LIXILエクステリアコンテスト「大賞」の景色工房サフランが、「雑木」の力で夏を涼しく過ごす、「避暑地の様な庭づくり」セミナーを相模原市で開催

大賞作品が「ガーデンリフォームのお手本」と高い評価を受けた「景色工房サフラン」が、6月20日(土) 21日(日)に【五感が求める「雑木の庭」プランニングセミナー】を一般向けに開催します。温暖化が進む時代のスタンダード、山採り高木雑木で涼しく快適に過ごす「避暑地の様な庭づくり」の秘訣を解説します。

景色工房サフランのプレスリリースアイキャッチ画像
神奈川県で造園・外構工事を行う、景色工房サフラン(所在地:神奈川県厚木市、運営会社:有限会社サフラン、代表取締役:井田 育宏)では、LIXIL相模原ショールームにて【五感が求める「雑木の庭」プランニングセミナー】とお庭相談会を開催いたします。

当セミナーでは、神奈川県内でお庭のリフォームを考えている戸建て住宅にお住まいの方、新築住宅のエクステリア(外構)・お庭づくりを考えているに方に向けて、建物や敷地の特色を最大限に活かしながら、涼しく夏を過ごせる「軽井沢のカフェのような庭」を実現するために、雑木の庭づくりの「プロ」による具体的なアイデアや、庭づくり・ガーデンリフォームの方法をお伝えいたします。

併せて同日開催の「お庭相談会」では、間取り図などの図面をご持参いただければ、簡単な設計案やリフォームプランを、その場でお応えいたします。

▼景色工房サフラン:http://kk-saffron.com/column/2015shoeroomibentkokuti.html

【セミナー概要】
会場:LIXIL相模原ショールーム
住所:神奈川県相模原市南区大野台6-5-51
日時:2015年6月20日(土) 21日(日)
   セミナーは、14:00 〜 15:30 を予定
   相談会は、10:00 〜 17:00
参加費:無料
参加特典:くじ引きによる、ガーデングッズプレゼント
事前予約:メール、電話で受付
メールアドレス: info@kk-saffron.com
電話番号:046-280-5551


■森の中の「カフェ」の様な佇まいを目指したお庭が「日本一」に!
弊社の運営するガーデンショップ「景色工房サフラン」は、昨年の11月に神奈川県の愛川町から厚木市上依知に移転。小さな山林と、新たに雑木を植栽したサンプルとして体感いただける庭や駐車場、山小屋風の「板倉工法」の店舗など、四季を通じて自然の豊かさが楽しめるスペースになっており、お客様からのご要望を元に、リアルなイメージパースを作成、パソコン上で3Dウォークを体感いただくなど庭・エクステリアのプラン作成・ご提案を行っています。

また、昨年度は弊社がリフォームを手がけた庭が「LIXILエクステリアコンテスト2014」で最高賞となる大賞を受賞した年でもあります。
同賞は、住宅のエクステリア(外構)業界で33年間続いた最も歴史のある「TOEXエクステリア施工コンクール」を継承し、全国から毎年6000~7000点の作品の応募がある、住宅エクステリア業界では最大のコンテストです。外部審査員が施工・デザイン・機能などを審査し、実質的にその年に施工された「日本一」のエクステリアが決定されます。「景色工房サフラン」の施工した「T様邸」は、応募総数6446点の作品の中から、この名誉ある「大賞」に選ばれました。
(関連リンク:http://newsrelease.lixil.co.jp/news/2014/070_company_1209_01.html

時代を感じさせる門まわりや建物でしたが、その古さを「味」に変えて、建物と既存樹木、ガーデンルームと新たに植えた山採り雑木、自然素材のアプローチを調和させて、森の中の「カフェ」のような雰囲気、心地よい空間になったことで、審査員から高い評価をいただきました。


■家を活かし敷地を活かしきる。高木雑木の特性で、美しいだけでなく快適な環境を実現するお庭づくり
「避暑地の様な庭」のように、下枝の少ない高木の雑木などの植物を使った空間は、見た目が涼しげで爽やかなだけではなく実際に、
・ヒートアイランド現象を抑制し、木々のないところより3~6℃も涼しい空間をつくる。
・空調費用を10~50%節約することができる。
などの「微気候改善」効果があることが、様々な研究でわかってきています。
今までの庭づくりは、和風、洋風、リゾート風などのスタイル・デザインや、ウッドデッキやテラスなどガーデンリビングを配することなどを中心に考え、つくられてきました。
また敷地の大きさなどから、高さのある雑木を使ったお庭は「無理」とあきらめる方も、たくさんいらっしゃいました。

景色工房サフランがご提案する「避暑地の様な庭=雑木の庭」は、主に落葉樹の高木雑木の特性を活かして、夏涼しく冬暖かい空間をつくります。また、和風洋風のデザインに左右されず、ガーデンリビング空間を確保し、狭い敷地、広すぎる敷地でも対応できる、外部空間づくりの手法です。

その最大のポイントは、敷地を「上下」に使い分ける発想です。人の背丈ぐらいの高さに枝葉のない、5m以上の高木雑木を建物の窓など開口部の近くや、ウッドデッキやガーデンルームなどのアウトドアリビングの周りに植えることで、夏を涼しく過ごすことのできる「微気候改善」効果が発揮されます。また背丈部分に枝葉がないことで、樹木と人が空間を「上下」にすみ分けることになり、庭空間の確保が実現します。

今回のセミナーでは、そういった涼しくなる仕組みや空間確保の方法のほか、
・どんな樹種を、どれくらいの本数、植えるのか
・ガーデンルームやウッドデッキなどリビング空間との組み合わせ方
・幹を太らせない、維持管理方法の基本
など、雑木の庭づくりのプロならではのノウハウを、お庭づくり・ガーデンリフォームを考えている方に公開いたします。


■今後の展開
私たちが提案する「雑木の庭」は、街並みの景観向上、ひいては資産価値の向上にも貢献するものと確信しています。関東地方に自生する樹木を中心に使い、植物の生育環境にも配慮し工夫した「自然に夏を涼しく過ごす」ためのアイデアや、科学的にも証明されている樹木や緑が人に与える「健康増進効果」など、見た目の美しさだけでなく機能的にも優れた庭づくりを実現しています。

弊社では、今後とも様々な切り口で、個人・法人を問わず庭・エクステリアに関するセミナーを実施する予定です。神奈川県の「庭」だけでなく、林業や森林保全とのかかわり、里山から学ぶ落ち葉や剪定枝の利用方法、空き家や空き地対策として緑を応用した街づくりなど、日本全国に向けて民間レベルでの「緑のネットワーク」づくりを進めることで、街の、地域の、日本の景観向上、環境改善を推進してまいります。


【景色工房サフラン 代表プロフィール】
井田育宏(いだ いくひろ)
1966年三重県松坂市生まれ。1級造園技能士。1級造園施工管理技士。
岐阜県の定時制高校に通いながらゴルフ場で勤務し、緑地管理、樹木管理等に携わる。
東京国際大学を卒業後、メーカーの営業職などを経験し植木業に転身。栃木県の竹楓園で雑木の庭づくりの基礎を学び、景色工房サフラン(有限会社サフラン)を設立。
庭師が一般的に使いたがらないアルミ製品などを積極的に使用し、「適材適所の庭づくり」を心がける。「LIXILエクステリアコンテスト2014」では最高賞の大賞を受賞。雑誌「庭」など、住宅・造園・エクステリアの専門メディア等に多数紹介される。


【有限会社サフランについて】
本社:〒243-0803 神奈川県厚木市山際610-11
代表者:代表取締役 井田 育宏
設立:平成12年1月
事業内容:
  造園工事の設計・施工
  外構工事の設計・施工
  樹木剪定・植栽管理・消毒・施肥
  
<景色工房サフラン>
所在地:〒243-0801 神奈川県厚木市上依知905-4
TEL: 046-280-5551
FAX: 046-280-5550
定休日:水曜日
URL:http://kk-saffron.com/

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 景色工房サフラン
代表者名 井田育宏
業種 建築

コラム

    景色工房サフランの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域