プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

VuzixパートナーであるCyber Timezと負傷兵プログラムによる、視覚障害のあるアメリカ退役軍人に対するスマートグラスの提供が決定

Vuzix Corporation

! 2017年8月16日 11時

Vuzix M300スマートグラスによるCyber Eyezの使用により、視覚障害のあるアメリカ退役軍人に対して、最大15倍までの視界拡大や、100以上の言語によるテキストの読み上げ、160億以上の対象物の識別、数千色の認識、バーコードスキャンによる製品の識別、更には顔の表情による気分の検出さえも提供することができます。

エンタープライズとコンシューマー向けにスマートグラス、AR(拡張現実感)、VR(バーチャルリアリティ)技術のリーディングサプライヤーであるVuzix Corporation (ビュージックス コーポレーション、Nasdaq: VUZI、東京支店長:藤井 慶一郎)は、VuzixのVIPパートナーであるCyber Timezは、弱視や盲目の負傷兵および退役軍人に対してスマートグラス用視覚支援ソフトウェアであるCyber Eyezを提供するために、負傷兵プログラムとのパートナーシップによる購入認可が承認されたことをお知らせいたします。

Ability Oneにより承認された購入者である負傷兵プログラムは、戦闘で永続的な傷害を負った元軍人の男女に対して雇用援助などを含む社会復帰への支援を行う団体です。

 

このプロジェクトは、4~5年の期間で175,000人のアメリカ退役軍人および負傷兵を対象とするものです。

また、42の負傷兵大隊および40の陸軍医療センターのすべてが、Vuzix M300を使用したCyber Eyezを、アメリカ退役軍人とその家族に紹介し、評価、トレーニング、技術支援サービスを提供する予定となっています。

Cyber Eyezは、高度なAIエンジンを活用して、低視力および盲目のユーザーが視覚的に独立するための支援を提供します。

ユーザーが自分の周りの環境を体験できることで、効率的かつ独立した行動を取ることができるようになります。

 

また、Cyber Eyezは、高精細カメラと光学式文字認識エンジンを使用していることで、非常に正確なテキスト認識機能を提供することができます。

そのため、インターネットに接続していない状態で、リアルタイムで実際に読み込んだテキストや標識を、プライバシーを維持しながらエンドユーザーに対して読み上げることができます。

Vuzix M300スマートグラスによるCyber Eyezの使用により、視覚障害のあるアメリカ退役軍人に対して、最大15倍までの視界拡大や、100以上の言語によるテキストの読み上げ、160億以上の対象物の識別、数千色の認識、バーコードスキャンによる製品の識別、更には顔の表情による気分の検出さえも提供することができます。

 

---

Vuzix Corporationについて

 

VUZIXはコンシューマー、コマーシャルおよびエンターテインメント市場における、ビデオアイウェアとスマートグラス製品の大手サプライヤーです。

同社の製品はポータブルで高品質な視覚体験をユーザーに提供するパーソナルディスプレイ機器や仮想現実や拡張現実用のソリューションを提供ウェアラブルコンピューティング機器があります。

防衛産業における次世代のディスプレイ・ソリューションの研究開発から始まったVUZIXは、ビデオアイウェアの分野で51件の特許と39件特許申請中であり、多くの知的財産を所持しています。

同社は、コンシューマー・エレクトロニクス・ショーの「Innovation Award」を2005年から2017年までさまざまなワイヤレステクノロジ関連のアワードを受賞しています。

1997年創立のVUZIXは、米国NASDAQ市場に上場する企業(Nasdaq: VUZI)であり、ロチェスター(ニューヨーク州)、オックスフォード(英国)および東京(日本)に拠点を置いています。

 

About CyberTimez

CyberTimez (http://www.cybertimez.com/) is an award-winning business focused on making a difference in real people's lives through technology. We are firm believers in and driven by our motto "Always in the service of others." CyberTimez is focused on automating the Internet of Things using wearable devices like smart glasses and watches. Our driving force is to develop products that make a real difference in real peoples’ lives. Most of our products start their life in the Accessibility space solving problems for those with the most challenges in everyday life and quickly find other commercial market verticals.

 

負傷兵プログラムについて

負傷兵プログラム( https://www.wounded-warrior-programs.com/ ) は、身体的、精神的および/または感情的な傷害および/または健康状態にある(負傷兵プログラムに登録している)退役軍人の支援のため、様々な事務用品およびその他の事務用品関連の流通および販売を通して収入を得ることを目的とした団体です。負傷兵プログラムの主な目的および任務は、戦闘で永続的な傷害を負ったアメリカの退役軍人に対して、有意義な雇用機会を創出することです。

 

製品名および会社名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

Vuzix Corporation

代表者名

藤井 慶一郎

業種

その他製造業

プレスリリース情報

ジャンル

医療・健康

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

Asuka Vision for iWearがYouTubeで公開されているVR(バーチャルリアリティ)コンテンツの再生に対応いたしました。
! 2017年10月4日 11時
CEATEC JAPAN 2017でスマートグラスソリューションとNTTドコモが開発したAIエージェント基盤である「SEBASTIEN」を活用したデモをします。
! 2017年9月29日 10時
東京ゲームショウ2017にてRICOH THETA Vで撮影した360度コンテンツをiWearビデオヘッドフォンで体験できます。また価格改定いたしました。
! 2017年9月21日 12時
シンガポールで空港地上業務を行うSATSにM300スマートグラスを納品し、AR(拡張現実感)技術を利用してランプでの作業効率を向上させました。
! 2017年9月7日 10時
M300スマートグラスの生産体制が整い、日本市場でも本格出荷を開始し、付け替え可能な鼻パッドも新たに同梱しました。
! 2017年8月18日 10時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る