古民家や団地などのDIY可能物件を扱う「omusubi不動産」、レトロ社宅をリノベしたクリエイティブ拠点「せんぱく工舎」のクラウドファンディングを開始

古民家や団地などの空き家を扱う omusubi不動産は、 松戸市八柱エリアに築57年の巨大な元社宅を一棟まるごとリノベーションし、クリエイターの拠点にする「せんぱく工舎」 の改装費用を募るクラウドファンディングを、2017年6月1日より開始いたしました。

■ローカルなエリアからDIYカルチャーを発信する‟港”「せんぱく工舎」

「せんぱく工舎」は、昭和35年に建てられ、なんと約400㎡と非常に大きな規模を誇ります。 かつては社宅として利用されていました。神戸船舶装備株式会社のご協力の元、omusubi不動産が一棟まるまるお借りし、室内全てをDIY可能なクリエイターの拠点として運営していきます。

 

1階は、ショップやカフェ、そして工房として、地域に開かれたスペースにしたいと考えています。2階は、アトリエとして、それぞれのアーティストや作家さんが自由に使える空間としての利用を行う予定です。ただ、これはあくまでも一つの大きな方向性であり、入居者の方と話し合いながら共に「せんぱく工舎」をつくっていきます。

 

松戸市八柱エリアは、千葉県松戸市の中心に位置し、JR武蔵野線と新京成線が通り穏やかな雰囲気が漂う場所です。周囲には、10年以上前からオーガニック食材を扱うレストランや、フェアトレード・オーガニックコーヒーの先駆け「スローコーヒー」などが位置し、オーガニックシティとしての存在感を発揮し始めています。

 

「せんぱく工舎」がクリエイターの拠点となるだけでなく、八柱エリアの新しい拠点として、またローカルなエリアからDIYカルチャーを発信する港のような場所にしたいと考えています。

 

■omusubi不動産の物件に入居するクリエイターの作品がリターンに登場

omusubi不動産の物件で活動してくれているアーティストやクリエイターの中から、若手の方々の作品や商品をお送りします。

 

オルゴールを聞かせながら焙煎したコーヒーや、柔らかな雰囲気を醸し出す木工の額縁やコースター、美術展で入選するアーティストによる絵画など、このクラウドファンディングでしか手に入らないものばかりです。

 

■「せんぱく工舎」クラウドファンディング概要

期間:2017年6月1日(木)~7月31日(月)

URL:https://motion-gallery.net/projects/senpakukousya_omusubiestate

 

■本件に関するお問い合わせ

omusubi不動産(担当:殿塚)

http://www.omusubi-estate.com/

TEL:047-710-0628 info@omusubi-estate.com



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 omusubi不動産
代表者名 殿塚建吾
業種 不動産

コラム

    omusubi不動産の
    関連プレスリリース

    omusubi不動産の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域