(株)アイザック、オン・デマンド・ワン(株)Windows2003Serverのサポート切れへ向けて ASPからASP.NETへのマイグレーションビジネスを開始

株式会社アイザックとオン・デマンド・ワン株式会社は、Windows 2003 Serverのサポート切れに伴い、大規模なASPシステムのASP.NETへのマイグレーションを実施しました。今後、両社は共同でマイグレーションビジネスの強化を行っていきます。

ソフトウエアー全般の企画/開発/販売を行う株式会社アイザック(本社:東京都渋谷区、取締役社長:三浦祐二、以下アイザック)と日本企業と海外企業の橋渡しを行い、日本企業のグローバル化と海外製品の日本への導入支援で多数の実績があるオン・デマンド・ワン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:樫山 友一、以下オンデマンドワン)は、Windows 2003 Serverのサポート切れに伴い、大規模なASPシステムのASP.NETへのマイグレーションを実施しました。今後、両社は共同でマイグレーションビジネスの強化を行っていきます。

ASPアプリケーションの問題点
2015年7月にWindows 2003 Serverのサポート切れがマイクロソフト社からアナウンスされています。多くのASPアプリケーションが、Windows 2003 Server上で動作しています。そのため、2015年のサポート切れの前に対策を立てる必要があります。特にインターネットに公開されているアプリケーションの場合、Windows 2003 Serverのセキュリティーパッチがあてられなくなるため、早急に対策を考える必要があります。
また、ASPで構築されているサイトでは、利用するブラウザが旧バージョンに限定されていることが多く、Windows7や8で利用するためには新しいバージョンのブラウザに対応する必要があります。
ASPアプリケーションをメンテナンスするためには、ASPやVBを理解するエンジニアが必要になります。現在、ASPやVBのメンテナンスができるエンジニアは、少なく多くのエンジニアは.NETのスキルをメインとしています。そのため、大きな機能変更をする場合などにエンジニアを集めることが難しくなっています。
さらに、決済が必要なアプリケーションの場合、ASPで開発されたサイトに決済のためのモジュールを提供している会社は少なくなってきています。そのため、決済の会社の選択肢が狭まり、最適なサービスを選択することができなくなってきています。

ASPからASP.NETへのマイグレーション事例

アイザックとオンデマンドワンは、共同で大規模のASPシステムをASP.NETへマイグレーションするプロジェクト2014年4月から8月に実施をしました。

ターゲットASPシステムとなったASPシステムは、販売管理など4つのシステムで、有効ソースコード行数は、120万行以上、画面数は200画面以上、手作業による移行は困難と判断をして、gmStudioによるマイグレーションを行うこととなりました。マイグレーションのプロセスを以下に示します。

第一フェーズ:コード変換
-コード変換・コンパイルエラー除去
-オラクルドライバ移行( oo4oからODP.NETへ移行 )
第二フェーズ:単体テスト
-ランタイムエラー除去
第三フェーズ:コーディングによる移行
-SQLインジェクション移行
-クリスタルレポートバージョンアップ

第一フェーズ、第二フェーズは、gmStudioを使い、三か月弱にて作業を完了しました。第三フェーズ以降は、エンジニアの手作業による移行を実施し、システムを構成する要素をすべて最新のバージョンでの移行を完了しました。ASP.NET化されたシステムは、以降、OSや.NET Frameworkのサポート切れの心配がなくなり、機能追加等の投資の対象として、継続運用されることになっています。

マイグレーションでは、いくつかの問題点を効率的に克服しています。解決した問題点の一例を以下にあげます。
-⇥VBの関数呼び出しで多用されていた参照呼出し(ByRef)の解決
-⇥変数の型がプログラム動作中に変更されているケース
-⇥配列に異なる型の値が格納されているケース

また、利用されていたサードパーティーのコンポーネントも最新のものに変更をしました。
-⇥oo4o( オラクルデータベースの接続ドライバ ) を ODP.NET ( .NET版)へ
-⇥クリスタルレポートをXI Release2から最新バージョンである2011へ

このマイグレーション作業により、Windows 20003 Server のサポート切れの前に最新のWindows Serverへの移行が完了しました。また、利用しているサードパーティーコンポーネント、VisualStuioのバージョン、.NET Frameworkのバージョンなど考えられるものはすべて最新のバージョンとすることができました。

gmStudioとは?
米国Great Migrations社から提供される製品です。
gmStudioはVBからC#/VB.NETへの変換とASPからASP.NET(VB/C#を選択可能)への変換をサポートします。大きな特徴は、マイグレーション後にブラックボックスとなるランタイムライブラリを含まない形でマイグレーションが可能という点です。そのため、マイグレーション後はGreat Migrations社のサポートなしでシステムのメンテナンスを行っていくことが可能です。

ターゲットツール(開発環境)としては、Visual Studio 2005、2008、2010、2012、2013や.NETフレームワーク2.0、3.5または4.0、4.5を選択可能です。

会 社 概 要

アイザック株式会社
http://www.isacnet.co.jp/
アイザックは、長年にわたり蓄積された業務知識と最新の技術を使い、企業の基幹システムの設計/開発/運用保守、及び全国約30,000ユーザーの利用実績のパッケージ商品などの、企画/開発/販売を行っております。
また、近年では、iPhone / iPad 等のスマートフォン・タブレットを利用したエンタープライズ / コンシューマー向けアプリの企画 / 開発 /販売をおこなっており、全国数千台規模のエンタープライズ向けアプリの制作実績、ユーザーへの技術サポート及び、オンサイト教育も実施しております。

オン・デマンド・ワン株式会社  
http://www.ondemandone.com/
オンデマンドワンは、日本企業のグローバル化の支援を中心として、ビジネスを展開しています。特に日本企業と海外の企業との橋渡しを得意とし、多くの実績をつんでいます。また、海外製品の日本導入に関しても実績があり、これまでに多くの日本への製品初導入の支援も行っています。
オンデマンドワンでは、gmStudioの日本導入にあたり、顧客に日本語でのサポート及び、コンサルティングサービスを提供します。日本の顧客は直接Great Migrations社に問い合わせることなく、日本語ですべてのサポートを受けることが可能です。

Great Migrations社  
http://www.greatmigrations.com/
Great Migrations社は、ソフトウェア資産を改善する企業システムの分析とリエンジニアリングツールを提供しています。30年以上の経験と独自の翻訳方法論を活用して、ビジネスクリティカルなアプリケーションの最適化に貢献しています。
Great Migrationsの製品戦略は、ITの俊敏性を向上させるリスクと混乱を最小限にし、その顧客のためのサポートコストを削減するための製品を提供することです。実績ある分析のツールの提供により、アプリケーションを正確に評価し、エンタープライズシステムを管理することが可能になります。当社のリエンジニアリングツールを活用することで、既存のソフトウェア資産を継続利用する戦略をとることが可能になります。

Great Migrations LLC
565 Metro Place South
Suite 300
Dublin, OH 43017 USA

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 オン・デマンド・ワン株式会社
代表者名 樫山 友一
業種 コンピュータ・通信機器

コラム

    オン・デマンド・ワン株式会社の
    関連プレスリリース

    オン・デマンド・ワン株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域