【 8年連続復旧実績国内No.1日本データテクノロジー 原因不明でRAIDシステム停止 RAID崩壊の恐怖とデータの復旧方法とは 】

原因不明のRAID崩壊モードにより、データアクセスが一切不可となった機器に関するお問い合わせが、官公庁・上場企業様を始めとするRAID機器を取り扱うお客様から多く寄せられております。日本データテクノロジーでは、RAID崩壊モードの機器からほぼ100%のデータ復旧に成功しておりますのでご安心ください。

国内8年連続日本No.1のデータ復旧件数(※1)を誇る日本データテクノロジー
(OGID株式会社、代表取締役社長:野口 誠)。
同社は最先端のデータ復旧技術と設備を保有し、累積復旧実績87,000件以上、RAIDサーバー復旧実績年間1,200件以上、2013年データ復旧率 95.1%(※2)という世界でも有数の高い復旧技術を保有する、データ復旧業界のリーディングカンパニーです。
また、日本データテクノロジーでは『1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧します』を使命に掲げ、官公庁や上場企業様を中心にデータ復旧を行っています。


■1.⇥原因不明のRAID崩壊に関する問合せが増加

 RAID機器にエラーアクセスが発生し、自己復旧を試みる中でRAID崩壊モードへと発展。完全にアクセス不可とのお問い合わせが後を耐えません。
 データの重要性が高いほど、RAIDの技術は不意のデータトラブルへの備えとして、官公庁・大手企業様を中心に普及されています。しかし、その技術は過信できるものではなく、突如“原因不明”のRAID崩壊が発生しアクセス不可となり、当社へデータ復旧についてご相談される例が年々増加しております。

■2.⇥2.⇥RAID崩壊にならないために事前にできる対処法とは
 
 RAID情報が正常ではなくなってしまった状態のことをRAID崩壊と言います。管理領域の中にRAID情報は書き込まれており、この情報がなければシステムが正常に稼働しません。
 このRAID情報とは非常に少ない領域に書き込まれているため、情報の1部が破損した場合ほとんどは読み込むことはできず、断片的に情報が残っている場合でも、データを正しく抽出する事はできません。
 
 RAID崩壊で持ち込まれる機器は、原因不明のエラーが発生し、お客様自身で調べるとRAID崩壊モードで手立てが無いことが分かり、当社へお問い合わせ頂く例がほとんどです。

 4月に入ってから、RAID崩壊の症状でお問合せいただいた機器のRAID情報は、全て不正な値で更新されており、データ領域に実際に保存されたデータとは全く異なる情報が書き込まれていました。お客様はアクセスエラー発生後HDDの抜き差しを繰り返されたのことでしたが、崩壊の根本的な原因はエラー発生時のものか、HDDの抜き差しによるものなのかは判断がつかないため、やはり”原因不明”のRAID崩壊となります。
 また、この機器は最初、RAID1+0でHDD4台構成のうち2台にエラーが出ているとしてお持ち込みされましたが、実際にはRAID6で構成されていました。このように担当者がRAID構成を正しく把握されていないことは少なくありません。

  【 RAID0のデータ復旧依頼が増加する理由とは 運用リスクと活用法を公開 】
   
    http://www.value-press.com/pressrelease/124185

 本来RAID6の場合HDD2台に異常が発生していても運用は続けられるはずですが、RAID情報が全く無いことでシステム自体が停止した状態でした。RAID6ですら過信できないのはこういった理由からです。

 RAID崩壊時の復旧方法としては、管理領域のRAID情報は全く機能しないため、データ領域を見て元のRAID構成を分析します。RAID1+0として持ち込まれた機器は、ミラーリング箇所が無い点や、パリティがRAID5の構成とは異なることを分析し、RAID6と断定することでデータを100%復旧致しました。

 RAID機器に異常が発生した際は、再起動やHDDの抜き差しを実施される方が非常に多く見受けられます。しかし、これらの操作によってRAID情報を壊し、一切アクセス不可となる可能性は非常に高くなります。また、RAID情報だけでなく保存されたユーザーデータ領域も破損してしまう場合があることも忘れないで下さい。

 原因不明のエラーコードによって大切なデータへのアクセス不可は、すぐにでも対処し復旧したいと考えられると思います。しかし、その実施方法や環境によってデータ損失の危険性が非常に高いこと、また復旧の難易度を格段に上げてしまうことを忘れないで下さい。
RAID崩壊のような原因不明で起きる突然のデータトラブルへの対処法は日頃からこまめにバックアップを取ることです。バックアップはメインとなる機器とはメーカーや使用の全く違う機器に取るようにすることが推奨されています。

 日本データテクノロジーでは、原因不明でRAID崩壊が発生した機器であっても、専門の技術員が分析をし、ほぼ100%のデータ復旧に成功しております。お手元の筐体に異常を感じたら、自己復旧を試みることなく、まずは専門家までお問い合わせください。365日休まず対応しておりますのでご安心ください。

 また、日本データテクノロジーのTOPエンジニアがRAIDトラブル時の対処法や過去の復旧事例を公開しておりますので、こちらもご活用ください。
 
【データ復旧のプロ直伝。RAIDトラブル時の対処法】

  http://earth0614.seesaa.net/

 【RAID復旧事例ブログ】

  http://ameblo.jp/mercury0614/

 日本データテクノロジーは皆様の御支持により、データ復旧業界において8年連続でご依頼件数国内1位の実績を残しております。データの重要性がますます高まる昨今、データ復旧サービスは欠かせないものとなって参りました。
 今後も技術の向上に邁進し、データ復旧をご利用頂く全てのお客様に御満足頂けるよう成長し続けていくことをお約束します。

■3.⇥日本データテクノロジー(サービスサイト)

  http://www.ino-inc.com

  http://www.ino-inc.com/s 【スマートフォン専用ホームページ】

■4.⇥【日本データテクノロジーについて】

OGID株式会社が運営するデータ復旧サービスの名称。
2006年~2013年 8年連続復旧実績No.1(第三者調査機関調べ)
平成11年6月14日に設立。
その後、高度な復旧技術とスピード、丁寧な対応で年々業績を伸ばす。
現状で満足することなく、1人でも多くのお客様の、1つでも多くのデータを、
1秒でも早く最も安全に復旧する為、日本データテクノロジーは復旧率と復旧スピードにこだわり続けます。

■5.⇥お取引実績につきまして、掲載の許可を頂いたお客様に関しては、コチラに掲載させて頂いております。

 http://ino-inc.com/voice/voice.html
 ※1 第三者機関調べ
 ※2 データご納品件数/データ復旧ご依頼件数 2014年1月現在 当社調べ

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 デジタルデータソリューション株式会社
代表者名 熊谷 聖司
業種 その他サービス

コラム

    デジタルデータソリューション株式会社の
    関連プレスリリース

    デジタルデータソリューション株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域