【 8年連続復旧実績国内No.1 日本データテクノロジー オフセットが必要なRAID/サーバー機のデータ復旧に対応可能 】

システムを運用するだけでは問題のないオフセットが必要なRAID/サーバー機器のデータ復旧に関するお問い合わせは年々増加傾向にあります。日本データテクノロジーでは特有のシステムや構成設計を熟知し、データの復旧に成功しております。

国内8年連続日本No.1のデータ復旧件数(※1)を誇る日本データテクノロジー
(OGID株式会社、代表取締役社長:野口 誠)。
同社は最先端のデータ復旧技術と設備を保有し、累積復旧実績87,000件以上、RAIDサーバー復旧実績年間1,200件以上、2013年データ復旧率 95.1%(※2)という世界でも有数の高い復旧技術を保有する、データ復旧業界のリーディングカンパニーです。
また、日本データテクノロジーでは『1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧します』を使命に掲げ、官公庁や上場企業様を中心にデータ復旧を行っています。

■1.⇥各種RAID/サーバー機器特有のトラブルに対応

 重要度の高いデータを保存されている官公庁・大手企業様の使用されるRAIDやサーバー機は、運用に適した構成の開発が年々進んでいます。これらの構成やシステムによってデータトラブルが発生した場合の復旧方法は異なります。

例えば、途中からオフセットしてデータを読みにいく必要のあるRAID/サーバー機器があることをご存知でしょうか。これは、運用する分には担当者様でも気づくことのないデータの差分が存在することによるものであり、データトラブルの発生時には、知識や経験が無ければ復旧することはできません。
当社では、機器毎の特有のシステムやデータ保存方法を熟知した専門の技術員が対応致しデータ復旧に成功しておりますのでご安心ください。

■2.⇥オフセットが必要なRAID/サーバー機のトラブルと復旧方法とは
 
 当社に持ち込まれるサーバーやRAIDのデータトラブルは、機器の寿命や環境、ヒューマンエラーによって持ち込まれる場合が殆どです。これらは、全く同じ症状ということはなく環境や機器毎に症状や復旧の難易度は大きく異なります。
RAID/サーバー機には、長期運用するための工夫が成されておりますが、それらのシステムはデータを復旧する観点からすると複雑化されていることが多いため、運用の知識だけでは復旧することはできません。

 その一例として、パーティション情報が重要視されるRAID/サーバー機に使用されるシステムの1つが挙げられます。パーティションを作る際の法則はメーカーや機器によって異なり、データトラブル時の復旧方法は大きく異なります。例えば、ある段階からパーティション間に隙間領域が発生していることで、途中からはオフセットしてデータを読む必要のあるRAID/サーバーの機種があります。その為、ストライピングの巡回が成されていますが、機器のシステムにオフセットでデータを読みに行くことが組まれている為、運用の観点から見れば全く問題はありません。
しかし、オフセットをせずにデータを読もうとすると、正常なデータとして見る事は出来ません。この構造はRAID構成の機器に備わっている事からも、データ復旧する際は、パーティション情報の解析が非常に難解であり、RAID構成だけでなく特有のシステムや構造を把握する必要があります。

 パーティション情報は本来MBRを読んで情報を解析します。しかし、データトラブルの発生した機器では、管理領域内のMBR情報の破損や、何れかのパーティションのMBRが破損していることで、セクタ1つ1つの解析が必要となります。また、HDDの状態によってはMBRだけでなく管理領域の破損や、ファイルシステム自体が破損している場合があり、パーティション情報が一切読み込めないこともあります。

 オフセットを必要とするパーティション間の隙間領域は、管理領域の負担を減らす役目を持つと考えられます。こういった工夫はシステム運用にとって非常に効率的であり、年々性能は上がっていきます。しかし、これらは特有の細かなシステムであり、運用者であっても把握することはできません。データトラブルが発生した際は自己復旧を試みることで更に状態を悪くするため、機器やメーカー毎の特性を熟知していなければ、データの復旧はできません。

 当社では、データに関する様々な機器の状態・状況に備えて専門の技術員が365日休まず対応いたします。メーカー毎の特殊な構成であっても専門のチームを結成し分析・復旧を行いますのでご安心ください。お手元の筐体に異常を感じたら、自己復旧を試みずまずは専門家までお問い合わせください。

 また、日本データテクノロジーのTOPエンジニアがRAIDトラブル時の対処法や過去の復旧事例を公開しておりますので、こちらもご活用ください。
 
【データ復旧のプロ直伝。RAIDトラブル時の対処法】

  http://earth0614.seesaa.net/

 【RAID復旧事例ブログ】

  http://ameblo.jp/mercury0614/

 日本データテクノロジーは皆様の御支持により、データ復旧業界において8年連続でご依頼件数国内1位の実績を残しております。データの重要性がますます高まる昨今、データ復旧サービスは欠かせないものとなって参りました。
今後も技術の向上に邁進し、データ復旧をご利用頂く全てのお客様に御満足頂けるよう成長し続けていくことをお約束します。

■3.⇥日本データテクノロジー(サービスサイト)

  http://www.ino-inc.com

  http://www.ino-inc.com/s 【スマートフォン専用ホームページ】

■4.⇥【日本データテクノロジーについて】

OGID株式会社が運営するデータ復旧サービスの名称。
2006年~2013年 8年連続復旧実績No.1(第三者調査機関調べ)
平成11年6月14日に設立。
その後、高度な復旧技術とスピード、丁寧な対応で年々業績を伸ばす。
現状で満足することなく、1人でも多くのお客様の、1つでも多くのデータを、
1秒でも早く最も安全に復旧する為、日本データテクノロジーは復旧率と復旧スピードにこだわり続けます。

■5.⇥お取引実績につきまして、掲載の許可を頂いたお客様に関しては、コチラに掲載させて頂いております。

 http://ino-inc.com/voice/voice.html
 ※1 第三者機関調べ
 ※2 データご納品件数/データ復旧ご依頼件数 2014年1月現在 当社調べ

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 デジタルデータソリューション株式会社
代表者名 熊谷 聖司
業種 その他サービス

コラム

    デジタルデータソリューション株式会社の
    関連プレスリリース

    デジタルデータソリューション株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域