山本明正著『塩野義製薬MR生活42年(第二版)』(電子書籍:Amazon Kindle)を販売開始

『塩野義製薬MR生活42年(第二版)』は、塩野義製薬(株)のMR(医薬情報担当者)として約42年間を過ごした筆者・山本明正が、現役の保険薬局薬剤師の立場から、理想のMR像を模索しながら書きました。MR(医薬情報担当者)って本当に必要なんでしょうかね・・・ある有力な医療情報関係者がふとつぶやいた言葉・・・私の半生を完全無視されてたまるものか、記録だけはきちんと残しておかなければという気持ちで書きました。MR(医薬情報担当者)は適正使用に関する情報の運び屋であるべきとの信念を基に、MR生活42年間の豊富なディテーリング活動経験をまとめたものです。今現在MRを目指して就活中の学生さん、あるいは現役のMRの皆様方のご参考になれば幸いです。

電子書籍出版全般の支援事業を手掛ける、Akimasa Net(所在地:広島県広島市、代表:山本 明正)は、『塩野義製薬MR生活42年(第二版)』(電子書籍:Amazon Kindle)を、2016年4月29日(金)より出版開始しました。

■『塩野義製薬MR生活42年(第二版)』(電子書籍:Amazon Kindle)

http://www.amazon.co.jp/dp/B00WF44WIA

 

【背景】

MR(医薬情報担当者)って本当に必要なんでしょうかね・・・ある有力な医療情報関係者がふとつぶやいた言葉・・・私の半生を完全無視されてたまるものか、きちんと記録だけは残しておかなければという気持ちでまとめました。

 

【製品・サービスの概要】

塩野義製薬(株)のMR(医薬情報担当者)として約42年間を過ごした筆者が、現役の保険薬局薬剤師の立場から、理想のMR像を考えてみました。今現在MRを目指して就活中の学生さん、あるいは現役のMRの皆様方のご参考になれば幸いです。本書籍は、Amazon Kindleの電子書籍(価格:540円税込)として販売いたします。

 

<3つの特長>

 

1:MR生活42年間の豊富なディテーリング活動経験をまとめました。

抗生物質によるアナフィラキシーショック、TDM(治療薬物モニタリング)ソフトの使い方、オピオイド薬の適正使用、さらには欧米人と日本人(アジア系)との薬物動態の違いなど、楽しく読んでいただけるものと思います。

 

2:MRは適正使用に関する情報の運び屋であるべきとの信念を貫いてきました。

医薬品は有効性、安全性及び便利性のバランスの上に成り立っています。特に安全性については、薬の発売前と発売後で副作用の種類・頻度・重篤度などに変化があるかどうか常に監視を続ける必要があります。医薬品は発売後も育て続けるものなのです。この育薬にMRの存在は欠かせません。

 

3:プロのエストリビューター(総合電子出版代理人)として自ら製本しました。

これから電子書籍を出版してみたいと本気で考えている方々の参考にしていただけるでしょう。

 

【今後の展望】

私・山本明正は本書(第二版)を出版することによって、EWA(日本電子出版作家協会)公認のエストリビューター(総合電子出版代理人)として活動を開始しました。今後は医療関連情報も含めて幅広く電子書籍出版業に関わっていきたいと考えています。

 

【Akimasa Netについて】

所在地:〒733-0863 広島県広島市西区草津南4-4-3-303

代表者:山本 明正

URL:http://www.akimasa21.net/

事業内容:電子書籍出版全般の支援事業



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 Akimasa Net
代表者名 山本 明正
業種 ネットサービス

コラム

    Akimasa Netの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域