【 8年連続復旧実績国内No.1 日本データテクノロジー 年々増加する仮想化サーバートラブルの対処法とデータの復旧とは 】

コストダウンや機器のスペックを有効活用できることから、様々な分野で導入の増えた『仮想化サーバー』ですが「サーバー機本体の不良」「ヒューマンエラー」等によるデータ復旧に関するお問い合わせが年々増加しております。日本データテクノロジーでは障害発生時、迅速に取るべき対応方法についてお伝えしております。

国内8年連続日本No.1のデータ復旧件数(※1)を誇る日本データテクノロジー
(OGID株式会社、代表取締役社長:野口 誠)。
同社は最先端のデータ復旧技術と設備を保有し、累積復旧実績87,000件以上、RAIDサーバー復旧実績年間1,200件以上、2013年データ復旧率 95.1%(※2)という世界でも有数の高い復旧技術を保有する、データ復旧業界のリーディングカンパニーです。
また、日本データテクノロジーでは『1秒でも早く、1つでも多くのデータを最も安全に復旧します』を使命に掲げ、官公庁や上場企業様を中心にデータ復旧を行っています。

■1.⇥増加する仮想化サーバートラブルの傾向とは

 コストダウンや機器のスペックを有効活用できることから、官公庁・大企業様はもちろん部署単位でも導入されている『仮想化サーバー』のデータ復旧に関するお問い合わせが年々増加しております。
中でも多いのが以下の2点です
 ・サーバー機本体のOS不良
 ・ヒューマンエラーによるファイル損失

当社では、仮想化されたサーバーであってもデータの復旧に成功しております。

■2.⇥仮想化サーバー導入のメリットと障害発生の原因とは

 サーバーの仮想化を組むことで1台の物理サーバ上に複数のゲストOSを稼働させることができるようになることから、CPUの使用率、ディスクI/Oへの負荷やディスク使用容量が小さい場合に仮想化の手段は非常に有効的です。また、物理サーバと比較して大幅にコストダウンが出来るだけでなくスペースの確保や、ハードウェアリソースを有効活用することが出来ます。また、一定の期間が経過した後ゲストOSは他の新しい物理サーバーに仮想化環境を用意して移行することが可能なため、ハードウェアの交換も必要ありません。

 しかし、他のOSがハードウェアリソースを多く使うことで、一度作られたゲストOSがその後に使われなくなったとしても残り、稼働を続けます。リソースを最大限有効に使う為には、不要と判断したOSは稼働を止めるようにしてください。

 メリットの多い仮想化サーバーではありますが、当社にお問い合わせされる障害のうち最も多いのが、サーバー機本体の故障です。メーカー毎のOSに障害が発生しているため、通常であれば新たな筐体にファイルを移行することで元のまま使用することが可能です。しかし、障害発生時に再起動を繰り返すことで中のファイルが破損している場合があります。サーバー機は本来365日24時間休まず稼働することを前提に作られている為、再起動による機器への負荷は大きく、サーバーOSだけでなくファイルを破損してしまいます。この場合の復旧難易度は非常に高くなるため、障害の発生時、再起動は絶対に繰り返さないでください。
 OS不良は事前に防ぐことが出来ない為、データの重要性が高い程ホットスタンバイを組むのが通常ですが、導入時に構築されていない例も多く当社へのお問い合わせは後を絶えません。

 次に多いのがファイルの破損です。DHCPとDNSや別の部署で作成した別のファイルなどが、それぞれがリレーションし合っているファイルであることを知らず、どちらかが不要と判断し削除することで、もう片方のファイルを破損させてしまうヒューマンエラーも多く見受けられます。この場合、使用しているOSにもよりますが、ファイル破損を認識した時点ですぐに稼働をストップしてください。仮想化サーバーに組まれた各ファイルの容量は大きいことが殆どなため、削除フラグが立つとすぐに上書きされる可能性が非常に高いとされます。

 今後も仮想化サーバーを導入される企業様は増加すると考えられます。導入時はあらゆるサーバートラブルに備えて構築を行うようにしてください。万が一トラブルが発生した場合、適切に対処するにはプロの技術がなければ復旧することはできません。1度の再起動等でデータを失う前に、まずはデータ復旧の専門家までお問い合わせください。
当社では復旧実績のある技術員から直接研修を受けた、専門アドバイザーが365日休まず対応しております。機器の状況をお伺いし、想定されるケースから、今とるべき最善の対処法についてお伝え致します。

 また、日本データテクノロジーのTOPエンジニアがRAIDトラブル時の対処法や過去の復旧事例を公開しておりますので、こちらもご活用ください。
 
 【データ復旧のプロ直伝。RAIDトラブル時の対処法】

  http://earth0614.seesaa.net/

 【RAID復旧事例ブログ】

  http://ameblo.jp/mercury0614/

日本データテクノロジーは皆様の御支持により、データ復旧業界において8年連続でご依頼件数国内1位の実績を残しております。データの重要性がますます高まる昨今、データ復旧サービスは欠かせないものとなって参りました。
今後も技術の向上に邁進し、データ復旧をご利用頂く全てのお客様に御満足頂けるよう成長し続けていくことをお約束します。

■3.⇥日本データテクノロジー(サービスサイト)

http://www.ino-inc.com
http://www.ino-inc.com/s 【スマートフォン専用ホームページ】

■4.⇥【日本データテクノロジーについて】

OGID株式会社が運営するデータ復旧サービスの名称。
2006年~2013年 8年連続復旧実績No.1(第三者調査機関調べ)
平成11年6月14日に設立。
その後、高度な復旧技術とスピード、丁寧な対応で年々業績を伸ばす。
現状で満足することなく、1人でも多くのお客様の、1つでも多くのデータを、
1秒でも早く最も安全に復旧する為、日本データテクノロジーは復旧率と復旧スピードにこだわり続けます。

■5.⇥お取引実績につきまして、掲載の許可を頂いたお客様に関しては、コチラに掲載させて頂いております。

 http://ino-inc.com/voice/voice.html
 ※1 第三者機関調べ
 ※2 データご納品件数/データ復旧ご依頼件数 2014年1月現在 当社調べ

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 デジタルデータソリューション株式会社
代表者名 熊谷 聖司
業種 その他サービス

コラム

    デジタルデータソリューション株式会社の
    関連プレスリリース

    デジタルデータソリューション株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域