プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数46,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛対策として効きそうなのは、やっぱり「接骨院」!腰痛対策として取り組みたいことに関する調査結果を発表

株式会社健生

!2017年3月17日 16時

整骨院・デイサービスの開業支援を行う株式会社健生(本社:宮城県仙台市青葉区、代表取締役社長:中尾 充)は、整骨院・接骨院の経営に役立つ情報を配信するWebサイト(オウンドメディア)「やわらbizジャーナル」(http://yawarabiz-jn.com/)を運営しています。その中で、「開業ナビ」「経営・集客のコツ」「最新業界情報」「柔整師の道」「介護福祉」「保険請求ガイド」「現場の声を聞く」「コラム」の8つのカテゴリごとに、集客や保険請求申請方法に関するノウハウ、最新の業界情報を中心に、介護福祉に関する内容までをカバーする幅広い情報を配信しています。今回の情報発信では、半年間「腰痛対策」として通うなら何を選ぶかというアンケート調査の結果を発表しました。

■「腰痛」対策として通うとしたら何? 3位ヨガ、2位水泳、1位●●

http://yawarabiz-jn.com/media/2017/02/10/192

 

 

若い頃は気になることもなかった体力の衰えも、年齢を重ねるにつれて強く感じるようになります。中には運動不足や体型の変化に伴い腰痛に悩まされる人も少なくありません。

では、腰の痛みを感じる場合、対処法や解決策として何を選ぶ人が多いのでしょうか?

今回は、半年間「腰痛対策」として通うなら何を選ぶか?についてアンケートを取ってみました。

【回答数】

接骨院:34

水泳:26

ヨガ:20

ジム:12

その他:8

 

■調査地域:全国

■調査対象:【年齢】20代~50代 【職業】契約派遣社員 会社員 会社役員 公務員 医師 士業(弁護士・会計士など) その他専門職 自営業(個人事業主) 自由業・フリーランス

■調査期間:2016年12月27日~2017年01月10日

■有効回答数:100サンプル

 

 

専門家に相談することで痛みがなくなることを期待!

 

もっとも多くの人が選んだ回答は「接骨院に通って腰痛を治す」で34%でした。

 

・なぜ腰痛に悩まされているかは、骨のことがわかる接骨院の先生に聞かないと解決できないと思うから。(20代/女性/会社員)

・イメージ的に関節のズレで神経を圧迫するイメージなので、整骨院かな。筋肉をつけると言っても、もう50歳過ぎたら相当頑張らないとムキムキにならないから。(30代/男性/会社員)

・接骨院は直接ツボを押してくれるので体がスッキリして効果があるから。(40代/男性/会社員)

・接骨院で医学的に専門の先生に診てもらえるほうが、安心できるから。(30代/男性/会社員)

 

腰の痛みに悩まされる時、やはり専門家に相談してアドバイスを受けたいと考える方が多いようです。

たしかに、ほかの方法では自力で治すことになり、効果が薄かったり逆に症状を悪化させることにもなりかねません。その点、接骨院に行けば専門知識と技術を持った人に診てもらえるので安心ですね。

 

また自分の年齢を考えて、運動するよりも接骨院に通う方が負担はかからないと考える人もいます。

接骨院に行けば普段のケア方法などのアドバイスも期待できますし、気持ちが良くなって効果を実感しやすいと考えられているようです。

 

 

意見が分かれる腰痛対策!それぞれのメリットとは!?

 

2番目に多かったのは水泳。次いで、ヨガやジムに通うという意見が続きました。

 

・なるべく運動をしながら治したいし、水泳は全身運動で健康に良いから。(50代/女性/会社員)

・自分の力で無理なく治せるような気がするから、水泳で治したいです。(40代/男性/会社役員)

・ダイエット効果もあり、身体も柔らかくなると聞いたのでいろいろな効果を期待します。(30代/女性/会社員)

・体型や体調などが悪いことにより、腰にも影響してくるので、ジムで鍛えておきたい。(30代/男性/会社員)

 

水泳は体に負担もかかりませんし、無理なく続けられそうだという意見が多く挙がりました。

 

ヨガも同じ理由で選ばれています。

美容や健康、さらにダイエットにもプラスになることから女性を中心に支持を集めています。

 

一方でジムを選んだ方には男性が多い傾向がありました。体を鍛えることで筋肉をつけて腰痛予防を期待するようです。

 

 

腰痛患者が接骨院や柔道整復師に求めるものとは…!?

 

腰痛予防や対処法では、接骨院に通うのが一番と考えている人が多い結果となりました。この結果は、これから接骨院を開業したい人や柔道整復師として独立したい人にとって参考になるものなのではないでしょうか?

 

接骨院ならすぐに効果を実感できるものと思われていますし、適切なアドバイスや対処法を教えて欲しいと期待されていることがわかります。より多くの患者さんを集め、長くお付き合いしていくためにも施術のスキルはもちろんのこと、わかりやすく患者さんに説明したり、症状を親身になって聞く姿勢も求められるといえるでしょう。

 

 

■「やわらbizジャーナル」 毎週3回更新中!

URL:http://yawarabiz-jn.com/

「開業ナビ」「経営・集客のコツ」「最新業界情報」「柔整師の道」「介護福祉」「保険請求ガイド」「現場の声を聞く」「コラム」の8つのカテゴリで、集客や保険請求申請方法に関するノウハウ、最新の業界情報を中心に、介護福祉に関する内容までをカバーする幅広い情報を配信しています。

 

 

■会社概要

会社名:株式会社健生

本社住所:〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町3-5-20 KENSEI-BLDG

創業:平成6年6月1日

資本金:1億5,300万円

代表者:中尾 充

URL:http://www.kensei-group.jp/index.php



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社健生

代表者名

中尾 充

業種

医療・健康

プレスリリース情報

ジャンル

医療・健康

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

半数の人は、施術内容について不安な気持ちのまま施術を受けている!接骨院での施術内容の説明に関する調査結果を発表
!2017年3月17日 18時
7割以上が自分の希望を伝えられているが、3割弱は先生に「お任せ」状態接骨院で「力の強さ」「痛い箇所」などの希望を伝えられているか?調査結果を発表
!2017年3月17日 11時
バレーボールでもっとも怪我をしやすい部位は「膝」だった!?バレーボール経験者への調査結果を発表
!2016年11月2日 13時
10人中4人が「疲労がたまったとき」にしびれを感じている!「どういうときに「しびれ」を感じるか?」についての調査結果を発表
!2016年11月2日 13時
無神経な一言、傲慢な態度…こんな先生はイヤだ!「整骨院の先生との会話にまつわる嫌な思い出」についての調査結果を発表
!2016年10月28日 13時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る