【ニュースリリース】ビジネスマンの平均睡眠時間 ランキング(発表元:INLIFE)

有限会社INLIFE(本社:大阪市天王寺区)では、2014年3月13日~3月24日の12日間、自社サイト『INLIFE』内アンケートにて「ビジネスマンの男性の平均睡眠時間&昼寝の実態」の調査を実施し、20歳~50歳の男性137名の回答を集計いたしました。

有限会社INLIFEでは、自社WEBサイト『INLIFE』やそのメルマガで定期的にアンケートを行い、結果を収集、発表しています。

2014年3月13日~3月24日の12日間、自社サイト『INLIFE』内アンケートにて「ビジネスマンの男性の平均睡眠時間&昼寝の実態」の調査を実施し、20歳~50歳の男性137名の回答を集計いたしました。

発表は『INLIFE』ランキングページにて掲載中。
【ビジネスマンの平均睡眠時間 ベスト5】
http://inlifeweb.com/ranking_index140325_e.html

◆ランキング結果

1位 5時間以上~6時間未満 35%
2位 6時間以上~7時間未満 25%
3位 4時間以上~5時間未満 16%
4位 8時間以上 8%
5位 7時間以上~8時間未満 7%

ビジネスマンの半数以上の平均睡眠時間が7時間未満という結果となった。
アンケートの詳細を見ると年代によって睡眠時間が少ない理由が若干異なっている。

「深夜番組を見ているうちに時間が過ぎて睡眠時間が減ってしまう」
「仕事が遅くなっても遊びの時間を取りたい」

など娯楽や遊びに時間を費やすことが多い若年層と

「長時間の睡眠がむしろ体調を悪くする」
「寝つきが悪く結果的に時間が短くなる」

など長時間の睡眠が肉体的に難しくなりつつある年配層の意見が見られた。


睡眠時間が短くなるとその分昼間の眠気が強くなってしまう。
特に春の陽気が強まってくる時期はなおさらである。
あわせて質問したのは最近研究で集中力アップ・ストレス発散の効果が証明されている「昼寝」について。
その「昼寝」を行っているかの回答では、

昼寝を行っている…14%
昼寝を行っていない…86%

と、多くの男性が昼寝を行っていないと回答。
その理由として挙げられていたのが

「周囲の目がある」
「そういったスペースがない」

などの物理的・心理的な問題。
仕事の効率アップが望める「昼寝」もこれらが障害となり実際には行えないビジネスマンが多いことがわかった。

◆調査詳細◆
調査テーマ・・・・・「ビジネスマンの男性の平均睡眠時間&昼寝の実態」
調査方法・・・・・WEBアンケート
回答数・・・・・137名
対象者・・・・・20歳~50歳の男性

関連サイト
INLIFE:http://www.inlifeweb.com/

企業情報

企業名 有限会社インライフ
代表者名  
業種 未選択

コラム

    有限会社インライフの
    関連プレスリリース

    有限会社インライフの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域