D N2」「Raise3D N2 Plus」のラインナップ。

 

このうち「Raise3D N2」は、アメリカのテクノロジー系専門誌「Make」(Vol.60 December 2017/January 2018)で造形精度についてトップの評価ポイントを獲得しています。

 

▼ 2017年12月5日付プレスリリース「『Raise3D(レイズ3D)』が、アメリカのテクノロジー系DIY専門誌『Make』で最高評価を獲得!」:https://www.value-press.com/pressrelease/193976

 

4月9日(月)から販売へ向けて予約の受付を開始する最新モデル「Raise3D Pro2」シリーズおよび「Raise3D N2S」シリーズ共通の特徴や新しい機能は次のとおりです。

 

1.過熱をふせぐ新型ギア構造

3Dプリンターで多くみられるトラブルの1つが、エクストルーダーからの加熱が原因のヘッドの詰まりです。「Raise3D(レイズ3D)」の新シリーズでは、この問題を解消するために複数のギアを組み合わせた「新型エクストルーダー」を採用しています。エクストルーダーからの熱が伝わりにくい構造で、ヘッドのフィラメント詰まりを低減します。

 

2.0.07ミリで水平をたもつプラットフォーム

「Raise3D」新シリーズでは造形台に、航空機の外装にも使われている新素材を採用。新素材は0.07ミリの加変形で造形中も水平をたもちます。「Raise3D」現行モデルは強固なボールネジで水平調整が不要ですが、新しいプラットフォームの採用でさらに造形が安定するようになりました。

 

また「Raise3D Pro2」シリーズの特徴や新しい機能は次のとおりです。

 

1.世界初*の可動式デュアルヘッド搭載

「Raise3D Pro2」シリーズには造形中に1.5ミリ昇降する世界初*の可動式デュアルヘッドを搭載。これまでのFDM方式の3Dプリンターではデュアルヘッドでの造形がむずかしく、失敗も多いという弱点がありました。可動式デュアルヘッドで造形しながら稼働することで、ノズルが造形物にぶつかることなくスピーディーで綺麗な造形が可能になります。また可動式デュアルヘッドで造形することで、2色での3Dプリントやサポート材を水溶性フィラメントで造形することも可能になりました。

 

2.監視カメラを搭載

造形に失敗する可能性のある3Dプリンターの特性をふまえて「Raise3D Pro2」シリーズには監視カメラを搭載。造形中の状態をいつでもどこでも把握できるようになりました。

 

*世界初 「日本3Dプリンター株式会社」調べ(2018年4月現在)

 

 

■「Raise3D」最新モデル「Raise3D Pro2」シリーズ、「Raise3D N2S」シリーズ予約特典

 

「Raise3D」の最新モデル「Raise3D Pro2」シリーズおよび「Raise3D N2S」シリーズの予約受付を記念して、5月11日(金)までに予約いただいたユーザーを対象に以下の特典を予定しています。詳しい特典内容は日本3Dプリンター株式会社にお問い合わせ下さい。

 

納品時期は、5月中旬を予定しています。

 

 

■「第3回 名古屋 設計・製造ソリューション展」で展示とデモンストレーションを予定

 

日本3Dプリンターは下記の展示会にブースを設けて、「Raise3D」の最新モデル「Raise3D Pro2」シリーズおよび「Raise3D N2S」シリーズの出展およびデモンストレーションを実施する予定です。

 

展示会名:第3回 名古屋 設計・製造ソリューション展(名古屋 ものづくり ワールド 2018内)

開催日時:4月11日(水)~13日(金)

会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)/〒455-0848 愛知県名古屋市港区金城ふ頭2-2

公式ウェブサイト:http://www.dms-nagoya.jp/ja/

 

 

【日本3Dプリンター株式会社について】

本社:〒135-0064 東京都江東区青海2-5-10 テレコムセンター東棟14階

代表者:代表取締役 北川士博

設立:2013年10月

電話番号:03-6858-2042(代表)

URL:http://raise3d.jp/

事業内容:三次元造形関連商品・サービスの提供、サポート

 

 

【一般の方向けのお問い合わせ先】

企業名:日本3Dプリンター株式会社

担当者名:大橋 竜也

TEL:03-6858-2042

Email: info@3dprinter.co.jp



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

日本3Dプリンター株式会社

代表者名

北川 士博

業種

精密機器

プレスリリース情報

ジャンル

その他非製造業

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

FDM方式でなめらかな“積層”を実現! 日本3Dプリンターが高品質の造形物づくりに役立つ3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズを6月10日に発売!
! 2019年6月12日 10時
3Dスキャナ新シリーズ2機種を1月10日より発売開始。低価格を維持して高精度を実現、スキャンスピードは従来から3倍もアップ!
! 2019年1月11日 13時
3種類の素材別ヘッドとガラス素材を採用したビルトプレートで、機能・性能のアップと使いやすさが向上した3Dプリンター「UP 300」9月1日発売!
! 2018年9月11日 10時
日本3Dプリンター株式会社がプロ仕様で使える、低価格スキャナ「EinScan」4機種の販売を開始!
! 2018年2月6日 10時
「Raise3D(レイズ3D)」の販売・サポートを手がける日本3Dプリンターが1月22日から期間限定の「Raise3D新春キャンペーン」を実施!
! 2018年1月16日 10時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る