プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,702社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

筑波大学とREADYFORが寄附金・研究費獲得を目的とした業務提携を開始  - 国立大学とクラウドファンディング事業者の提携は国内初!-

READYFOR株式会社

! 2017年1月26日 16時

日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役:米良 はるか )は、国立大学法人筑波大学(所在地︰茨城県つくば市 学長︰永田恭介)とクラウドファンディングを活用した寄附獲得のための業務提携を開始いたしました。このようなクラウドファンディング事業者と国立大学との提携は国内初となります。なお、本提携後、初となるクラウドファンディングプロジェクトとして「筑波大学図書館資料購入プロジェクト」を2017年1月26日13時に公開いたしました。

 

筑波大学とREADYFORが寄附金・研究費獲得を目的とした業務提携を開始

- 国立大学とクラウドファンディング事業者の提携は国内初!-

 

日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営するREADYFOR株式会社(本社:東京都文京区 代表取締役:米良 はるか )は、国立大学法人筑波大学(所在地︰茨城県つくば市 学長︰永田恭介)とクラウドファンディングを活用した寄附獲得のための業務提携を開始いたしました。このようなクラウドファンディング事業者と国立大学との提携は国内初となります。

筑波大学では2016年に「箱根駅伝復活プロジェクト」や、落合陽一助教(図書館情報メディア系)の「研究室の教育研究費獲得プロジェクト」の寄附金獲得をクラウドファンディングサービス「Readyfor Charity」で成功させてきたことから、同社との業務提携によるさらなる成果を期待しているところです。

今後は、寄附獲得の有力なツールとしてクラウドファンディングの活用を進め、筑波大学らしさを全面に出していけるプロジェクトに積極的に展開することで筑波大学の良さを発信し、より多くの国民の皆さまと一緒に筑波大学を盛り上げ、我が国の寄附習慣の形成につなげたいと考えています。

なお、本提携後、初となるクラウドファンディングプロジェクトとして「筑波大学図書館資料購入プロジェクト」を2017年1月26日13時に公開いたしました。

 

1.概要

(1)提携の内容

「本学の教育研究に活用するための寄附を受け入れる手段としての寄附型クラウドファンディングプラットフォーム提供業務」

(2)契約締結期間

2016年11月1日~2019年3月31日

 

2.背景

我が国の18歳以下の人口が減少していく中で大学をより魅力的なものにしていくためには、財政基盤を強化し、より個性的な教育研究を展開させる必要があります。そのためには国からの競争的資金や運営費交付金のみではなく、寄附金獲得を拡充させることが必須と考えています。

中でも有力なツールであるクラウドファンディングを活用することで、筑波大学を応援してくださる方々の裾野を広げたいと考えています。特に研究費が不足している基礎研究や、ラボ内で学生が使用可能な研究費、また、他の国立大学でも類を見ない幅広い学問分野を有する筑波大学の強みを生かした異分野融合の学際的研究の芽を機動的に育てられるような活用を行っていく予定です。

 

3.「筑波大学図書館資料購入プロジェクト」に関して

プロジェクトタイトル:「資料費減少で危機。大学図書館に本を購入し若者に十分な学ぶ場を」

URL︰https://readyfor.jp/projects/tsukubauniv-lib

目標金額︰3,000,000円

募集期間︰2017年1月26日~2017年3月31日

概  要︰筑波大学に配分される運営費交付金が減額されたことで、図書館でも資料購入費が減少しています。この状況を改善すべく未来を担う本学学生のために、主に不足している研究・学習用資料の購入や、約600冊の図書と20タイトルの新聞・雑誌の整備、その他、各種図書館サービス向上のため、寄附金を募集します。

 

 

 

4.これまでの筑波大学のクラウドファンディングプロジェクトに関して

(1)「21世紀をコンピュータによる「奴隷の世紀」ではなく「魔法の世紀」に」

URL︰https://readyfor.jp/projects/ochyaigogo

達成金額︰9,390,000円

募集期間︰2016年3月28日〜2016年5月31日

(2)「国立大学 本気の挑戦!古豪・筑波大学箱根駅伝復活プロジェクト」

URL︰https://readyfor.jp/projects/TSUKUBADAIGAKU_EKIDEN

達成金額︰2,580,000円

募集期間︰2016年6月28日〜2016年7月31日

 

【READYFOR株式会社について】

READYFOR株式会社は、「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」をミッションに日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」を運営しています。クラウドファンディングとは、インターネット上でやりたいことを発表し、それに共感した不特定多数の方から少額の資金を集める仕組みです。5700件以上のプロジェクトを掲載し、24万人から35億円以上の資金を集め、国内最大のクラウドファンディングサービスとして、中学生から80代の方まで幅広い方々の夢への一歩をサポートしています。2016年6月にはサービス産業生産性協議会が主催する第1回日本サービス大賞優秀賞を受賞。

2015年12月には寄附型クラウドファンディング「Readyfor Charity」を、2016年12月には地方自治体向けのガバメントクラウドファンディング「Readyfor ふるさと納税」を開始。

 

【本件に関するお問い合わせ】

READYFOR株式会社

担当者:大久保彩乃

TEL:03-6801-5767

mail:press@readyfor.jp



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

READYFOR株式会社

代表者名

米良はるか

業種

ネットサービス

プレスリリース情報

ジャンル

教育

カテゴリ

提携

この企業の関連プレスリリース

購入型クラウドファンディングReadyforで、復刻版「ア・ラ・ポテト」をポテトチップスファンと共創〜大手菓子メーカーとしては初の利用〜
! 2017年7月14日 14時
クラウドファンディング「Readyfor」がリクルートと協業検討開始に関する基本合意書を締結。宿泊施設を対象にしたクラウドファンディングの利用促進を目指す。
! 2017年6月19日 13時
クラウドファンディングサービス「Readyfor」が 日経BP総研 中小企業経営研究所と提携を開始 。中小企業の事業拡大やマーケティングなどを支援。
! 2017年6月12日 17時
東京藝術大学とREADYFORがアーティスト支援を目的とした業務提携を開始。「東京藝大×クラウドファンディング」特設ページにて11件、総額約2千5百万円に挑戦
! 2017年4月6日 17時
Readyforが「ガバメントクラウドファンディング Readyforふるさと納税」を開始。第一号として隈研吾監修、広島県廃校リノベーションプロジェクトを公開。
! 2016年12月20日 13時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る