プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数47,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加

スカイアーチネットワークスとアイビーシー、マネージドサービス強化を目的とした協業を開始 ~性能管理/キャパシティ分析による戦略的クラウド活用を支援~

アイビーシー株式会社

! 2016年8月23日 17時

株式会社スカイアーチネットワークス(本社:東京都港区、代表取締役社長:江戸 達博、以下、スカイアーチネットワークス)とアイビーシー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:加藤 裕之、以下、IBC)は、マネージドサービス強化を目的とした協業を開始いたしました。

昨今、ウェブサービス等を展開する企業は、Amazon Web Services(AWS)をはじめとしたパブリッククラウドの普及により、急拡大するビジネスに対応可能なインフラ環境を迅速に構築することが可能となりました。その一方で、オンプレミスとクラウド環境が組み合わされたハイブリッドかつ多様化したシステムについては、サービス品質の可視化や効果的な活用方法に課題を抱えています。

 

スカイアーチネットワークスは、「ウェブサービスに最適なクラウドインテグレーター」として、お客様のビジネスに貢献すべく、お客様それぞれのシステムに応じた最適なITインフラの導入・運用を行うサーバーのマネージドサービスを主に提供してまいりました。

 

また、IBCは、自社製品の性能監視ソフトウェア「System Answer G2(システムアンサージーツー)」を利用した性能診断サービスを通じて、マルチベンダー環境で構成されたネットワークインフラの安定稼働・可用性向上に寄与してまいりました。

 

この度の両社の協業により、スカイアーチネットワークスは、お客様からのシステム環境の可視化と分析に対するニーズの高まりにお応えするため、かねてより「マネージドサービス」で提供していたサーバーモニタリングサービスの利用ユーザーに対して、System Answer G2を活用した「レポーティングサービス」の提供を開始いたします。

 

System Answer G2を採用することで、従来提供していた一般的なサーバーリソース情報に加えて、より詳細かつ広範囲な性能情報を収集いたします。また、傾向性把握や稼働比較といった分析機能、性能データの稼働状況を学習して傾向予測からの変動を検知する機能によって、システム運用を行う上で必要となるさまざまな分析を行うことができます。これによりウェブサービスの品質把握や予兆保全、キャパシティ計画への活用が可能となります。

 

スカイアーチネットワークスの長年のクラウド運用実績と、IBCの1,000システム以上の性能監視ソリューション導入、多数の分析レポート提供実績をもとに、さらに高品質なクラウド環境提供を通して、お客様のビジネス拡大に貢献してまいります。

 

○提供サービス概要

【対象顧客】

・スカイアーチネットワークスの「マネージドサービス」をご契約のお客様

 

【レポーティングサービス】

ネットワークシステムの性能監視に長年携わってきた経験豊富なエンジニアが、客観的な立場からお客様のICTシステムの性能分析を行うサービスです。System Answer G2に蓄積されたデータを分析し、稼働状況報告書や改善提案レポートを作成いたします。

 

■System Answer G2概要

「System Answer G2」はIBCが提供する性能監視ソフトウェアで、ネットワークからサーバー(物理/仮想)まで、システム全体の性能監視を行うことができ、以下のような特長を持っています。

 

○1分間隔データ収集

1分間隔の詳細な性能データを収集することができるため、より高精度かつ詳細な性能分析を行うことができます。

○マルチベンダー対応

監視対象機器のプライベートMIBをテンプレートとして標準対応しているため、マルチベンダー環境の監視を容易に行うことができます(2016年8月現在、108ベンダー/3,390項目に対応)。

○ベースライン機能

過去の稼働状況を自動学習して、稼働傾向をグラフに自動表示することができます。

○トレンドライン機能

表示期間における増加率や減少率を自動的に計算して表示するだけでなく、グラフ上に傾向線も描画することができます。

○レポート出力

定期診断レポート、経営陣への報告資料、設備投資計画用のデータ資料として、収集した性能情報から稼働統計レポートをWord形式で自動的に作成することができます。

 

詳細:http://system-answer.com/

 

 

■スカイアーチネットワークスについて

スカイアーチネットワークスは、創立16年目の独立系マネージドサービスプロバイダーです。インフラフリー、マルチクラウドの考え方で、「ウェブサービスに最適なクラウドインテグレーター」を標榜。オンプレミスから、クラウドなどの様々な環境で、インフラ設計から運用、障害対応、セキュリティー対策、バックアップ対策など、ビジネスに直結したサーバー管理全般を提供しております。

 

設立 : 2001年7月12日

代表者 : 代表取締役社長 江戸 達博

所在地 : 〒105-0001 東京都港区虎ノ門4-2-12 虎ノ門4丁目MTビル2号館5階

資本金 : 1億円

URL : http://www.skyarch.net/

 

■IBCについて

IBCは、ネットワークインフラの稼働品質向上を目指して、ネットワークシステムの可視化および性能分析を行うことで、予防保守やキャパシティ計画立案などを実現する製品およびサービスを提供しております。ネットワークシステム全体の性能状態を容易に可視化できる自社開発製品「System Answerシリーズ」は、社内システムの管理担当者、SIer、通信サービスプロバイダー、クラウドサービスプロバイダー、データセンター事業者などさまざまな立場の方々にご採用いただいています。

 

設立 : 2002年10月16日

代表者 : 代表取締役社長 加藤 裕之

所在地 : 〒104-0033 東京都中央区新川1-8-8 アクロス新川ビル2F

資本金 : 40,283万円

URL : http://www.ibc21.co.jp/

 

 

【本リリースに関するお客様からのお問い合わせ先】

株式会社スカイアーチネットワークス

Tel:03-6743-1100 (平日10:00~18:00)

 

アイビーシー株式会社

Tel:03-5117-2780 (平日9:00~17:30)



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

アイビーシー株式会社

代表者名

加藤 裕之

業種

コンピュータ・通信機器

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

企業の動向

この企業の関連プレスリリース

アイビーシーの子会社 iBeed を中心に複数社と業務・資本提携について基本合意 ~ ブロックチェーンを使ったプラットフォーム、アプリ開発を推進 ~
! 2017年7月31日 16時
アイビーシーが新製品となるシステム情報監視ソフトウェアを発売開始 ~ 自動設定・自動分析により、工数削減と属人化解消を実現 ~
! 2017年7月3日 17時
アイビーシー、パクテラ・コンサルティング・ジャパンとブロックチェーン(分散台帳技術)分野で業務提携 ~ iBeed の社外取締役就任と、将来的な出資も視野 ~
! 2017年6月26日 17時
アイビーシーがネットフォースに出資 ~協業サービス拡充を見据えて、協力関係を強化~
! 2017年3月13日 18時
アイビーシーとコーソル、データベース運用管理ソリューションで協業を開始 ~性能情報にもとづいた予兆検知ソリューションを提供~
! 2017年2月7日 17時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る