片麻痺者のリハビリの効果アップ。歩行分析計「ゲイトジャッジシステム」がグッドデザイン賞を受賞

片麻痺者の歩行を可視化し、リハビリテーションの質の向上に寄与する歩行分析計「ゲイトジャッジシステム」が2013年度グッドデザイン賞を受賞いたしました。

公益財団法人日本デザイン振興会が主催する2013年度グッドデザイン賞の選考結果が発表され、
川村義肢株式会社の歩行分析計「ゲイトジャッジシステム」がグッドデザイン賞を受賞いたしました。

■ゲイトジャッジシステム概要■
片麻痺者の歩行訓練で使用する歩行可視化システムです。
従来、歩行の評価は目視によるものでしたが、
非常に細かな動きの連続である歩行を目視で評価するには限界があります。

本システムは治療に元々使用している下肢装具に着目し、
より短時間で準備から評価までを行うことを目的に開発されました。

下肢装具にセンサを内蔵したアタッチメントを取り付けると、
歩行の客観的な情報がリアルタイムにiPadで確認できます。
データは保存や比較等も可能でありリハビリテーションの質を革新的に高めるシステムです。

パシフィックサプライ製品ページ→http://www.p-supply.co.jp/products/436

■医療分野における医療、リハビリ機器の新たな方向性が感じられると評価■
機能面だけでなく、カラフルで未来的なアタッチメントの外装で、
つらいリハビリテーションに楽しみを与え、意欲、達成感の向上をもたらしているデザイン性や、
見える化、モビリティ、簡便さ、楽しさなどさまざまな側面から、
総合的に医療分野における治療、リハビリ機器に新たな方向性を感じさせるデザインだ
という点が、審査委員より高い評価を受けました。

機器とアプリ、評価手法まで治療現場に寄り添い、本システムを開発しました。
このシステムを用いたリハビリが浸透し、
一人でも多くの方が社会復帰できる社会となることを切に願います。

プロデューサー:川村義肢株式会社 安井匡
ディレクター:川村義肢株式会社 川口 敏和
デザイナー:株式会社GKダイナミックス 三富貴峰、石井 海
発売日:2013年4月1日
価 格 :945,000円
販売地域:日本国内向け

受賞の詳細は http://www.g-mark.org/award/describe/40128?token=viOTTZ7eWl
(外部サイトに移動します)

企業情報

企業名 川村義肢(株)
代表者名 川村慶
業種 医療・健康

コラム

    川村義肢(株)の
    関連プレスリリース

    川村義肢(株)の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域