プレスリリース配信サービス

詳細検索

日本3Dプリンター株式会社のプレスリリース企業情報(プレスリリース/コラム/求人/広報・PR情報)

http://raise3d.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホーム

新着プレスリリース

日本3Dプリンター株式会社が買収に参加・設立したシンガポールの「UAM3D」が日本を含めたアジア全域への3Dプリンティングサービスを本格展開へ

日本3Dプリンター株式会社はシンガポールのELH Tech およびインドネシアのklix3Dと3社共同で、シンガポールにおいてトップクラスの3Dプリンティングサービスビューローの3D UCT買収後、名称を「UAM3D」に変更。2015年9月の設立以来、有名企業との研究開発、1万パーツ以上の3Dプリント部品の造形などの実績を生かしてアジア全域への3Dプリ...

  • !2020年7月3日 16時
  • a精密機器
  • a企業の動向

企業での試作品製作や研究機関での使用に最適な性能と機能を実現!日本3Dプリンターが「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売のお知らせ

日本総代理店として800台超の販売実績 をもつ 「Raise3D」シリーズ最新モデル「E2」の販売を開始します。PLA/ABS樹脂はもちろん、ゴムライク樹脂やPC(ポリカーボネート)など10種類以上のフィラメントに対応し、高い精度と安定した造形が可能。企業や研究機関での試作品づくり、大学などの教育機関での活用に最適な最新モデルです。

  • !2020年6月8日 10時
  • a精密機器
  • a製品

コロナ禍で続出するイベント・展示会の中止を受け、3Dプリンター製品を紹介するウェブセミナーが開催、実機やサンプルも確認可能

コロナの流行で、ネットを活用した動画セミナーの導入が加速しています。今回開催するウェビナーでは、積層方式の金属プリンターを中心に、実用性や事例を紹介。リアルタイムでの質疑応答など、双方向型のコミュニケーションで理解を深めることが可能です。

  • !2020年5月20日 14時
  • a精密機器
  • a告知・募集

雨や紫外線に強い素材を使った特性を確認! 日本3Dプリンター が、BASF製フィラメント「Ultrafuse ASA」よる造形レポートを公開

ABSのブタジエンゴムに似た弾性のあるアクリレートを採用したASA(アクリロニトリル・スチレン・アクリレート)のフィラメントを使って幅103×高さ45×奥行103ミリのプールボックス(電設資材)を造形。ABSに近い強度と、表面の仕上がりがきれいで劣化防止用の塗料などを塗る必要のない特徴を確認することができました。

  • !2020年5月12日 16時
  • a精密機器
  • a製品

造形時の“反り”が少ない特性を確認! 日本3Dプリンター㈱が、BASF製フィラメント「Ultrafuse ABS Fusion+」よる造形レポートを公開

SMA樹脂(スチレン無水マレイン酸共重合体)をベースにオランダのPolyscope Polymers B.V.が開発した「XILOY™ 3D」を配合して共同開発したBASFフィラメントを使って、幅250.0×奥行276.9×高さ20.7ミリのプレート状レリーフを造形。造形時の“反り”に強く、安定的に造形できる特徴を確認することができました。

  • !2020年4月16日 10時
  • a精密機器
  • a技術開発成果報告

防湿の必要がなく高い造形安定性と加工性を確認! 日本3Dプリンター㈱が、BASF製フィラメント「Ultrafuse PET CF15」による造形レポートを公開

ポリエチレンテレフタレート(PET)素材をベースに、カーボンファイバーを15パーセント含有して、低吸湿性と高い耐熱性・耐薬品性が特徴のフィラメントを使い、幅181.2×高さ181.2×奥行80.5ミリの大型Y字コネクションを造形。防湿庫(ドライボックス)を使わずに、高い造形安定性と加工性を確認することができました。

  • !2020年3月31日 15時
  • a精密機器
  • a研究・調査報告

接着性が悪い課題をクリアした造形に成功! 日本3Dプリンター(株)が、BASF製フィラメント「Ultrafuse PP Natural」による造形レポートを公開

純度100パーセントのポリプロピレン(PP)という、軽い比重と高い機械強度(引っ張り強度、圧縮強度、衝撃強度)を持ち、ソフトでなめらかな材質のフィラメントを使って、最大直径64×高さ220ミリのボトルを造形。ビルドプレートにポリプロピレン(PP)テープを貼りつけて、接着性が悪いデメリットを解消しました。

  • !2020年3月16日 11時
  • a精密機器
  • a企業の動向

静電気放電(ESD)対策が必要な造形物に最適な効果! 日本3Dプリンターが、クラリアント(Clariant AG)製フィラメントによる造形レポートを公開

強化ポリエチレンフレタート(PET)素材にカーボンナノチューブを配合して、静電気の拡散性をもつフィラメント「ESD safe PET-G」を使い、幅100×奥行86.5ミリのトレーを造形。

  • !2020年3月5日 16時
  • a精密機器
  • aサービス

高い硬性と耐薬品性が魅力! 日本3Dプリンター株式会社の「RAISE3D日本OFP(オープンフィラメントプログラム)」に新フィラメントを追加!

ポリアミド(PA)をベースに、カーボンファイバーを15パーセント含有しているBASF 3D Printing Solutions社製のフィラメント「Ultrafuse PAHT CF15」が1月21日(火)、新たにラインナップに加わりました。一般的なPAよりも高い硬性と耐薬品性を実現していて、最大150度までの耐温度性が大きな特徴のフィラメントです。

  • !2020年2月4日 14時
  • aその他製造業
  • aその他

3Dプリンター用フィラメント「Ultrafuse」を販売へ! 日本3DプリンターがBASF 3D Printing Solutions社と日本代理店契約を締結

ガラス繊維強化ポリプロピレン(PPGF)やナイロン、メタルなど多彩な素材を使った豊富なラインナップを日本市場へ提供。1月27日(月)にBASF 3D Printing Solutions社製フィラメントブランド「Ultrafuse」のECサイトをオープンし、日本市場向けの販売を開始しました。

  • !2020年1月28日 9時
  • aその他製造業
  • aその他

多様化するニーズにこたえる多彩なフィラメントをラインナップ! 日本3Dプリンター株式会社が、「RAISE3D日本OFP(オープンフィラメントプログラム)」開始

導電性、耐熱性、耐薬品性、耐候性、高強度など多様化かつ高度化する3Dプリンター用フィラメントへのニーズに対応。「Raise3D」日本総代理店として、活用可能なフィラメントの用途とラインナップを拡充し提供していく予定です。

  • !2020年1月15日 18時
  • aその他製造業
  • aその他

低価格・高精度を実現した3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」に、柔軟性と精度の高い造形を可能にする軟質フィラメントを新たに追加

ホッティーポリマー社製「HPフィラメント®(スーパーフレキシブルタイプ)」は、軟質でありながらフィラメント化の時点では硬質フィラメントに近く、剛性が高く芯があり縦方向には伸びないため、安定した造形を可能にします。

  • !2019年7月25日 13時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

日本3Dプリンターが、3Dスキャナーとソフトウェアなどをセットにした「EinScan(インスキャン)リバースエンジニアリング パック」を7月1日に発売!

2019年1月に発売したプロ仕様の3Dスキャナー「EinScan Pro 2X」または「EinScan Pro 2X Plus」に、3D CADデータの変換に役立つ「Geomgaic Essentials(ジオマジック・エッセンシャルズ)」と3D CADソフト「Solid Edge(ソリッドエッジ)」をパッケージ化してリーズナブルな価格で提供します。

  • !2019年7月12日 13時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

FDM方式でなめらかな“積層”を実現! 日本3Dプリンターが高品質の造形物づくりに役立つ3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズを6月10日に発売!

FDM方式の常識を超えるなめらかできめ細やかな“積層”により、3Dプリンターとは思えない造形物づくりをサポート! 「Infinity 3DP XI」と、より微細な造形が可能な「Infinity 3DP XI SPEED」の2モデルの販売を開始しました。

  • !2019年6月12日 10時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

3Dスキャナ新シリーズ2機種を1月10日より発売開始。低価格を維持して高精度を実現、スキャンスピードは従来から3倍もアップ!

1月18日に新商品発表会を行います。東京ビッグサイトで実施される展示会にも出展予定です。

  • !2019年1月11日 13時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

新着プレスリリース

日本3Dプリンター株式会社が買収に参加・設立したシンガポールの「UAM3D」が日本を含めたアジア全域への3Dプリンティングサービスを本格展開へ

日本3Dプリンター株式会社はシンガポールのELH Tech およびインドネシアのklix3Dと3社共同で、シンガポールにおいてトップクラスの3Dプリンティングサービスビューローの3D UCT買収後、名称を「UAM3D」に変更。2015年9月の設立以来、有名企業との研究開発、1万パーツ以上の3Dプリント部品の造形などの実績を生かしてアジア全域への3Dプリ...

  • !2020年7月3日 16時
  • a精密機器
  • a企業の動向

企業での試作品製作や研究機関での使用に最適な性能と機能を実現!日本3Dプリンターが「Raise3D」シリーズの最新モデル「Raise3D E2」発売のお知らせ

日本総代理店として800台超の販売実績 をもつ 「Raise3D」シリーズ最新モデル「E2」の販売を開始します。PLA/ABS樹脂はもちろん、ゴムライク樹脂やPC(ポリカーボネート)など10種類以上のフィラメントに対応し、高い精度と安定した造形が可能。企業や研究機関での試作品づくり、大学などの教育機関での活用に最適な最新モデルです。

  • !2020年6月8日 10時
  • a精密機器
  • a製品

コロナ禍で続出するイベント・展示会の中止を受け、3Dプリンター製品を紹介するウェブセミナーが開催、実機やサンプルも確認可能

コロナの流行で、ネットを活用した動画セミナーの導入が加速しています。今回開催するウェビナーでは、積層方式の金属プリンターを中心に、実用性や事例を紹介。リアルタイムでの質疑応答など、双方向型のコミュニケーションで理解を深めることが可能です。

  • !2020年5月20日 14時
  • a精密機器
  • a告知・募集

雨や紫外線に強い素材を使った特性を確認! 日本3Dプリンター が、BASF製フィラメント「Ultrafuse ASA」よる造形レポートを公開

ABSのブタジエンゴムに似た弾性のあるアクリレートを採用したASA(アクリロニトリル・スチレン・アクリレート)のフィラメントを使って幅103×高さ45×奥行103ミリのプールボックス(電設資材)を造形。ABSに近い強度と、表面の仕上がりがきれいで劣化防止用の塗料などを塗る必要のない特徴を確認することができました。

  • !2020年5月12日 16時
  • a精密機器
  • a製品

造形時の“反り”が少ない特性を確認! 日本3Dプリンター㈱が、BASF製フィラメント「Ultrafuse ABS Fusion+」よる造形レポートを公開

SMA樹脂(スチレン無水マレイン酸共重合体)をベースにオランダのPolyscope Polymers B.V.が開発した「XILOY™ 3D」を配合して共同開発したBASFフィラメントを使って、幅250.0×奥行276.9×高さ20.7ミリのプレート状レリーフを造形。造形時の“反り”に強く、安定的に造形できる特徴を確認することができました。

  • !2020年4月16日 10時
  • a精密機器
  • a技術開発成果報告

防湿の必要がなく高い造形安定性と加工性を確認! 日本3Dプリンター㈱が、BASF製フィラメント「Ultrafuse PET CF15」による造形レポートを公開

ポリエチレンテレフタレート(PET)素材をベースに、カーボンファイバーを15パーセント含有して、低吸湿性と高い耐熱性・耐薬品性が特徴のフィラメントを使い、幅181.2×高さ181.2×奥行80.5ミリの大型Y字コネクションを造形。防湿庫(ドライボックス)を使わずに、高い造形安定性と加工性を確認することができました。

  • !2020年3月31日 15時
  • a精密機器
  • a研究・調査報告

接着性が悪い課題をクリアした造形に成功! 日本3Dプリンター(株)が、BASF製フィラメント「Ultrafuse PP Natural」による造形レポートを公開

純度100パーセントのポリプロピレン(PP)という、軽い比重と高い機械強度(引っ張り強度、圧縮強度、衝撃強度)を持ち、ソフトでなめらかな材質のフィラメントを使って、最大直径64×高さ220ミリのボトルを造形。ビルドプレートにポリプロピレン(PP)テープを貼りつけて、接着性が悪いデメリットを解消しました。

  • !2020年3月16日 11時
  • a精密機器
  • a企業の動向

静電気放電(ESD)対策が必要な造形物に最適な効果! 日本3Dプリンターが、クラリアント(Clariant AG)製フィラメントによる造形レポートを公開

強化ポリエチレンフレタート(PET)素材にカーボンナノチューブを配合して、静電気の拡散性をもつフィラメント「ESD safe PET-G」を使い、幅100×奥行86.5ミリのトレーを造形。

  • !2020年3月5日 16時
  • a精密機器
  • aサービス

高い硬性と耐薬品性が魅力! 日本3Dプリンター株式会社の「RAISE3D日本OFP(オープンフィラメントプログラム)」に新フィラメントを追加!

ポリアミド(PA)をベースに、カーボンファイバーを15パーセント含有しているBASF 3D Printing Solutions社製のフィラメント「Ultrafuse PAHT CF15」が1月21日(火)、新たにラインナップに加わりました。一般的なPAよりも高い硬性と耐薬品性を実現していて、最大150度までの耐温度性が大きな特徴のフィラメントです。

  • !2020年2月4日 14時
  • aその他製造業
  • aその他

3Dプリンター用フィラメント「Ultrafuse」を販売へ! 日本3DプリンターがBASF 3D Printing Solutions社と日本代理店契約を締結

ガラス繊維強化ポリプロピレン(PPGF)やナイロン、メタルなど多彩な素材を使った豊富なラインナップを日本市場へ提供。1月27日(月)にBASF 3D Printing Solutions社製フィラメントブランド「Ultrafuse」のECサイトをオープンし、日本市場向けの販売を開始しました。

  • !2020年1月28日 9時
  • aその他製造業
  • aその他

多様化するニーズにこたえる多彩なフィラメントをラインナップ! 日本3Dプリンター株式会社が、「RAISE3D日本OFP(オープンフィラメントプログラム)」開始

導電性、耐熱性、耐薬品性、耐候性、高強度など多様化かつ高度化する3Dプリンター用フィラメントへのニーズに対応。「Raise3D」日本総代理店として、活用可能なフィラメントの用途とラインナップを拡充し提供していく予定です。

  • !2020年1月15日 18時
  • aその他製造業
  • aその他

低価格・高精度を実現した3Dプリンター「Raise3D(レイズ3D)」に、柔軟性と精度の高い造形を可能にする軟質フィラメントを新たに追加

ホッティーポリマー社製「HPフィラメント®(スーパーフレキシブルタイプ)」は、軟質でありながらフィラメント化の時点では硬質フィラメントに近く、剛性が高く芯があり縦方向には伸びないため、安定した造形を可能にします。

  • !2019年7月25日 13時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

日本3Dプリンターが、3Dスキャナーとソフトウェアなどをセットにした「EinScan(インスキャン)リバースエンジニアリング パック」を7月1日に発売!

2019年1月に発売したプロ仕様の3Dスキャナー「EinScan Pro 2X」または「EinScan Pro 2X Plus」に、3D CADデータの変換に役立つ「Geomgaic Essentials(ジオマジック・エッセンシャルズ)」と3D CADソフト「Solid Edge(ソリッドエッジ)」をパッケージ化してリーズナブルな価格で提供します。

  • !2019年7月12日 13時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

FDM方式でなめらかな“積層”を実現! 日本3Dプリンターが高品質の造形物づくりに役立つ3Dプリンター「Infinity 3DP」シリーズを6月10日に発売!

FDM方式の常識を超えるなめらかできめ細やかな“積層”により、3Dプリンターとは思えない造形物づくりをサポート! 「Infinity 3DP XI」と、より微細な造形が可能な「Infinity 3DP XI SPEED」の2モデルの販売を開始しました。

  • !2019年6月12日 10時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

3Dスキャナ新シリーズ2機種を1月10日より発売開始。低価格を維持して高精度を実現、スキャンスピードは従来から3倍もアップ!

1月18日に新商品発表会を行います。東京ビッグサイトで実施される展示会にも出展予定です。

  • !2019年1月11日 13時
  • aその他サービス
  • a企業の動向

企業情報

日本3Dプリンター株式会社のロゴ

企業名

日本3Dプリンター株式会社

所在地

江東区青海2-5-10 テレコムセンター東棟14階

代表者名

北川 士博

URL

http://raise3d.jp/

業種

精密機器

事業内容

3Dプリンターの販売

この企業のFacebookを見る

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る