プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数53,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

街中の無料Wi-Fiに自動接続するアプリ「タウンWiFi」 韓国と米国に続き、日本人旅行者に人気の台湾・香港・マカオへの対応開始

株式会社タウンWiFi

! 2017年5月25日 10時

株式会社タウンWiFi(所在地:東京都港区、代表取締役:荻田剛大、以下「タウンWiFi」)は、5月25日(木)より街中の無料Wi-Fiに自動接続するアプリ『タウンWiFi』( http://townwifi.jp/ )の台湾、香港、マカオへの対応を開始します。対応開始から利用者数が約2倍に伸びている韓国、アメリカに続く、第3弾の海外対応となります。

街中の無料Wi-Fiに自動接続するアプリ「タウンWiFi」

韓国と米国に続き、日本人旅行者に人気の台湾・香港・マカオへの対応開始

〜海外旅行時に街中の飲食店や交通機関で利用可能、今夏までにさらにアジア6カ国対応へ〜

 

 株式会社タウンWiFi(所在地:東京都港区、代表取締役:荻田剛大、以下「タウンWiFi」)は、5月25日(木)より街中の無料Wi-Fiに自動接続するアプリ『タウンWiFi』( http://townwifi.jp/ )の台湾、香港、マカオへの対応を開始します。対応開始から利用者数が約2倍に伸びている韓国、アメリカに続く、第3弾の海外対応となります。

 

▼タウンWiFiの対応エリア

 

 公衆無料Wi-Fiに自動接続できるサービス「タウンWiFi」は、初回登録(無料)をすれば、対応スポットがある場所に行くだけでアプリがWi-Fiを検索・接続し、登録・認証まで行うサービスです。スマホの通信量を常日頃から節約し、通信速度制限を回避することが可能となります。Wi-Fi接続の自動化により、利用者の手間を削減し、いつの間にかWi-Fiに繋がっているという快適な体験を提供しています。

 

 この度、台湾、香港、マカオの空港、スターバックスコーヒーやピザハットなどの飲食店やショッピングセンターなどのWi-Fiに対応することにより、旅行者だけでなく現地の居住者もWi-Fi利用の度に、煩雑な登録手続きをすることなく、公衆無料Wi-Fiを活用することが可能となります。

 

 さらに、今回の3カ国対応に続き今年の夏までに中国、タイ、シンガポールなど他のアジア地域 6カ国への対応も進めており、世界中のWi-Fiスポットを活用することで、どこにいてもネット環境で悩むことのないグローバルな通信サービスの実現を引き続き図ります。

 

*海外でタウンWiFiを使った利用者の声

【20代女性・ハワイで利用】

ハワイへの旅行中、毎日街のショッピングセンターに足を運んでいたので、その都度Wi-Fiを利用するために登録をする必要がなく快適でした。ショッピングセンターで、インターネットを使って日本にいる家族と電話をしながら、家族へのお土産を選ぶこともでき、とても便利でした。

 

【30代男性・韓国で利用】

韓国への出張時に利用しました。以前は、空港に着いてから現地のルーターを借りるまでの間、Wi-Fiのある場所を探した後、自分自身で接続の作業をしていたので、なかなかインターネットを利用することができず不便を感じていました。しかし、タウンWiFiを出国までにあらかじめダウンロードしておくことで、現地でWi-Fiを探すことなく、さらに意識せずともWi-Fiへ接続することができるようになり、時間の節約にもなりました。

 

■「タウンWiFi」サービス概要

内容:専用アプリ「タウンWiFi」をダウンロードすると、街中の無料Wi-Fiに自動接続できます。また Wi-Fi 通信の保護機能により、通信を暗号化し、Wi-Fi をより安全に利用することが可能です。

提供開始:2017年5月25日(木)

価格:無料(Wi-Fi通信の保護機能のプレミアムプランは有料)

対応Wi-Fi数:世界約 200万スポット

利用者数:約200 万ダウンロード

対応国:日本、韓国、アメリカ(グアム、ハワイを含む)、台湾、香港、マカオ

対応言語:日本語、英語、韓国語、中国語

使い方:アプリをダウンロード後、初回のみ生年月日と性別を登録。接続可能な無料Wi-Fiの一覧が表示されるため、その中から接続したいWi-Fiを選び、自動接続設定をインストールするだけで、その後は追加したWi-Fiが自動的につながるようになります。

 

ダウンロードURL:http://townwifi.jp/share/ (iOS版・Android版共通)

 

■「アジア対応」について

対象国:台湾、香港、マカオ

開始時期:5月25日(木)

対応Wi-Fi:

・台湾(34種・20万スポットへ対応)

 [交通] メトロ、台湾桃園国際空港、台北松山空港など

 [飲食] スターバックスコーヒー、MR. BROWN COFFEE、ダンテコーヒーなど

 [公共] 台湾WiFi、台北WiFi、通信会社提供のWi-Fiなど

 

・香港(56種類、10万スポットへ対応)

 [交通]メトロ、市内のバス、香港国際空港

 [飲食] スターバックスコーヒー、パシフィックコーヒー、ピザハット

 [公共]香港WiFi、通信会社提供のWi-Fi

 [その他]銀行(香港上海銀行、中国銀行、CitiBank)、モール(SINO WiFi、Harbour CityWiFi、The One)

     など

 

・マカオ(20種類、1万スポットへ対応)

 [公共]マカオWiFi、通信会社提供のWiFi

 [交通]市内のバス、マカオ国際空港

 [飲食] スターバックスコーヒー、セブンイレブン

 [その他]ホテル(Sandsリゾート、MGMマカオ、ギャラクシーマカオ)など

 

使い方:アプリ登録後、接続可能な無料Wi-Fiの一覧から、希望の地域を絞り込みしWi-Fiを事前に追加登録。

利用者イメージ:現地でのフリーWi-Fi利用者、国際ローミングサービスの利用者

 

■株式会社タウンWiFi 会社概要

所在地:港区虎ノ門2-7-16エグゼクティブタワー虎ノ門1103

代表取締役:荻田剛大

設立日:2015年4月27日

URL:http://townwifi.jp/

事業内容:スマートフォン向けアプリケーションの開発と運営

 

■代表取締役CEO 荻田剛大プロフィール

1982年10月15日生まれ。慶應義塾大学卒業後、楽天株式会社に新入社員として入社。開発部署で店長ブログの立ち上げやABテストを通じた楽天市場の流通向上を実施後、マーケ部門に所属し新サービスの立ち上げに関わる。自身が速度制限に引っかかった経験から、携帯の通信量を意識しながらネットを使わなければいけない通信環境を根本的に改善するため、楽天を退職し本サービスを立ち上げる。世界中のどこに行っても、通信量を気にせず自由にネットが出来る世界を作っていきたい。

 

 



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社タウンWiFi

代表者名

荻田 剛大

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

ネットサービス

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

タウンWiFi、ユーザからの設置リクエストがあった施設にWiFiルータを無料プレゼントするキャンペーンを開始〜速度測定も合わせて実施することでクオリティも担保〜
! 2017年10月12日 11時
大学や飲食店などで普段使うWiFiを、タウンWiFi登録する機能を追加〜タウンWiFi未対応のWiFiを利用者が自由に登録でき、以降はログイン作業が不要に〜
! 2017年9月25日 14時
タウンWiFi、賃貸アパートやマンションのインターネット無料化を促進するサービスを正式開始〜WiFiリクエスト機能を拡充、開始3日でリクエスト1,000件突破〜
! 2017年9月12日 13時
街中の無料Wi-Fiに自動接続するアプリ「タウンWiFi」広告やSNSボタンをブロックする新機能追加により、さらにデータ通信量を削減
! 2017年6月30日 10時
地図上で「Wi-Fi完備」のカフェや施設を簡単に探せる 新機能「Wi-Fiマップ」を追加
! 2017年4月20日 10時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る