【 8年連続復旧実績国内No.1 日本データテクノロジー RAID/サーバー機に保存された“データベース”のデータ復旧に成功! 】

情報共有やデータの管理に不可欠であるデータベースを保存したRAID/サーバー機のトラブルに関するお問い合わせが官公庁・大手企業様を中心に年々増加傾向にあります。日本データテクノロジーでは難易度の高いとされる各種データベースの復旧に成功しております。

国内8年連続日本No.1のデータ復旧件数(※1)を誇る日本データテクノロジー
(OGID株式会社、代表取締役社長:野口 誠)。
同社は最先端のデータ復旧技術と設備を保有し、累積復旧実績87,000件以上、RAIDサーバー復旧実績年間1,200件以上、2013年データ復旧率 95.1%(※2)という世界でも有数の高い復旧技術を保有する、データ復旧業界のリーディングカンパニーです。
また、日本データテクノロジーでは『1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧します』を使命に掲げ、官公庁や上場企業様を中心にデータ復旧を行っています。

■1.⇥データベースの復旧に関するお問い合わせ急増

 重要データの管理先である、データベースを保存するRAIDやサーバー構成等のデータトラブルに関するお問い合わせが年々増加しております。
 官公庁・上場企業様を中心に顧客管理やシステム管理等の基幹業務や社内での情報共有をする際、ほぼ例外なくデータベースが使用され、それらは不意のデータトラブルに備えてRAID構成を組んだ記録媒体に保存されています。
 日本データテクノロジーでは難易度の高いとされるRAID構成に保存された各種データベースの復旧にも数多く成功しておりますのでご安心ください。

■2.⇥データベースの復旧が難易度の高い理由とは
 
 Oracle、SQL Server、Accessをはじめとするデータベースはデータの共有を安定的かつ高速で管理されることから、データ管理には欠かせないものとなり、様々な使用環境に合わせて様々なシステムが構築されています。また、データベースは殆どの場合RAID/サーバー機に保存されており、データトラブルがあった場合の復旧の難易度は非常に高いものとなります。

 データベースの復旧で最もネックとなるのは設計される容量が大きい点です。正常に稼働されている場合でも細かなトラブルが発生していることがあります。テーブルの読み込みが出来ずに当社へお持込された機器でも、一見不具合が無いように見えますが、実際は細かな部分に異常が発生しているだけというケースも少なくありません。それは、データベースはファイルのプロパティ情報・管理情報・データベースそのもののフォーマットが保存された箇所が正常であれば、異常なしと判断することから起きます。また、データベースではテーブル情報やリレーションが混ざり合っていることからも、動画データ等の容量が多い記録媒体の復旧よりも難易度が上がります。

 また、RAID構成の復旧はデータの状態が良いHDDを判断して復旧作業を行いますが、データベースに関しては復旧後にインポートしてみなければ全てのデータが正常に復旧できているか分からないため、考えられる全ての組み合わせのHDDから復旧を行います。確実にエラーが出ると考えられる組み合わせであっても、管理領域の破損のみでデータ領域には異常のない例もあるため、敢えて復旧作業を実施したことで100%の復旧に成功することも少なくありません。

 3月に入ってからデータベースの復旧に成功した例で言うと、HDD3本構成のRAID5にデータベースが保存された機器があります。1本がモーター障害、1本にバットセクタが許容量を超えて発生したことで、データへのアクセスができない状態でお持込みされました。復旧のスピードを考えるとモーター障害を直すのではなく、バットセクタの発生したHDDからデータを抽出しますが、データベースの保存容量が4GBを越えていたこともあり、全組み合わせのHDDからデータの抽出を行うことで、完全復旧に成功致しました。

 データベースではRDMSの役割が非常に重要となりますが、1つのキーを基に全ての情報をリレーションすることから、完全スタンドアローンのデータベースでない限り、データトラブルの発生時は全てのテーブルに影響を及ぼすことが考えられます。しかし、データベースをスタンドアローンで運営するのは現実的ではありません。データベース保存の機器からデータトラブルを回避するためには、機器本体の寿命を認識したうえで、日頃のメンテナンスを欠かさないことが重要です。

 当社では年間1,200件以上のRAIDデータを復旧する専門の技術員が対応いたします。RAID/サーバー機のトラブルに気付いたら、リビルドなどで自己復旧するのではなく、まずはプロにご相談ください。

 障害の発生時は復旧を試みて何らかの操作をしたり、身近な復旧ツールを用いたりすることで、既にHDDに負荷が掛かっていることからも、取り返しのつかないことになることが考えられます。データベースなどの重要な情報が保存されている機器であればすぐにシャットダウンをして詳しい専門家までお問合せください。当社では経験と実績のある専門の技術員と、その技術員より直接研修を受けたRAID専任のデータ復旧アドバイザーが多数在籍し、365日休まず対応しておりますのでご安心ください。

 また、日本データテクノロジーのTOPエンジニアがRAIDトラブル時の対処法や過去の復旧事例を公開しておりますので、こちらもご活用ください。
 
【データ復旧のプロ直伝。RAIDトラブル時の対処法】

  http://earth0614.seesaa.net/

【RAID復旧事例ブログ】

  http://ameblo.jp/mercury0614/

 日本データテクノロジーは皆様の御支持により、データ復旧業界において8年連続でご依頼件数国内1位の実績を残しております。データの重要性がますます高まる昨今、データ復旧サービスは欠かせないものとなって参りました。
今後も技術の向上に邁進し、データ復旧をご利用頂く全てのお客様に御満足頂けるよう成長し続けていくことをお約束します。

■3.⇥日本データテクノロジー(サービスサイト)

  http://www.ino-inc.com

  http://www.ino-inc.com/s 【スマートフォン専用ホームページ】

■4.⇥【日本データテクノロジーについて】

OGID株式会社が運営するデータ復旧サービスの名称。
2006年~2013年 8年連続復旧実績No.1(第三者調査機関調べ)
平成11年6月14日に設立。
その後、高度な復旧技術とスピード、丁寧な対応で年々業績を伸ばす。
現状で満足することなく、1人でも多くのお客様の、1つでも多くのデータを、
1秒でも早く最も安全に復旧する為、日本データテクノロジーは復旧率と復旧スピードにこだわり続けます。

■5.⇥お取引実績につきまして、掲載の許可を頂いたお客様に関しては、コチラに掲載させて頂いております。

 http://ino-inc.com/voice/voice.html
 ※1 第三者機関調べ
 ※2 データご納品件数/データ復旧ご依頼件数 2014年1月現在 当社調べ

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 デジタルデータソリューション株式会社
代表者名 熊谷 聖司
業種 その他サービス

コラム

    デジタルデータソリューション株式会社の
    関連プレスリリース

    デジタルデータソリューション株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域