プレスリリース配信サービス

詳細検索

K 農林水産に関するプレスリリース

農林水産のプレスリリースが1,048件見つかりました。このページでは「JA、就農、農業法人、森林、漁村、産地直送、食育、スローフード、無農薬、有機野菜、農業ベンチャー」など、農林水産に関する最新プレスリリースを59,672社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された農林水産のプレスリリースを探すことができます。

日本製 農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」無料体験&十勝のドローン事業者が大豆・麦類・じゃがいものドローン防除事例を紹介

ドローン総合サービス事業を行う株式会社FLIGHTS (本社 : 東京都品川区、代表取締役 : 峠下 周平) は、農薬散布ドローン「FLIGHTS-AG」(フライトエージー)の無料体験&十勝のドローン事業者 合同会社Gardenによる大豆・麦類・じゃがいものドローン防除事例の紹介等を行う体験会を、1月24日(金)13:30〜帯広畜産大学にて開催します。

株式会社FLIGHTS

  • !2020年1月14日 15時
  • a農林水産
  • a製品

スマート農業の未来を考えるイベント「スマートアグリ・シンポジウム in富山」 開催のお知らせ(2020年1月19日)

例年、農閑期のこの時期に、農業の課題をITで解決する「スマートアグリ」に取り組む企業が会し、最先端のサービスや事例をご紹介している本シンポジウムにおいて、今年は特に農家の課題となっている『除草』をテーマといたします。農家の人材不足問題解消の取り組み事例のご紹介や耕作放棄地増加の問題について専門家の講演、『自走草刈り機』の展示もございます。

日本農業情報システム協会

  • !2020年1月11日 17時
  • a農林水産
  • a告知・募集

こんなのはじめて!? 天草でデコポンとひと味違う、もぎたてフレッシュなみかんの収穫を楽しもう

柑橘の収穫シーズンがはじまりました。fao agrocommunication(熊本県天草市、代表:筒井永英)は、2019年12月より、フレッシュなもぎたてデコポン品種(不知火)のみかんの収穫体験ができるプランをスタートします。

fao agrocommunication

  • !2019年12月27日 15時
  • a農林水産
  • a企業の動向

唐沢農機サービス、店内に「STIHLShop」をオープン 常時100点の品揃えを確かな技術・サービスと共に

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)は2019年12月21日(土)、ドイツに本部を持つ農林緑化機械メーカー スチール(STIHL)社の正規販売店「STIHLShop」を本社・展示場(長野県東御市鞍掛846-1)内にオープンしました。 インショップ形式の特設コーナーに常時100点に上る品揃えを実現。人気の高い同社製品を心ゆくまで見て・触って・体験できる売場空間にて展開するほか、2月1日・2日の二日間でオープンを記念した展示会も開催します。

株式会社唐沢農機サービス

  • !2019年12月25日 10時
  • a農林水産
  • a企業の動向

Jum 全国中古農機具市場がリニューアルオープン!〜農機具業界のIT革命!〜

株式会社アグリステージ(所在地:三重県明和町、代表:中山張男)は、9月からインターネットで農機具売買を行う「全国農機具市場 Jum」をリニューアルオープン致しました。買いたい人にも売りたい人にも、簡単で便利な、それでいて安心できる農機具売買を行えるようなホームページとなりました。

株式会社アグリステージ

  • !2019年12月19日 14時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

唐沢農機サービス、社員採用に「夢追い枠」を設置 プロ・セミプロ目指す夢追い人を応援、スポンサー契約も視野に

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)では、働き方改革に関する取り組みの一つとして、2019年12月から採用制度に「夢追い枠」を設けました。スポーツや芸術活動などで将来的にプロ・セミプロを目指す人たちは、「夢追い枠採用」の特権として自身の勤務形態を自由に決めることができるよう、会社として最大限の支援をしていきます。活動が軌道に乗った暁にはスポンサー企業としての契約も視野に入れ、「夢」を優先する価値観と柔軟な働き方を後押ししていきます。

株式会社唐沢農機サービス

  • !2019年12月18日 10時
  • a農林水産
  • a企業の動向

12月17日(火)、「梅田1丁目美味しい市場~りんご祭り~」開催 ~青森・長野のりんご農家より全14品種のりんごをご紹介~

梅田一丁目美味しい市場事務局では、JR大阪駅南側の大阪駅前ダイヤモンド地下街(ディアモール大阪)内のイベントスペース「ディーズスクエア」にて、産地から選りすぐりの事業者を集めて「梅田1丁目美味しい市場」(都市型マルシェ)〜りんご祭り〜を12月17日(火)14時~19時に開催します。 【「梅田1丁目美味しい市場~りんご祭り~」の開催概要】 共  催:合同会社グリーンラボラトリー/ 大阪市街地開発株式会社/ 開催日時:2019年12月17日(火)14時~19時  *なくなり次第終了 実施内容:12月の旬食材「りんご」の産直販売 会  場:ディアモール大阪内 円形広場横 イベントスペース「ディーズスクエア」 アクセス:大阪府大阪市北区梅田1丁目

一般社団法人グリーンカラー

  • !2019年12月11日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

「農」ある暮らしを体感できる! 農業公園「あい農パーク春日井」が11月2日、愛知県春日井市にオープン

小さなお子さんからシニアの方まで、どなたでも楽しみながら農業や食に触れることができる農業公園です。自身で収穫した野菜をその場で味わえるバーベキュー施設やカフェもあり、農業や作物に興味を持つきっかけづくりをめざします。

春日井市

  • !2019年12月6日 14時
  • a農林水産
  • aサービス

業界初、オリーブ栽培に関する特許を取得

NPO法人やまぐちオリーブ協会(本社:山口県)は、このほどオリーブ栽培方法に関する特許を取得しました。業界初の特許取得となります。一般的な手法では、結実までに4~5年を要するものを定植後翌年には結実させること、単位面積あたりのオリーブ実収量を数倍にさせることを特長とする同社のオリーブ栽培メソッドを構成する重要な特許技術となります。今後はこの特許技術を含むオリーブ矮化栽培技法を広めるための諸活動を展開していきます。

NPO法人やまぐちオリーブ協会

  • !2019年12月6日 12時
  • a農林水産
  • aサービス

三浦はねっ娘会「春の七草」の通信販売(農家直送)を始めます。

三浦はねっ娘会の有限会社岩崎ファームは、今シーズンから消費者の多様なニーズに応えるため、春の七草の通信販売を始めます。江戸時代から広まり、正月のご馳走で疲れた胃を休める意味合いもある七草粥。農家直送の新鮮な春の七草をいかがでしょうか。

有限会社岩崎ファーム

  • !2019年12月4日 13時
  • a農林水産
  • aサービス

岡山と言えばカブトガニ?!世界唯一のカブトガニ博物館 館長へ特別インタビュー、小さいふ岡山モデル「カブトガニ」ハンズ岡山店にて発売

発売を記念して世界唯一のカブトガニ専門の博物館「カブトガニ博物館」でカブトガニを研究されて40年の館長 惣路紀通さんへのインタビューを公開 「大阪製ブランド」に認証されたレザーファクトリーブランド「小さいふ。クアトロガッツ」を運営する株式会社ガッツ(所在地:大阪府茨木市、代表:中辻大也)は、各都道府県の文化や誇りをデザインした「47都道府県シリーズ」の第三弾として岡山県モデル「カブトガニ」を12月5日(木)より東急ハンズ岡山店と公式ウェブショップにて同時発売、発売を記念してカブトガニ博物館 館長の特別インタビューを公開。

株式会社ガッツ

  • !2019年12月3日 12時
  • a農林水産
  • a製品

和ハーブ×地域文化  第3回「和ハーブシンポジウム」を東京・お茶の水で開催!

和ハーブの正しい情報提供と地域での普及を目的に、検定試験の実施と検定資格の認定を行う一般社団法人和ハーブ協会(事務局:東京都中央区、理事長:古谷暢基)は、2019年12月07日(土)に、3回目となる「和ハーブシンポジウム」を東京・お茶の水で開催いたします。

株式会社ルーシーダットン

  • !2019年12月3日 9時
  • a農林水産
  • a告知・募集

農家の2大負荷を軽減、決済おまとめ&発送お助けサービス。有機農産物の売り手と買い手をつなぐプラットフォーム「farmO」に新機能

持続可能な農業の普及を目指す、株式会社坂ノ途中(京都市/代表取締役 小野邦彦)は、2019年12月2日にWEBサービス farmO(ファーモ)において、決済の簡便化をはかる「決済おまとめサービス」、配送コストの低減をはかる「発送お助けサービス」機能をリリースしました。2020年度中に2000軒の生産者の利用を見込んでいます。

株式会社坂ノ途中

  • !2019年12月2日 16時
  • a農林水産
  • aサービス

一次産業に特化した人材サービスを展開するLife Lab、農業専門クラウド勤怠管理システム「第一次産業ネット勤怠」正式リリース ~農業の世界にも働きかた改革を~

【農業の世界にも、働きかた改革を。利用は完全無料。まずは勤怠管理から。】 農業・林業・漁業専門の求人情報サイト「第一次産業ネット」を軸に、一次産業における人材リーディングカンパニーとして、総合人材サービスを展開する株式会社Life Labが、農業専門のクラウド勤怠管理システム「第一次産業ネット勤怠」をリリースしました。農業界特有の事情にも対応した各種機能を備えております。 農業分野は深刻な人材不足が問題となっています。しかし人材の確保・定着に欠かせない「労務管理」の水準が、農業界は他産業に比べて低い状態です。そこでLife Labは、人材サービスで数多くの農家・農業法人と求職者をマッチングしてきた実績を基に、農業界の労働環境水準を高めるため、その第一弾として「第一次産業ネット勤怠」をリリースする運びとなりました。 より多くの農業者に使っていただくため、完全無料にてサービスを提供します。

株式会社Life Lab

  • !2019年12月2日 15時
  • a農林水産
  • aサービス

スマート農業の未来を考えるイベント 「スマートアグリ・シンポジウム in あおもり」 開催のお知らせ

2019年12月13日(金) 、青森市にて「スマートアグリ・シンポジウム in あおもり」を開催致します。 一般社団法人 日本農業情報システム協会(JAISA)が主催する、青森県初となる次世代農業の発展のためのスマート農業シンポジウムになります。 「スマートアグリ」に取り組む最先端のサービスや事例の紹介と討論をおこない、最新技術の情報を発信し、農業経営の向上及び農業の発展に寄与することを目的といたします。最先端のスマート農業ソリューション、センサー、サービスの紹介や、青森県内でのスマート農業運用事例や、実証報告などおこない青森式スマート農業の現在地と未来を考えていくイベントです。

日本農業情報システム協会

  • !2019年11月21日 11時
  • a農林水産
  • a告知・募集

鳥獣被害の対策地域応援アプリ「.Wanna! (ドットワナ)」 の無料体験版を提供開始

ワークビジョンは、鳥獣被害の対策地域応援アプリ「.Wanna! (ドットワナ)」 の無料体験版を提供を開始しました。持続的な鳥獣対策活動に向けて、神奈川県小田原市と慶応義塾大学一之瀬研究室の協力で実証実験を展開中です。

株式会社WorkVision

  • !2019年11月18日 11時
  • a農林水産
  • aサービス

12月8日は「有機農業の日」 オーガニック食品詰め合わせが当たる 「みんなのオーガニックフォトコンテスト2019」をInstagramで開催

12月8日の「有機農業の日(オーガニックデイ)」を記念してSNS上でフォトコンテストを実施します。オーガニック商品を扱う企業様や店舗様のご参加も大歓迎です。ロゴデータはウェブサイトから自由にダウンロードして利用可能。関連イベントや販促企画・キャンペーンがございましたら公式サイトやSNSでもご紹介させて頂きますので、ぜひご連絡ください。フォトコンテストのチラシ送付も可能です。

「有機農業の日」事務局 (ODM Office)

  • !2019年11月14日 12時
  • a農林水産
  • aキャンペーン

12月12日 すべての命は種から始まる 岡本よりたか氏「自家採種は生きる権利」講演会開催 ~根本を知って学ぶことで意見を持つために・ 八ヶ岳ママ 達 が企画

このたび、「みんなで考えよう!わたしたちの暮らし シリーズ企画」として種に関わる活動を日本全国で行っている 無肥料栽培家・環境活動家である岡本よりたか氏を講師としてお招きして、種にまつわる現状を学ぶ講演会を開催いたします。

種まきする八ヶ岳ママの会(旧 食と健康を考える会)

  • !2019年11月14日 10時
  • a農林水産
  • a告知・募集

唐沢農機サービス、キャッシュレス・ポイント還元事業加盟店登録完了

株式会社唐沢農機サービス(所在地:長野県東御市、代表取締役:唐澤健之)では、2019年10月31日付で、政府が推進するキャッシュレス・ポイント還元事業において事業者として加盟店登録を完了。唐沢農機の店頭で農機・小物商品などの購入、修理・整備サービス等のキャッシュレス決済を利用したお客様に対して、商品金額の5%を還元する。

株式会社唐沢農機サービス

  • !2019年11月6日 18時
  • a農林水産
  • a企業の動向

ROSE LABOの「食べられるバラ」への取り組みが、「マイナビ農業アワード」で最優秀賞&優秀賞をW受賞!6次産業化の成功が高く評価

就農人口は20年間で81万人も減少。しかも60代以下の従事者はわずか93万人と、日本の農業は衰退の危機が叫ばれています。そのような中、農家や農業関係者の挑戦や成功事例を表彰する「マイナビ農業アワード2019」が開催。無農薬の「食べられるバラ」に特化して開発・栽培から商品企画・販売までおこなうROSE LABOなど8組が表彰されました。

ROSE LABO株式会社

  • !2019年11月5日 16時
  • a農林水産
  • a企業の動向
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

c地域特集

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る