9月1日~11月30日【青森屋】茅葺屋根の古民家でご朝食 「幸福の黄色い田舎ご飯」が新登場

9月1日~11月30日まで星野リゾート 青森屋では、広大な敷地内に佇む古民家「南部曲屋」で、ご朝食「幸福の黄色い田舎ご飯」が新登場いたします。木々が黄色に変化する秋の景色にちなみ、お料理一品一品も黄色にこだわったご朝食です。青森県では、秋になると収穫時期を迎える菊を食す文化があり、黄色鮮やかな菊を使用した菊なべをはじめ、様々なお料理が並びます。朝日差し込む古民家で、ゆっくりとご朝食をお召し上がりください。

9月1日~11月30日まで星野リゾート 青森屋では、広大な敷地内に佇む古民家「南部曲屋」で、ご朝食「幸福の黄色い田舎ご飯」が新登場いたします。木々が黄色に変化する秋の景色にちなみ、お料理一品一品も黄色にこだわったご朝食です。青森県では、秋になると収穫時期を迎える菊を食す文化があり、黄色鮮やかな菊を使用した菊なべをはじめ、様々なお料理が並びます。朝日差し込む古民家で、ゆっくりとご朝食をお召し上がりください。

 

 

茅葺屋根の古民家 「南部曲屋」

茅葺屋根の古民家「南部曲屋」は、L字の形をしている建物。その昔、青森県南部地方では、農作業などの重要な働き手として馬と人との生活は強い結びつきがありました。そのため、人の生活空間と厩の建物がつながる「南部曲屋」が利用されていました。屋内には囲炉裏があり、太い梁と屋根まで吹き抜けた天井が非日常的な空間を作り出します。

 

黄色にちなんだお料理が並ぶ「幸せの黄色い田舎ご飯」

お料理の一品一品を黄色にちなんでご用意する「幸福の黄色い田舎ご飯」。秋に収穫を迎える菊などをお楽しみいただけます。食用の菊は、蒸した花びらを乾燥させ保存し、作物の育ちにくい冬や春に茹でて食す、青森の家庭の食卓にはお馴染みの食材です。菊をふんだんに使った「菊なべ」は、シャキシャキとした食感とほのかな甘みを味わいいただけます。また、大根や人参の漬物を菊の花で巻いた「菊巻き」は、地元青森県で親しまれる漬物です。その他、甘みのある栗ご飯やかぼちゃなど、黄色にちなんだ食材のお料理をご用意。非日常的な空間でのご朝食の時間をお楽しみください。

 

■期間:2015年9月1日(火)~2015年11月30日(月)

■時間:7:00~ または8:15~

■定員:各時間20名

■料金:1泊2食付お一人様 14,120円~ (要予約)

■場所:公園内 「南部曲屋」

※仕入れ状況により料理内容が変更になる場合がございます。


【星野リゾート 青森屋】

「のれそれ青森~ひとものがたり~」(※のれそれは津軽弁で目一杯、一生懸命の意)をコンセプトに、ショーレストラン「みちのく祭りや」や、豊富な料理が並ぶバイキングレストラン「のれそれ食堂」、良質な泉質に癒される温泉「浮湯」など、青森文化を満喫できる温泉宿です。

〒033-8688 青森県三沢市字古間木山56



添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 星野リゾート
代表者名 星野佳路
業種 旅行・観光・地域情報

コラム

    星野リゾートの
    関連プレスリリース

    星野リゾートの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域