【 8年連続復旧実績国内No.1 日本データテクノロジー 特殊技術“RAID5EE”からデータの復旧に成功 】

官公庁・大手企業を中心に普及される、RAID構成のデータトラブルに関するお問い合わせが後を絶えません。日本データテクノロジーではRAID5よりもI/O速度の速い“RAID5EE”という特殊構成のRAID機器からデータの復旧に成功しております。

国内8年連続日本No.1のデータ復旧件数(※1)を誇る日本データテクノロジー
(OGID株式会社、代表取締役社長:野口 誠)。
同社は最先端のデータ復旧技術と設備を保有し、累積復旧実績87,000件以上、RAIDサーバー復旧実績年間1,200件以上、2013年データ復旧率 95.1%(※2)という世界でも有数の高い復旧技術を保有する、データ復旧業界のリーディングカンパニーです。
また、日本データテクノロジーでは『1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧します』を使命に掲げ、官公庁や上場企業様を中心にデータ復旧を行っています。

■1.⇥“RAID5EE”からデータの復旧に成功

 当社では、ホットスペア用のドライブをアレイ内に持つことで、I/Oの速度をRAID5よりも上げた5EEという特殊なRAIDレベルからデータの復旧に成功しております。
 RAIDの技術は今や、不意のデータトラブルへの備えや、データの読み書きを高速化する等の用途で、近年では重要なデータを扱う官公庁・大手企業様を中心に普及されています。一般的にRAID0,1,5,6,10等が使用されますが、「EE(E standing Enhanst)」の機能が付いた技術はまだ広くは普及されておりません。
当社ではあらゆる記録媒体の復旧依頼に対応すべく、事例の少ない機器や構成であっても専門の技術員が対応しております。



■2.⇥Adaptec社開発のRAID5EEとデータ復旧の方法とは
 
 インターフェース機器を主に取り扱うAdaptec社が独自で開発した、RAID5EEとは、アレイ内にホットスペアドライブの機能を搭載することで、トラブル発生時以外は使用されることなく待機していたドライブを使用できるという技術です。
RAID5EEはパリティの他にスペアとなる領域があることから、RAID5よりもI/Oの速度が約25%向上しています。複数人で大量のデータを読み書きすることが多い場合などに非常に有効的な技術と言えます。
 HDDの最小構成台数はスペアの分が増加される為4本で、使用可能な論理ドライブの容量は構成台数の半分です。しかし、従来のRAIDのように別個でホットスペアを組むのと比較すれば無駄はないと考えられます。また、ホットスペアに関しては、トラブルの発生時のみHDDが機能することから、いざトラブルが発生したとしても、長時間機能していなかったドライブが起動しないといった状態を回避することが出来ます。

 当社に持ち込まれたRAID5EEは、HDD1台にエラーが出たため再起動をしたところ、全くアクセスできなくなったとのことでした。エラーの原因はファイルシステム異常で、RAID崩壊となっていました。
 RAID5EEは、HDD4台構成でパリティの他にスペア領域があることでデータの保存方法が複雑化されているため、経験のない技術員であれば構成を解読することもできません。また、元はRAID5である為、HDD1台が機能していないことで、完全にRAID情報が崩れた状態となりアルゴリズムの解読は困難を極めました。

 また、今回の機器ではスペア領域に本来あるはずのない情報が書き込まれていたため、より一層RAID6と構成が酷似していました。原因としては、元々データの入ったHDDで構成されていた可能性と、エラー発生時にリビルドが掛かったことでスペア領域にも、情報が書き込まれてしまうという2つが考えられます。どちらも十分に考えられることですが、機器を実用している分には大きな問題はありません。しかし、データトラブルが発生した場合、元の構成情報を複雑化してしまう為、スペア領域に情報がないかを確認することが重要です。

 RAID5EEはまだ普及率は低く、トラブルの発生事例も多くはありません。しかし、I/Oの速度向上やホットスペアを別で用意する必要のないことからも、導入例は増え、当社へのデータ復旧に関するお問い合わせも増加傾向にあります。
 RAID技術の普及によりRAIDレベルも年々進化しております。ユーザーの使用環境やデータの重要性によって、より適した構成を選択する必要があります。お手元のRAID機器に不具合が発生した時点で、データにアクセスされていないことを確認した上ですぐにシャットダウンを行うようにしてください。一度の再起動であってもHDDに負荷を与え、重度障害へと発展してしまう可能性が非常に高くなります。
 RAIDを構築するのとデータを復旧することは全く別物です。また、RAIDレベルにも5EEのように特殊な構成では、知識がなければ絶対に復旧することはできません。日本データテクノロジーでは各種RAIDレベルに精通した専門の技術員と、データ復旧アドバイザーが多数在籍し、365日休まず対応しておりますのでご安心ください。


 また、日本データテクノロジーのTOPエンジニアがRAIDトラブル時の対処法や過去の復旧事例を公開しておりますので、こちらもご活用ください。
 
【データ復旧のプロ直伝。RAIDトラブル時の対処法】

  http://earth0614.seesaa.net/

 【RAID復旧事例ブログ】

  http://ameblo.jp/mercury0614/

日本データテクノロジーは皆様の御支持により、データ復旧業界において8年連続でご依頼件数国内1位の実績を残しております。データの重要性がますます高まる昨今、データ復旧サービスは欠かせないものとなって参りました。
今後も技術の向上に邁進し、データ復旧をご利用頂く全てのお客様に御満足頂けるよう成長し続けていくことをお約束します。

■3.⇥日本データテクノロジー(サービスサイト)

  http://www.ino-inc.com

  http://www.ino-inc.com/s 【スマートフォン専用ホームページ】

■4.⇥【日本データテクノロジーについて】

OGID株式会社が運営するデータ復旧サービスの名称。
2006年~2013年 8年連続復旧実績No.1(第三者調査機関調べ)
平成11年6月14日に設立。
その後、高度な復旧技術とスピード、丁寧な対応で年々業績を伸ばす。
現状で満足することなく、1人でも多くのお客様の、1つでも多くのデータを、
1秒でも早く最も安全に復旧する為、日本データテクノロジーは復旧率と復旧スピードにこだわり続けます。

■5.⇥お取引実績につきまして、掲載の許可を頂いたお客様に関しては、コチラに掲載させて頂いております。

 http://ino-inc.com/voice/voice.html
 ※1 第三者機関調べ
 ※2 データご納品件数/データ復旧ご依頼件数 2014年1月現在 当社調べ

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 デジタルデータソリューション株式会社
代表者名 熊谷 聖司
業種 その他サービス

デジタルデータソリューション株式会社の
関連プレスリリース

デジタルデータソリューション株式会社の
関連プレスリリースをもっと見る

  • クリックして、タイトル・URLをコピーします
  • facebook
  • slack
  • line
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域