オビタスター、軽減税率(複数税率)対応のオープンソースポスレジシステムをバージョンアップして提供

オビタスターが提供しているオープンソースポスレジシステム「PCPOS」が、今話題の軽減税率(複数税率)対応としてバージョンアップ提供を開始した。

報道関係者 各位

プレスリリース

2015年12月18日

オビタスター株式会社

代表取締役 高畑佳幸

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オビタスターでは、2011年より提供しているオープンソースポスレジシステム「PCPOS」にて、

今話題の軽減税率(複数税率)対応としてバージョンアップ提供を開始した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

オビタスターは、2011年より海外本家OpenbravoのPOS版Openbravo POSを日本語訳、

日本コミュニティとして運営・管理していたが、本家でのOpenbravo POSのオープンソースでの

提供中止より、2012年10月にOpenbravo POSよりブランチし、

「PCPOS」として公開提供するサービスへと生まれ変わらせていました。

その後、PCPOSのサイト上でのソフトの提供、コミュニティの運営などを行っています。

 

今回、今世間で話題の軽減税率(複数税率)の話題となり、PCPOSの対応状況を確認したところ、

問題なく、軽減税率(複数税率)に対応した形での提供に適しているということが分かったため、

情報配信する流れとなった。

 

元々、PCPOSの開発である海外では、軽減税率(複数税率)が当たり前の状態で、

PCPOSは、デフォルトで、複数の税の同時併用が可能な作りとなっている。

更には、商品毎に税の選択が可能な作りとなっている。

商品毎にばらばらの税の状態で会計を行っても、税毎ばらばらに計算されたのちに、

税の合計が表示するという仕組みとなっている。

また、今回の提供では、過去の掲示板などで報告のあった複数のバグフィックスも行った状態での

新バージョンの提供を開始した。

 

http://www.pcpos.jp/index.php?main_page=index&cPath=150

 

【オビタスター株式会社とは】

ネットショップオープンソースZen Cartの日本開発チームZen Cart.jpに所属。

また、ヴァーチャルホスティングコントロールパネルオープンソースのVHCS.jpとispCP.jpを日本語化、

コミュニティ運営管理。

同様に、ポスレジのオープンソースOpenbravo-pos.jpとPCPOS.jpの日本語化、コミュニティ運営管理。

同オープンソースを使った「オンラインきもの見本市」の運営・管理ノウハウや、

Zen Cart.jpの掲示板などでのサポート経験から、お客様の立場に立った本当に必要なサービスを提案・提供している。



このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 オビタスター株式会社
代表者名 高畑佳幸
業種 ネットサービス

コラム

    オビタスター株式会社の
    関連プレスリリース

    オビタスター株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域