日本唯一のWASSA公認団体が 12月20日に練馬区で「JAPAN スポーツスタッキング フェスティバル」を開催

WSSA  JAPAN

2015年12月3日 12時

世界54ヵ国に広がる新競技 スポーツスタッキングの普及に努める WSSA JAPAN(所在地:東京都練馬区上井草、代表者:澤田幸男 )では、平成27年12月20日(日)に 東京都練馬区の東京女子学院にて、「WSSA公認 JAPAN スポーツスタッキング フェスティバル」を開催いたします。

▼WSSA公認 JAPAN スポーツスタッキング フェスティバル:
http://www.wssajapan.com/news11.html



■ 反射神経と集中力を競う、三世代で楽しめる新スポーツ

本大会はアメリカにある競技団体、WSSA(World Sport Stacking Association)公認の WSSA JAPANが主催する国内大会です。

12個のプラスチック・カップを使って、素早くピラミッド型に組み上げたり、崩したりするスピードを競うスポーツスタッキングは、アメリカ発祥のニュースポーツ。
激しい動きや、筋肉に大きな負荷がかかる競技ではなく、集中力と手先の器用さが求められるため、男女差や年齢にかかわりなく参加できる競技です。

子どもから祖父母世代までが一緒に楽しめるスポーツとして、WSSA JAPANでは定期的な情報発信やイベントを開催し、国内の普及に努めています。


■左右の手を使うことで養われる集中力。レクリエーションとしても有効

公式大会では「スピードスタックス」と呼ばれる専用のカップを使用し、1/1000秒単位で専用タイマーにて記録を残します。競技種目には、9個をピラミッド型に重ねる「3-3-3スタック」や、12個の「3-6-3スタック」などがあります。オフィシャルの競技団体は世界54ヵ国に広がり、12個のカップを4種類のフォーメーションで組み上げる「サイクル」では、世界記録として 5秒(5.000)が計測されています。(*1)

個人競技だけでなく団体戦もあるため、友達同士での参加や、親子でリレーしながらタイムアタックに挑戦するなど、レクリエーション活動としても人気が高まっています。


*1. WSSA Records
https://www.thewssa.com/records/



■リハビリや高齢者の認知症予防など、幅広い普及をこれからも展開します

WSSA JAPANでは、スポーツスタッキングを通じて多くの子どもたちに集中力の強化や、共同作業の楽しさを伝えるため、全国の小学校・中学校に当競技を伝えていく予定です。

また、バランスよく手先を動かす競技であるため、高齢者のリハビリテーションとしても有益なスポーツです。私たちはこれからも指導者の育成を進めながら、福祉施設での普及などに努めてまいります。

WSSA公認の団体として、来年の春3月21日(月)練馬区予定には第一回目となる「WSSA公認 ジャパンカップ」の開催も予定しています。



【大会概要】
名称:WSSA公認 JAPAN スポーツスタッキング フェスティバル
日時:平成27年 12月20日(日)10時 〜 15時30分
場所:東京女子学院 体育館
〒177-0051 東京都練馬区関町北4丁目 16-11
(西武新宿線 武蔵関駅北口より 徒歩3分)
駐車場はありません。近くのパーキングを各自でお探し下さい
参加費:2,000円(税込み)見学は無料
・参加費は当日現金でお支払いいただきます
・1人分の料金で、兄弟や保護者の方もエントリーしていただけます

大会スケジュール:
10時 〜 エントリー受付
10時30分 ~ 11時30分 スタッキングフェス体験会、集合写真撮影
12時30分 ~ 15時   公式タイム測定(記録にチャレンジ)

<特徴>
競技では、9個のカップを使う「3-3-3」および、12個の「3-6-3」と、それらを組み合わせた「サイクル」のスピードを競います。
本大会は、孫から祖父母までの三世代が、一緒に楽しめるイベントであり、障害のある方にも参加していただけるスポーツです。



【WSSA JAPAN について】
所在地:〒177-0042
代表者:澤田 幸男
URL: http://www.wssajapan.com/
メールアドレス:kids@1975sawada-sc.com
事業内容:スポーツスタッキング大会開催
イベント開催
指導者講習会
スピードスタックス カップ販売


【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:WSSA  JAPAN
担当者名:澤田 康徳
TEL:0339950298
Email:fine0121ys@yahoo.co.jp

リリース添付資料

応援するとは?

応援ボタンを押すと、このプレスリリースがランキングで上位表示され、記者から閲覧されやすくなります。
また、FacebookやTwitterでシェアすることによって、より多くの記者・一般ユーザー・業界関係者の目に留まる手助けができます。

ログインして応援しよう

応援にはFacebookアカウントが必要です。

Facebook 認証中

ValuePress!が許可なく
Facebookなどへ投稿することはありません。

検索結果