プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数55,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

NeousysがIGT-20を発表—ARM製IoT、インダストリアルIoTおよびオートメーションゲートウェイ—

Neousys Technology Inc.

! 2017年7月27日 9時

Neousys Technologyは本日、産業用グレードのARM製品をベースとしたゲートウェイ、IGT-20の発売を発表しました。必要最低限の構成で提供されることが多いシステム・オン・モジュール(SoM)とは異なり、IGT-20はテキサス・インスツルメンツ社製Sitara AM335xシリーズのAM3352をベースとしており、Debianがプリインストールされた、すぐに使用できるシステムとして販売されます。IGT-20は工業用であるという性質上、CEやFCCをはじめとするグローバルな産業認証、耐衝撃および耐振動認証に準拠しています。また、IGT-20は8VDCから25VDCまで幅広い電源入力に対応している点でも、SoMより優れています(SoMは通常5VDC対応)。

 

Neousys Technologyは本日、産業用グレードのARM製品をベースとしたゲートウェイ、IGT-20の発売を発表しました。必要最低限の構成で提供されることが多いシステム・オン・モジュール(SoM)とは異なり、IGT-20はテキサス・インスツルメンツ社製Sitara AM335xシリーズのAM3352をベースとしており、Debianがプリインストールされた、すぐに使用できるシステムとして販売されます。IGT-20は工業用であるという性質上、CEやFCCをはじめとするグローバルな産業認証、耐衝撃および耐振動認証に準拠しています。また、IGT-20は8VDCから25VDCまで幅広い電源入力に対応している点でも、SoMより優れています(SoMは通常5VDC対応)。

 

IGT-20のI/Oは幅広い工業用グレードセンサーに対応しています。USB2.0を1基、10/100M LANを1基、設定可能なCOMポート(RS-232/422/485)を2基搭載し、オプションでCANバスポートも利用可能です。ポートだけではなく、絶縁デジタル入力チャンネルが4基組み込まれており、さまざまなセンサー、あるいはボタンやスイッチからの離散信号に対応します。さらにアクチュエーターやインジケーターを制御する絶縁デジタル出力チャンネルも4基組み込まれています。

 

通信面では、ミニPCIeスロットとUSIMホルダを備えており、取得データやシステムステータスを3G、4G、またはWiFi(ミニPCIe WiFiモジュール)で転送できます。IGT-20本体上部には、ユーザーが無線モジュールのSMAコネクタを装着するための開口部があります。記憶媒体については、microSDHCデュアルスロット(内部と外部一つずつ)を搭載しています。これにより、ユーザーはシステムとユーザーデータを分けることができ、大量生産に向けたOSの導入を促進することができます。またゲートウェイとしては、6基のプログラム可能なステータスLEDインジケーターと2つのコントロールボタンがあり、ユーザーはキーボードやマウスを使わずにIGT-20を操作することができます。詳しい情報は

www.neousys-tech.comをご覧ください。

 

Neousys Technologyについて

Neousys Technologyは、台湾に拠点を構える組み込みファンレスコンピューターメーカーであり、高性能かつ信頼性の高い革新的デザインの製品をお届けします。経験豊富なエンジニアたちの手により、当社の組込みシステムの中にはアプリケーション指向の特徴が溶け込んでいます。オートメーション、マシンビジョン、車載、運輸、GPUコンピューティング、監視およびビデオ分析などの分野で、当社の製品はお客様にとって理想的なソリューションとなります。



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

Neousys Technology Inc.

代表者名

James Gau

業種

その他製造業

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

技術開発成果報告

この企業の関連プレスリリース

NeousysがNuvo-6108GCを発売— NVIDIA® GPUおよびIntel® Xeon®プロセッサを搭載した産業用グレードGPUプラットフォーム—
! 2017年7月27日 10時
Neousys が EN50155認定の車内コンピューターを発表。最新のSkylake CPU、4 つの M12 PoE+ ポート、RAID ストレージを搭載。
! 2017年1月20日 14時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る