プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

M-1王者・銀シャリ大絶賛!京都の魅力を「これでもか!」と発信。京都市PR動画「平成KIZOKU」最新シリーズ公開!京都の隠れた魅力に気づかせてくれる動画

京都市総合企画局

!2017年3月17日 11時

京都市は、広報動画「平成KIZOKU」の動画新作5本を、3月7日(火)より順次公開しています。平成28年10月にスタートして以来、計70万回の視聴(外部サイトを含む)を獲得。SNSで「歌と踊りがかっこいい」「頭から離れない」とリツイートが続出し、中国でも動画サイトなどで紹介されている同シリーズ。これまでの動画に引き続き、謎のダンスユニット「平成KIZOKU」が出演しています。

3月7日に公開した「安心・安全な食材を市民にお届け・中央市場編」「京都は歩きがベスト・歩くまち京都編」に続き、本日から、「ごみ減量をおたすけ・こごみアプリ編」「古都ならではのぜいたく・京都の朝観光編」、3月21日から「文化のあるキャンパスライフ・大学のまち京都編」を配信します。

これまでにも様々な姿やダンスを見せてきた平成KIZOKUですが、今回も様々な奇抜なダンスやファッションに挑戦。学祭ライブで英語を連発したり、突如、ごみ箱の中から飛び出したり、麻倶呂が「マグロ」になったり…と、見逃せない動画揃いとなっています。

 

 

■スペシャル番組で共演したM-1王者・銀シャリも大絶賛!

また3月20日(月)20時~20時半、KBS京都(関西の一部エリアで放送)にて、スペシャル番組「銀シャリPresents 住めBARみやこ〜いらっしゃいませ!京都市北部山間地域へ〜」を放送します。平成KIZOKUのリーダー・麻主麻呂に加えて、昨年のM-1グランプリの王者で大ブレイク中のお笑いコンビ、銀シャリがBARのマスターと客に扮し、京都市の北部山間地域への移住をテーマに、実際に移り住まわれた方の体験談を交えながら繰り広げる痛快トーク番組です。この番組のテーマを取り上げた動画「北部山間地域に移住」編 (https://www.youtube.com/watch?v=rIbXB4fB-Hg )を含め、動画シリーズは徐々にファンを拡大。シリーズの累計動画再生数は、70万回を突破しました。京都市の魅力を、コミカルかつキャッチーに発信する動画シリーズとして、大きな注目を集めています。

銀シャリの2人も今回の動画について

「京都市もオモロイことやるやん!ダンス、キレッキレやな~!」

と大絶賛しています。

 

 

 

 

 

 

 

※今回配信の動画とともに、既に公開済みの動画も特設サイトよりご覧いただけます。

■特設サイト http://www.heisei-kizoku.jp/

 

 

■京都市は大都市で家庭ごみ量が最少!もっと簡単に減らせる便利な「こごみアプリ」

市民ぐるみの取り組みで、京都は平成25年度に、市民一人当たりの家庭ごみ量が大都市で最少となり、その後も減少しています。今回の動画は、収集日の通知機能やごみの分別方法などを搭載した「こごみアプリ」のPRするもの。食品の無駄の削減などの課題に、家族やグループで挑戦できるゲームもあり、アプリを通じて、一層のごみ減量をお手伝いします。

動画では、何も知らない主婦がごみ箱の前を通りかかると、突然、ごみ箱の中から平成KIZOKUが飛び出し、踊り始めます。京都市が独自に展開しているごみの減量・分別専用アプリ「こごみアプリ」の紹介が入り、「京の環境いと美し」と結び、動画は終了します。

 

■「こごみアプリ」編★3月17日(金)17時公開

 

 

■景観も静かな空間も一人占め!「京都の朝観光」

京都市は、年間5000万人を超える観光客が訪れる、世界屈指の観光都市。さらなる観光客の満足度の向上や滞在の長期化を図ることを目的に、京都市では朝観光の促進を行っています。朝なら、文化・グルメ・散策などこれまで気づかなかったまちの魅力や、京都人だけが知る素顔のまちに出会えます。また、人気観光スポットが混雑知らずでスムーズに楽しめる点もおすすめしています。

今回の動画では、実際に早朝の市内の寺院で座禅に3人が挑戦。静寂に包まれ、京都の良さを体感する様を通じて、京都の朝観光をPRするものです。

朝の寺院で、座禅を組む平成KIZOKUの面々。しかし、朝の京都の、あまりに穏やかな空気につい麻呂八華が動いてしまい、住職に喝を入れられます。喝の音が響く中、「朝の京もいとをかし」というテロップで動画は締めくくられます。

 

■「京都の朝観光」編★3月17日(金)17時公開

 

 

■大学でフェス開催!?現役大学生たちと「京都でしかできない!Only Possible in KYOTO」をPR

京都市内には、38の大学・短期大学があり、それぞれ特色のある学びができる「学生のまち」。また、大学間の交流も盛んな上に、学生生活を京都市内で送ることで、暮らしに息づく京都の伝統文化にも触れながら生活を送ることが出来る一面も。

この動画は、学生が主体となって企画しているお祭り「京都学生祭典」のオリジナルの踊り「京炎!そでふれ」の踊り手の皆さんも参加し、全国の中高生等へ、京都での学生生活の楽しさをPRするものです。

今回の舞台は、学祭ライブ。まさかの全篇英詞で、キャンパスライフの魅力を高らかに歌い上げます。「Individual and diverse、many universities!!(個性に溢れたいくつもの大学!!)」「Students gather from all over the world!!(世界中から学生が集まる!!)」といった、京都の大学事情を超絶テクのギターに載せて届けます。怒涛の英語の後に、「京での学び いと実り多し」と締めくくります。

 

■「大学のまち京都」編★3月21日(火)17時公開予定

 

 

■フレッシュ食材をお届け!京都の台所「京都市中央市場」とは

京都市中央市場は、昭和2年に日本初の中央卸売市場として開設されて以来、国内外から集まる食材に適正な価格をつけ、生産者を支えるとともに、市民をはじめ、消費者に安全・安心な食材を届ける役割を担っています。

今回の動画は、そんな役割とともに、市場を楽しめる催しをPRするものです。

日本全国の産地から直送されズラッと並ぶ新鮮なマグロたち。競り落とされるのを今か今かと待っています。近くを歩くのは市場関係者かと思いきや…なんと、頭にマグロのマスクを被った麻倶呂が登場!「それ、中トロよりうまいわけ?」が口癖なほど、中央市場のマグロが大好きな彼。メンバーにも内緒だが、密かにマグロ漁師に憧れている。居並ぶマグロについつい興奮して、踊りもヒートアップ!安全・安心を届けたい中央市場の思いや来場者も楽しめる「食彩市」をPR。そんな生きの良い麻倶呂に悲劇が!

中央市場では、生鮮食料品などの流通拠点としての機能を強化しながら、時代に適した市場を目指した整備計画を策定し、施設の効率化や衛生管理の体制強化、災害時対応の確保などを進めています。また、中央市場に親しんでもらうため、毎月(7~9月を除く)開催している「食彩市」では、生産食料品などの販売や魚さばき方教室を実施しています。

動画では、市場関係者の協力により、競り前の新鮮なマグロを撮影。マグロの被り物をした麻倶呂がキレのあるダンスを披露し、一層インパクトのある動画となっています。

 

■「中央市場」編★3月7日(火)公開済

■動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=AVyBl95nMSY

 

 

■歩いてこそ京都!「テクテク行きましょ♪」

京都には、豊かな自然景観や情緒たっぷりの京町家、石畳の町並みが数多く残っています。最近では、細い路地の隠れ家的なお店を求めて、路地めぐりを楽しむ方も増えています。京都のまちを味わうには、歩くことが1番。

今回の動画は、多くの観光客が訪れる桜のシーズンを前に、京都は歩いてこそ楽しめることをPR。同時に、混雑緩和に向けて、公共交通の利用を促すものです。

京都らしい町並みに佇む麻主麻呂。「テクテク行きましょ」と、インパクトのあるダンスを踊りながら、徐々に石畳の道を進みます。十字路に差し掛かったところで、麻呂八華と麻倶呂が登場。3人揃って、息の合ったダンスを披露。

じっくり京都を楽しむため、次の目的地へ石畳の道を闊歩する3人。さて、次はどこへ向かうのか…

京都市では、健康にも、まちにも、環境にも優しい「人と公共交通優先のまち」をつくるため、7年前、「歩くまち・京都」憲章を策定。クルマ中心から歩くことを中心としたまちやライフスタイルへの転換を呼び掛けています。平成27年11月には、メインストリートである四条通の歩道を最大約2倍に拡幅しました。

また、昨年12月には、多くの観光客・通勤通学の人を迎える京都の玄関口・京都駅八条口も、乗継ぎしやすく、ゆったり過ごせる駅前として、拠点広場などを整備しました。

今回の動画では、まちのあちこちに魅力がある京都のまちを楽しむには、「歩きがベスト」であることを伝えるため、東山区・祗園の情緒あるまち並みを背景に撮影を行いました。

 

■「歩くまち京都」編 ★3月7日(火)公開済

■動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=bXgo5GRA46g

 

 

■「平成KIZOKU」企画背景

世界的な観光都市・京都。シーズン問わず、数多くの人々が訪れています。その一方で、京都市のさらなる発展のために、多くの若い世代が京都で暮らし、住み続けてもらうこと、市政情報を知ってもらうことが、ひとつの課題となっています。

そこで京都市民をはじめ、世界中の人々に、京都市で暮らすことの楽しさや住みやすさ、最新の市政情報を映像で発信。京都ならではの企画で、それでいて、今までの京都のイメージを覆す新しい表現で、その魅力を伝えるという新しい試みです。

 

 

■「平成KIZOKU」とは

素性すら謎の3人衆、「平成KIZOKU」。そんな彼らのプロフィールは、下記の通り。設定を踏まえて改めて動画を見てみると、キャラ設定とリンクする彼らの動きもあり、より一層動画を楽しめるかもしれません。

ちなみに、3人とも、平安時代、京都で優雅に暮らしていた麻呂たち。ひょんなことからタイムスリップして、平成の京都にやってきました。そして、平安とは違った京都の魅力にドハマリ。あまりにも毎日が楽しすぎて、大好きな歌と舞を通じて、その魅力を京都市民をはじめ、世界中の人々に伝えています。

 

麻主麻呂(ましゅまろ)

平成KIZOKUのリーダー。

メンバー唯一の既婚者。

奥さんに「あんた!いつまでも平安気分やったらあかんで!平成なんやから働かな!」と言われるが、本人はまったく意に介さない。

平成KIZOKUの活動に全てを捧げている。パリピであり、スイーツ大好き。

BBQのときは、焼きマシュマロがかかせない。

座右の銘は、「和をもって貴しとなす」。

 

麻呂八華(まろやか)

平成KIZOKUいちのイケメン。女の子が三度のメシより好き。

一度に八人の女性を好きになることも。自分が八人いたらいいのになあと常に嘆いている。

名前とは裏腹に激情家で、キレやすいのがたまにキズ。偏食でカルシウムが足りてない。

でもその分、人情に熱く、自治会活動に積極的に参加している。

 

麻倶呂(まぐろ)

平成KIZOKUのオシャレ番長。京都に息づく生活文化はもちろん、ポップカルチャーも大好き。

明るい性格でムードメーカーだが、

すぐ調子に乗って、よくトラブルを引き起こす。

グルメでもあり、中央卸売市場のマグロが一番の好物。

口癖は「それ、中トロより旨いわけ?」

密かにマグロ漁師に憧れている。

(メンバーにも内緒)

 

 

■「平成KIZOKU」シリーズの反響

■特設サイト http://www.heisei-kizoku.jp/

京都市が制作するPR動画ということもあって、京都市ならではの魅力がグッと詰まった動画になっています。また、愉快な麻呂たちが、歌と舞を通じて、京都の名所や制度のよいところを、動画毎にテーマを設けて紹介していく内容となっています。

平成28年10月17日にスタートして以来、「Yahoo! JAPAN」のトップ画面でも紹介されたのをはじめ、SNSを中心に話題を呼び、シリーズ計70万回以上の視聴(外部サイトを含む)を獲得しています。

■主な内容

面白い/京都に行きたくなった/かっこいい/ダンスがやばい/ぶっ飛んでいる/歌詞が頭から離れない/単なる一過性のPRでないところが良い/設定が面白い/公式で作るところがすごい/海外受けしそう/さすが文化都市。前衛的だ

 

 

■キャスト紹介

TRIQSTAR

マドンナの専属ダンサーや自身のパフォーマンスで海外に招かれる等、各国でその名を轟かせ、世界を回り多方面から絶大な支持を受ける。日本国内ではTVCM、テレビ番組への出演や有名アーティストとの共演。様々なダンスコンテストでの優勝や入賞等、数多くの功績を残している。世界規模の活動を経た仲間が集結し、日本から世界へと発信していく。

ダンススタイルは主に「アニメーションスタイル」と呼ばれ、スローモーション、ロボット、ウェーブやムーンウォーク等を駆使し、目の錯覚を起こす様な不思議な動きが特徴的である。

「誰も見た事のない」「観客に伝わる」作品を提供することをモットーに精力的に活動中。

2015年3月よりfunkraftyのチャーリー、Rhythm Train Crewのしょたうの2人が、各自のダンスチームや団体の活動は続けながらも正式メンバーとして新たに加わり、現在は5人体制になっている。

 

2015年5月現在、スーザンボイルらを生み出した国際的テレビ番組「GOT TALENT」シリーズの初のアジア版「ASIA's GOT TALENT」に日本代表として出演しTop 6入り。

 

 

■スタッフリスト

広告代理店:株式会社JR西日本コミュニケーションズ / 制作会社:株式会社高映企画・株式会社 ルート・シー

 

 

■銀シャリ×平成KIZOKUがお届けするスペシャル番組について

【番組名】「銀シャリPresents 住めBARみやこ〜いらっしゃいませ!京都市北部山間地域へ〜」

 

【概要】

M-1王者・銀シャリ(芸人)が、北部山間地域への

移住者たちと、地域の魅力を語り尽くすトーク番組。

 

【放送時間】

2017年3月20日(月) 20:00~20:30

 

【放送局】

KBS京都

http://www.kbs-kyoto.co.jp

 

【放送エリア】右記をご参照ください。 http://www.kbs-kyoto.co.jp/contents/tv/area_map/index.htm



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

ファイルを一括ダウンロードする

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

京都市総合企画局

代表者名

門川 大作

業種

国・自治体・公共機関

プレスリリース情報

ジャンル

旅行・観光・地域情報

カテゴリ

告知・募集

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る