プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数49,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

「スラントノーズ型・キハ183系保存」クラウドファンディングについて 「北海道・鉄道史の誇り。往年の「特急おおぞら」を国鉄色で未来へ」

北海道鉄道観光資源研究会

! 2018年1月4日 12時

北海道鉄道観光資源研究会では、2018年3月で現役を引退するスラントノーズ型キハ183系保存に向けたクラウドファンディングを開始いたしました。資金調達に成功した場合、この車両は2019年春OPEN予定の「道の駅あびら(仮称)」で、鉄道文化を伝える存在として、第2の人生を歩むことができます。 クラウドファンディング・プロジェクトページ https://readyfor.jp/projects/kiha183ozora プレスリリース・写真画像はこちら http://rail-hokkaido.net/archives/265

2018年01月01日(月)

報道関係各位

北海道鉄道観光資源研究会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クラウドファンディング「スラントノーズ型・キハ183系保存計画」を開始

 

- 北海道鉄道観光資源研究会では、2018年3月で現役を引退するスラントノーズ型キハ183系保存に向けたクラウドファンディングを開始いたしました。資金調達に成功した場合、この車両は2019年春開業予定の「道の駅あびら(仮称)」で、鉄道文化を伝える存在として、第2の人生を歩むことができます。

 

クラウドファンディング・プロジェクトページ

https://readyfor.jp/projects/kiha183ozora

プレスリリース・写真画像はこちら

http://rail-hokkaido.net/archives/265

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

鉄道資産・遺産を地域の賑わいや旅の味わいとして磨きをかける事業を手掛ける、北海道鉄道観光資源研究会(所在地:北海道札幌市中央区北2条西2丁目 ほっとバス内、代表:永山茂)は、クラウドファンディング「スラントノーズ型・キハ183系保存計画」を、2018年01月01日(月)より開始します。

 

■クラウドファンディング「スラントノーズ型・キハ183系保存計画」

 

【背景】

「2018年3月に引退予定の保存予定がない特急車両キハ183を何とか後世に残したい。」

「2019年春にD51蒸気機関車を目玉に開業する道の駅にさらに特色を持たせたい。」

「高齢化が進むSL保存協力会の技術や経験を若い世代に引き継ぎたい。」

これらの課題を解決するために、クラウドファンディングを使って、注目度と希少価値、保存の意義の高い特急車両を購入し、活用するプロジェクトを始めました。

 

【プロジェクトの概要】

北海道鉄道観光資源研究会では、2018年3月で現役を引退するスラントノーズ型キハ183系保存に向けたクラウドファンディングを開始いたしました。資金調達に成功した場合、この車両は2019年春開業予定の「道の駅あびら(仮称)」で、鉄道文化を伝える存在として、第2の人生を歩むことができます。

 

【実施日】2018年1月1日~3月30日(88日間)

【目標金額】610万円

【実施内容】2019年春OPEN予定「道の駅あびら(仮称)」に、蒸気機関車D51 320号機とスラントノーズ型のキハ183を並べて保存します。その際、塗色をかつての国鉄特急色に変更します。第2目標金額:1100万円を達成した場合、安平町鉄道資料館(旧追分機関区)にさらにもう1両保存します。

 

1.譲渡車両、数量    キハ183系気動車両  2両(最大)

2.開業年月    平成31年春

3.保存場所

・勇払郡安平町追分柏が丘49番地1(安平町道の駅建設地  町有地)

・勇払郡安平町追分白樺2丁目14番地(安平町鉄道資料館  町有地)

4.活用方法

・1両目は、現在工事中の安平町道の駅に併設して建設する新安平町鉄道資料館横に屋外展示(静態保存)して、鉄道資料館来館者及び道の駅利用者へ鉄道文化を伝えるため一般公開する。

・2両目は、現鉄道資料館建物内へ保管して、現役時の状態を維持し保存する。

 

<3つの特長>

1:保存予定がない特急車両キハ183を、国鉄カラーで道の駅にSLと一緒に残すことができます。

2:安平町が全面バックアップ。2018年1月7日から町のHPに当プロジェクト応援特設サイト開設予定。

北海道勇払郡安平町        http://www.town.abira.lg.jp

3:鉄道愛好家の任意団体が地方自治体と共同でクラウドファンディングに挑戦。

 

【今後の展望】

2019年春に道の駅開業後、「キハ183・特急おおぞら保存会」を立ち上げ、「安平町追分SL保存協力会」とともに、「北海道の鉄道技術と文化の伝承と発信基地」として、維持・保存活動と集客活用を行います。

 

【北海道鉄道観光資源研究会について】

〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西2丁目 ほっとバス内

代表:永山茂

Tel:080-4322-9219(事務局長 長野博樹)

URL:http://rail-hokkaido.net/

事業内容:鉄道資産・遺産を地域の賑わいや旅の味わいとして磨きをかける事業

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

北海道鉄道観光資源研究会

代表者名

永山 茂

業種

旅行・観光・地域情報

プレスリリース情報

ジャンル

運輸・交通

カテゴリ

告知・募集

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る