baserCMS 2.1 リリース!より運営しやすいCMSに。

コーポレートサイト向けのCMSパッケージ「baserCMS」の最新版のリリースを4月5日11時に行います。今回のバージョンアップは、baserCMS2のリリース後、様々な現場でのフィードバックを取り入れ、「より運営しやすいCMS」をコンセプトに多くの改善が行われています。

baserCMSユーザー会事務局は、コーポレートサイト向けのCMSパッケージ「baserCMS」のマイナーバージョンアップ版のリリースを4月5日11時に行うと発表しました。
今回のバージョンアップは、baserCMS2のリリース後、様々な現場でのフィードバックを取り入れ、「より運営がしやすいように」をコンセプトに多くの改善が行われています。
「baserCMS」のマイナーバージョンアップは、2012年5月1日に「baserCMS2.1.0」の発表を行なって以来、約11ヶ月ぶりとなります。

■ 「baserCMS 2.1」について
今回の「baserCMS 2.1」で主に追加された内容は以下の通りです。
(1)サイト制作者向けに主に追加された機能
1. 固定ページレイアウト切り替え機能
2. 固定ページコンテンツテンプレート切り替え機能
3. 固定ページモバイル連動機能
4. 固定ページ隠しコード機能

(2)サイト運営者向けに主に追加された機能
1. ブログ記事アイキャッチ画像登録機能
2. WYSIWYGエディタテンプレート機能
3. WYSIWYGエディタスタイルセット設定機能
4. WYSIWYGエディタCSS設定機能

その他、21項目の新機能実装と34項目の変更点、そして、57項目のバグフィックス、合計112にも及ぶ変更が行われています。
詳しい内容は以下のURLをご参照ください。
baserCMS 2.1 リリースノート:http://basercms.net/release/2_1_0


■ 「baserCMS」について
「baserCMS」は、株式会社キャッチアップが開発したコーポレートサイト向けCMSを2009年10月にオープンソース化したもので、現在、約37,000回以上ダウンロードされており、2,000サイト以上での利用が確認されています。
「baserCMS」本体は無料でダウンロードでき、コーポレートサイト向けの機能を最初から装備されている事と、テーマやプラグインによる拡張のしやすさから、Web制作会社の注目を集めており、今後ますます普及が進むと予想されています。

■ ライセンスについて
baserCMSのライセンスは、自由度の高い MIT ライセンスです。
ソースコードの公開義務はなく、商用業務でも導入しやすいのが特徴です。
・THE MIT Lisence : http://sourceforge.jp/projects/opensource/wiki/licenses%2FMIT_license

■ 「baserCMS」関連サイト
・baserCMS オフィシャルサイト URL : http://basercms.net/
・baserCMS メーリングリスト URL : https://groups.google.com/forum/?fromgroups#!forum/basercms
・baserCMS ユーザーズフォーラム URL : http://forum.basercms.net/

■ baserCMSユーザー会概要
団体名 :baserCMSユーザー会
事務局所在地 :〒814-0055 福岡県福岡市西区生の松原1-19-4
代表者 :江頭 竜二(えがしら りゅうじ)
設立 :2009年 10月 21日
URL :https://sites.google.com/site/baserusers/
運営支援 :株式会社キャッチアップ URL:http://www.e-catchup.jp

企業情報

企業名 ベーサー・ファウンデーション事務局
代表者名 江頭竜二
業種 その他サービス

コラム

    ベーサー・ファウンデーション事務局の
    関連プレスリリース

    ベーサー・ファウンデーション事務局の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域