プレスリリース配信・PR情報サイト。

詳細検索

K 農林水産に関するプレスリリース

農林水産のプレスリリースが988件見つかりました。このページでは「JA、就農、農業法人、森林、漁村、産地直送、食育、スローフード、無農薬、有機野菜、農業ベンチャー」など、農林水産に関する最新プレスリリースを57,991社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された農林水産のプレスリリースを探すことができます。

農山村地域を守る担い手を育てる活動を応援できるチャリティーアイテムを2月11日(月)から1週間限定販売

京都発のチャリティー専門ファッションブランド『JAMMIN(ジャミン)』(京都)は、過疎や地方文化の継承などの問題に取り組む全国各地の思いをつなぎ、交流の輪を広げるために活動する『認定NPO法人JUON(樹恩)NETWORK 』(東京)と提携し、オリジナルデザインを製作。チャリティー付きのアイテムとして、2月11日(月)から2月17日(日)まで、JAMMIN ECサイト(jammin.co.jp)で1週間限定にて販売いたします。

JAMMIN合同会社

  • !2019年2月11日 18時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

樽脇園のポップアップストアが吉祥寺にオープン!希少なオーガニックのシングルオリジンのお茶5種と、『新月の茶』と『満月の茶』を、信楽焼の茶器で楽しむお茶会を開催☆

2019年2月14日(木)~16日(土)の期間限定で、吉祥寺に、樽脇園の初めてのポップアップストアをオープンします。「樽茶会(たるちゃかい):樽脇園園主・茶農家の樽脇ヤスアキとオーガニックの川根茶を楽しむ会」と称して、2つのテーマのワークショップ、①「オーガニックのシングルオリジン5種を楽しもう」、②「月のリズムに合わせて摘んだお茶『新月の茶』と『満月の茶』を楽しもう」と、ゲストをお招きしての、「BioCha(有機茶)が美味しい理由」をテーマとしたトークイベントを開催します。また、ワークショップで登場する各種シングルオリジンのお茶、『新月の茶』と『満月の茶』、樽脇園オリジナルの信楽焼の絞り出し "KAWANE630" 等の販売を、併設して行います。

株式会社樽脇園

  • !2019年2月7日 13時
  • a農林水産
  • a告知・募集

障がい者就農支援のファーマーズマーケットが野菜のネット販売開始  EC仕入れサービス「REACH STOCK」でスイスチャードなど販売

障がい者の就農支援を行う(株)ファーマーズマーケットは、2019年 2月 1日より、生産者と飲食店をつなぐEC仕入れサービス「REACH STOCK」(https://reachstock.jp/)にて、自社で生産した野菜の販売を開始しました。「ミニスイスチャード」と「ミニサラダ小松菜」の2品目から販売をスタートし、2月中に「パクチー」と「サラノバレタス」を追加する予定です。

株式会社ファーマーズマーケット

  • !2019年2月1日 16時
  • a農林水産
  • a製品

【出張イチゴ狩り】日本初のイチゴ狩りの出張サービス「出張イチゴ狩り」2019年1月より本格的にサービス開始!

1月15日はいちごの日!日本初の農業体験の出張サービス「出張農園」を運営しているJAFRECが2019年より「出張イチゴ狩り」サービスを本格的に展開いたします。出張イチゴ狩りは、イチゴ農園に行かなくてもどこでも「イチゴ狩り」体験ができるサービスで2018年1月より試験的にサービスを開始しております。

NPO法人日本農林再生保全センター

  • !2019年1月15日 18時
  • a農林水産
  • aサービス

完熟きんかん「たまたま」出荷解禁!

今シーズンの宮崎県産完熟きんかん『たまたま』の出荷が1月15日から始まります。 きんかんは昔から健康に良いと言われていますが、宮崎県産の完熟きんかん「たまたま」にはビタミンCやビタミンEが含まれており、今年から、これらの栄養素の機能や含有量を表示する「栄養機能食品」として販売を開始します。

宮崎県農業連携推進課 みやざきブランド推進室

  • !2019年1月15日 6時
  • a農林水産
  • a製品

「Puchi OKOC BLACK」(ぷちおこしーぶらっく)新発売! 長崎県民おなじみのあの味をリノベーション

森長は、創業225年目の節目の年にあわせて、自社の看板商品である黒糖を使った「黒おこし」を近年のニーズに合わせてリノベーションした、ぷちおこしー「Puchi OKOC BLACK」を発売いたします。 手軽にめしあがっていただける平成版おこしの、Puchi OKOC(ぷちおこしー)シリーズに新たに加わった今回の味は、森長の黒おこしの味をそのままに食感をサクサクに仕上げました。 諫早といえば「おこし」、そして「森長(もりちょう)」と言えば、「黒おこし」。 江戸時代から作り続けたこの商品が、初めてその形状と食感を変えて生まれ変わりました。 かねてからご愛顧いただいている皆さまをはじめ、「おこし」を知らない世代まで広く召し上がっていただきたい一品です。

株式会社菓秀苑森長

  • !2019年1月8日 10時
  • a農林水産
  • a製品

JAISAスマートアグリシンポジウム in 富山

農業ITってどんなサービスがあるの?何を使ったらいいの?農業者の皆様が抱えている「農業IT」に関する問題や疑問にお応えいたします。

日本農業情報システム協会

  • !2019年1月7日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

JAISAスマートアグリシンポジウム in 福井

今回初となる福井でのシンポジウム開催です。 本イベントでは農業ITってどんなサービスがあるの?何を使ったらいいの?農業者の皆様が抱えている「農業IT」に関する問題や疑問にお応えいたします。

日本農業情報システム協会

  • !2019年1月7日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

全国最年少の6次産業化プランナーが公式サイトをOPEN! 地域と生産者を笑顔にするための専門家の窓口として。

エモーショナトライブ(本社:東京都大田区、代表:井上嘉文)は、2018年12月28日に公式サイトをOPEN、行政と連携した「食」のプロデュースを通じて、日本の生産者や地域の魅力を伝える取り組みを公開した。

エモーショナルトライブ

  • !2018年12月29日 11時
  • a農林水産
  • aサービス

出資受け入れ決定に関するお知らせ

農業生産・販売を手がける アークフィールド株式会社(本社:福岡県久留米市、代表取締役社長:髙橋 彦太郎)は、「FFG農業法人成長支援投資事業有限責任組合(FFG農業法人成長支援ファンド)」より出資受け入れを決定致しました。

アークフィールド株式会社

  • !2018年12月25日 10時
  • a農林水産
  • aその他

ブランド米プロジェクトを登米市の地域おこし協力隊が、クラウドファンディング通じ開始しました

 浅水コミュニティ運営協議会で活動する地域おこし協力隊 齋藤翠が「浅水のお米を振興する会」を立ち上げ、この度、平成30年12月13日よりクラウドファンディングプラットフォームFAAVOの「みやぎ食と農クラウドファンディング支援事業」にて浅水地区のお米のブランド化のプロジェクトを開始いたしました。

浅水コミュニティ運営協議会

  • !2018年12月19日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

兵庫県政150周年記念県民連携事業「ミシュラン食材の里・上青野で新そばを使ったそば打ち体験」告知

都市と農村が融合するまち・三田市。近年は、消費者や飲食店と直接つながって契約栽培やコラボレーションを行う取り組みが増加しています。三田市上青野集落では、「ミシュランガイド2016兵庫特別版」に掲載されたそばの名店「ねじきそば時夢館(篠山市今田町黒石)」との契約栽培に取り組んでおり、高品質で香りの良いそばは高い評価を受けています。  「ミシュラン食材」の新そばを使ったそば打ち体験を通して、食・農の多面的な価値を共有しましょう。当日は、ミシュランガイド掲載のそば職人、そば生産者(上青野営農組合)との交流を通して、生産者・消費者の相互理解を進める取り組みとなることを期待します。

合同会社地域資源総合研究所

  • !2018年12月4日 16時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

兵庫県政150周年記念事業「ひょうごコミュニティビジネスフォーラム -儲かる農業の実践!兵庫の地域資源を生かしてナリワイを創出する-」

都市近郊である兵庫県の強みを生かし、次世代に強い農業・農村を残していくため、「農で1200万円!」著者・西田栄喜先生、猟師・吉原剛史先生をお招きしてコミュニティビジネス実践者の取り組みを学ぶフォーラムを実施します。(兵庫県政150周年記念県民連携事業)

合同会社地域資源総合研究所

  • !2018年11月30日 0時
  • a農林水産
  • a告知・募集

ファームうえぐしの畑を荒らす、ふとどき者から美味いぶどうを守るぜ!プロジェクト

私たちが作る「旨いぶどう」たちを守りたい⁉自然の中の山里にはふとどき者が多くいる。私たちが一生懸命世話をしてぶどうたちを育てているのに…それを「ありがとう、ごちそうさま」とも言わずに、目を盗んでかっさらっていく!!そんな獣たちから守る為に逆動物園状態!?そう、ぶどうをハウスの中に入れちゃわないと!

ファームうえぐしのしあわせにっこりおいしいぶどうたち!!

  • !2018年11月25日 15時
  • a農林水産
  • aサービス

食と農のワークショップ-農家と栄養士のトークショーin太陽のマルシェ勝どき-

11/10,11(土日)に行われる太陽のマルシェですが、太陽のマルシェを運営している代官山ワークス様からご提案があり、メルカード東京農大と関係者、また東京農大卒業の関連会社(生産者や醸造家など)を中心とした「農大マルシェ」を行うことになりました。同イベントでは管理栄養士で福島県観光大使の食のワークショップなどを企画しております(ブースはW3です)。

株式会社みんなの農業

  • !2018年11月9日 10時
  • a農林水産
  • aその他

セイノーHD×ファームシップ:中京地方で複合機能型植物工場稼働へ

株式会社ファームシップは、セイノーホールディングス傘下の東海西濃運輸株式会社との包括的業務提携に基づき、岐阜県土岐市での新規植物工場の運営を開始します。1階部分が物流センター、2階部分が植物工場として新規に建設される、大規模植物工場としては世界初の複合機能型植物工場で、2019年6月に稼働開始を予定しています。

株式会社ファームシップ

  • !2018年11月7日 10時
  • a農林水産
  • a企業の動向

森づくりに取り組む各地の森林ボランティア団体を応援できるチャリティーアイテムを11月5日(月)から1週間限定販売

 京都発のチャリティー専門ファッションブランド『JAMMIN(ジャミン)』(京都)は森林ボランティア団体・森林所有者・市民・行政関係者・企業とをつなぎ、新しい社会システムとしての「森とともに暮らす社会」の創出を目指して活動する「NPO法人森づくりフォーラム」(東京)と提携し、オリジナルデザインを製作。チャリティー付きのアイテムとして、11月5日(月)から11月11日(日)まで、JAMMIN ECサイト(jammin.co.jp)で1週間限定にて販売いたします。

JAMMIN合同会社

  • !2018年11月5日 18時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

【オリザ鹿児島ファーム・ファームフェス・太陽ガス・鹿児島こども食堂ネットワーク】鹿児島のこども食堂のこども達が地元企業の協力を受け、芋掘りとバーベキューを体験

オリザ鹿児島ファーム株式会社(本社:鹿児島県いちき串木野市、代表取締役:小平勘太、以下オリザ鹿児島ファーム)と、かごしまこども食堂・地域食堂ネットワーク(鹿児島県鹿児島市 代表:園田愛美) は、太陽ガス株式会社(本社: 鹿児島県日置市、代表取締役小平竜平)がオリザ鹿児島ファーム内に契約する太陽ガスファームにて、鹿児島市の「森の玉里子ども食堂」を利用しているこども達と、その近隣にある母子生活支援施設の小中学生とお母さん、職員さん約20名を招待して、農業収穫祭のイベントを実施しました。

オリザ鹿児島ファーム株式会社

  • !2018年11月1日 9時
  • a農林水産
  • a企業の動向

伊勢桧を使用した木製品mo-ku(モーク)

三重県飯高町で材木業を営むマルゴ株式会社が、伊勢の木を使用した小物や家具などの新ブランド「モーク」を立ち上げました。木のぬくもりを感じる幸福感を伝えたくて、ひとつの小物から大切に職人が手作りしています。

マルゴ株式会社

  • !2018年10月31日 10時
  • a農林水産
  • a製品

JAISAスマートアグリシンポジウム in 松江 開催のお知らせ

農業の課題をITで解決する「スマートアグリ」に取り組む企業が、最先端のスマートアグリ事例紹介と最新ソリューションの展示を行います。

日本農業情報システム協会

  • !2018年10月30日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

c地域特集

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る