恋する乙女はハート穴 〜意匠権を取得した、世界初の「ハート穴ルーズリーフ」〜

ルーズリーフが誕生して100年余りの歴史がありますが、ハート穴のルーズリーフは存在しませんでした。むしろ穴の形状をデザインするという発想がなかったのかもしれません。そんな事に気づいた一人のデザイナーが、開発からデザイン、製品化までをこなし、ハート穴ルーズリーフのブランド「LoveLeaf」を立ち上げました。

株式会社LoveLeaf (本社:名古屋市名東区、代表取締役:田中俊彦)は、2016年9月1日より、世界初の「ハート穴ルーズリーフ」の販売を開始しました。

 

●販売サイト

https://www.amazon.co.jp/dp/B01KJ8J7S8

 

 

■セールスポイント

ルーズリーフに設けられている穴は、一般的に丸穴か四角穴しかなく、機能を確保するために設けられた「穴」という認識でしたが、ハート穴となればそこに「可愛い」とう感情がプラスされ、ルーズリーフという単なる文房具ではなく、デザインを施したことによるオシャレアイテムになります。

 

■コンセプト

コンセプトは、「可愛い文具を持って輝いている私」である。女子高生から社会人までをターゲットに「可愛い」を提供する。これまでは、学習やメモを取るだけの商品だったところをワンポイントつけることによって、オシャレアイテムに変わる。そのオシャレアイテムを使っていることで、使用者が特別感を持つことになり、ステータスになる。

 

■意匠権を取得したハート穴の特徴

交互に穴明けされたハートは美観を有するだけではなく、ハートの凹んだ部分にバインダーのリングが接触しにくいようにする為の構造になります。日常使いにおいてハートの形がくずれにくくなっています。

 

■用紙の特徴

用紙はボールペンや万年筆でもにじみにくく、筆記性に優れたなめらかな書き心地。目が疲れにくく視認性の高い淡いクリーム色の国産上質紙を使用。また、罫線の色はパープルを採用。紙のクリーム色と罫線のパープル色は補色対比の関係にあるため、紙面が鮮やかで明るくなります。

 

【補色対比とは】

色相環において相対する位置にある色のこと。補色同士を隣接させると、色相の違いが強調されお互いの彩度が増したように見えます。

 

 

【サイズ】B5(W182×H257mm)

【罫 線】7mm横罫、6mm横罫、5mm方眼罫、無地、音楽罫12段

【用 紙】クリーム上質紙(84.3g/㎡)

【枚 数】100枚入り

★26穴式バインダー専用

 

 

本社:〒465-0076 名古屋市名東区扇町2-1-1(233号)

代表者:代表取締役 田中俊彦

設立:2016年8月10日

資本金:300万円

Tel:052-870-5058

e-mail:loveleaf@t2do.jp

事業内容:文具、事務用品、日用雑貨の企画、立案、製造、販売



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社LoveLeaf
代表者名 田中 俊彦
業種 その他製造業

コラム

    株式会社LoveLeafの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域