プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数52,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

ニューヨークで注目のハードウェア・スタートアップ2社が、京都のモノづくりエコシステムと交流するプログラム「Monozukuri Bootcamp」に参加

株式会社Darma Tech Labs

! 2016年8月1日 10時

ハードウェア/IoTものづくりサポートを行うMakers Boot Camp(事務局:株式会社Darma Tech Labs 本社:京都市下京区大政所町680-1第八長谷ビル2階)とハードウェア・スタートアップ企業の支援事業を手掛けるFabFoundry(本社ニューヨーク市)は共同で、米国のハードウェア・スタートアップに、日本の製造技術の習得や事業提携の機会を提供するプログラム「Monozukuri Bootcamp」を開催します。7月25日から始まった第1期プログラムには、ニューヨークを拠点とするスタートアップであるThe Crated社とFlexTraPower社の2社が参加し、日本の製造業の集積地域である京都で、約6週間のものづくりプログラムを体験します。なお8月23日には出資や事業提携を目的として「Demo Day」の開催を予定しています。

 

 

【ものづくりプログラムの趣旨】

「Monozukuri Bootcamp」は、FabFoundry社がニューヨークを拠点にする将来性が高いハードウェア・スタートアップの発掘を担当し、「Makers Boot Camp」が日本での受け入れを担当し、スタートアップ企業の持つ革新的なアイディアを京都の企業とビジネスの形にするプログラムです。

 

【NYのものづくりの現状】

ニューヨークには、市内だけでも130以上の大学があり、デザインなどでは世界屈指の才能あふれた人材が集積しています。さらに近年、ニューヨーク市がハードウェア・スタートアップの支援を強化しており、クラウドファンディングの普及などを足がかりに規模を拡大しています。しかし多くのスタートアップはハードウェアを試作することはできても、生産するためのノウハウやリソースが不足しています。多くの企業は主に中国で生産しますが、高いクオリティの製品を生産したいというニーズの高まりから、日本の製造技術に注目が集まってきています。

 

【なぜ京都なのか】

Makers Boot Campを中心に、ものづくり試作をサポートする「京都試作ネット」(http://www.kyoto-shisaku.com/)、メイカーズの拠点となるコワーキングスペース「MTRL Kyoto」(https://mtrl.net/kyoto/)、起業家を支える「京都リサーチパーク」(http://www.krp.co.jp/)、産官連携でものづくりを支える「京都工芸繊維大学KYOTO Design Lab」(http://www.d-lab.kit.ac.jp/)をはじめとしたものづくりをサポートする体制が整っています。「ものづくりなら京都にいこう」と言えるプラットフォームが整っているのは世界でも珍しく、その点で京都は稀有な存在であると言えます。

 

【FlexTraPowerについて】

化学工学の博士号を持つLinh Le氏が創業したFlexTraPower社は、ニューヨーク市のモノづくり支援プログラム「Next Top Makers」やGoogle Moonshot Slove 等でアワードを受賞したスタートアップ企業です。クーパーユニオン大学で建築を学んだチーフデザイナーのThuy Pham氏は、着ている人の健康状態やストレスレベルを図ることのできるスマートクロス「BonBouton」をデザインしました。BonBoutonはボタンの形のセンサーからブルートゥースを通してデータをスマートフォンに通信するシステムを構築します。

URL: http://flextrapower.com

 

【The Cratedについて】

The Crated は、ニューヨークで最も注目されているスタートアップ企業の一つであり、創業者のMadison Maxey氏は Forbes 30 Under 30 Listにも選ばれています。The Cratedのチームはファッションやテクノロジーなど幅広いバックグランドを持つメンバーからなり、スマートアパレル産業を作り出し、スマートファブリックの量産を目指しています。 URL: http://thecrated.com

 

【Fab Foundry について】

FabFoundry, Inc.

本社:138 E 12th Street, New York, NY 10003

創業者/CEO:関 信浩

設立日:2015年2月11日

 

FabFoundry社は、ハードウェア・スタートアップのためのコミュニティを通して、ハードウェア・スタートアップが抱える各種の問題を解決するためのソリューションを提供するプラットフォームです。現在は本社のある米ニューヨーク市のハードウェア・スタートアップ企業をターゲットに、ミートアップやワークショップなどのイベント開催や、日本の製造技術や素材・部品などをニューヨークのスタートアップを介して世界に広めるための各種プログラムの企画・運営を実施しています。創業者の関 信浩は、ウェブ・ソリューションを提供するスタートアップ「Six Apart」をはじめ、複数の技術系スタートアップの立ち上げや経営に携わってきました。東京大学工学部卒。カーネギーメロン大学経営大学院卒。

URL: http://fabfoundry.net/

 

【 Makers Boot Campについて】

株式会社Darma Tech Labs

本社:京都市下京区大政所町680-1第八長谷ビル2階

創業者/代表取締役:牧野成将

設立日:2015年8月3日

 

株式会社Darma Tech Labsによって運営されているMakers Boot Campは、国内・海外を問わずハードウェア/IoTスタートアップが抱えるであろう様々な課題 (生産・販売・マーケティング・資金調達・海外との連携など) をサポートしています。世界中のハードウェアスタートアップと連携し、日本の製造業に新しいビジネスを生み出す機会を創出しています。代表の牧野成将は「Future Venture Capital」 や「SunBridge Global Ventures」にて投資家としてのキャリアを積んだのちMakers Boot Campを立ち上げました。神戸大学経営大学院卒。

URL: http://www.makersboot.camp/



記者の方はこちら

ログインすると記者の方限定で公開されているお問い合わせ先や情報がご覧いただけます

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社Darma Tech Labs

代表者名

牧野 成将

業種

金融・保険

プレスリリース情報

ジャンル

精密機器

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

【MBC試作ファンド】クラウドファンドで1億円近くを集めた
ペット向けIoT製品を開発する ニューヨークのスタートアップへ投資
! 2018年9月18日 14時
【MBC試作ファンド】米 ピッツバーグのスタートアップ2社へ投資 
 〜AI技術応用の環境ソリューション企業とIoT位置情報技術企業へ〜
! 2018年7月24日 10時
量産化試作を支援する『MBC試作ファンド』20億円超でクローズ / ベンチャー向けサプライネットワーク構築で支援体制強化へ
! 2018年7月12日 10時
「MBC試作ファンド」 世界初のデジタル窓を開発する京都ベンチャーへ投資
! 2018年7月4日 10時
【MBC試作ファンド】グローバル農業ベンチャーへ投資
 / 日本発「現代版IoTカカシ」が世界の農業改革へ
! 2018年6月28日 14時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る