プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,771社の実績で国内NO.1

詳細検索

M 技術開発成果報告に関するプレスリリース

技術開発成果報告のプレスリリースが576件見つかりました。このページでは「研究、特許、技術検証、研究成果、ライセンス、産学連携、グッドデザイン賞、新エネルギー、宇宙航空、先端技術」など、技術開発成果報告に関する最新プレスリリースを55000社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された技術開発成果報告のプレスリリースを探すことができます。

澤藤電機と岐阜大学が共同開発中の水素製造装置「プラズマメンブレンリアクター」の水素製造量を従来比倍増、アンモニアから高純度水素を毎時300リットル製造

このたび、澤藤電機株式会社 (代表取締役社長 吉川 昭彦) は、国立大学法人岐阜大学 (工学部 化学・生命工学科 神原 信志 教授) との共同研究により開発してきた、プラズマを用いた水素製造装置「プラズマメンブレンリアクター(PMR)」(以下、PMR)の水素製造量を従来と比較して倍増させることに成功しました。従来のPMRでは水素製造量を増やすために、アンモニア供給量を増しても150NL/h以上の水素製造量が得られませんでした。今回、PMRの電極間にアンモニア吸着剤(以下、吸着剤)を充填するなどの改良(特許出願中)により、アンモニア供給量に伴って水素製造量が増加することを確認し、従来と比較して2倍の水素製造量300NL/hが得られるようになりました。本技術は、アンモニアを原料にして水素を製造することで、CO2フリーの水素社会実現へ向けた技術として期待されます。(* NL/h (0℃、1気圧での1時間あたりの発生量))

澤藤電機株式会社

  • !2019年6月17日 14時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a技術開発成果報告

中小企業向け「合同会社パラゴン版働き方改革関連法対応ツール」:全国医書同業会主催第84回研修会にて初披露

合同会社パラゴン(本社:東京都港区)の代表社員 櫻澤 博文が「全国医書同業会」(事務局:東京都文京区)第84回研修会にて (1)働き方改革関連法に簡単に対応する方法、 (2)最前なる人的資源管理の在り方や企業の永続性への処方箋 以上を開発したツールを使って指南すると共に評価してもらったところ、好評をはくしました。

合同会社パラゴン

  • !2019年6月17日 13時
  • aビジネス・人事サービス
  • a技術開発成果報告

株式会社メタジェン、森下仁丹株式会社と共同で特許出願、 「MGNavi®」でビフィズス菌カプセルに対するレスポンダー予測を開始

株式会社メタジェンと森下仁丹株式会社は、ビフィズス菌カプセル摂取時に排便回数が増加するレスポンダーを予測する方法を発明し、特許の共同出願を行いました。また、今後当社の次世代腸内環境評価・層別化サービス「MGNavi®」において、ユーザーの腸内環境タイプがビフィズス菌カプセル摂取に対するレスポンダータイプであるかの予測を、サービスの一環として実施していく予定です。

株式会社メタジェン

  • !2019年6月14日 16時
  • a医療・健康
  • a技術開発成果報告

CSPayは世界のどこでもスマートフォン1つでビットコインQRコード決済できます!!!

CSPayは世界のどこでもスマートフォン1つでビットコインQRコード決済できます!!!

CSPay

  • !2019年6月13日 15時
  • a金融・保険
  • a技術開発成果報告

iExecがブロックチェーンを使用してデータとAIモデルを貸し出すための企業向けのデータウォレットをリリース

iExecは、クラウドリソース(計算能力、データセット、およびアプリケーション)のための初の分散型マーケットプレイスです。この革新的なマーケットプレイスでは誰もが自分のアプリ、サーバー、およびデータセットを収益化できます。 iExecはフランスと中国に強力な研究チームを擁していて、Intel, IBM, Alibaba, Ubisoftなどとコラボレーションをしています。 今回、iExecは日本における認知度を上げて、ユーザー、またはコラボレーターを獲得するために日本市場に進出することを決定しました。 2019年5月にリリースされたiExec V3では、 ・データウォレット ・企業向けの「iExec for Enterprise」 ・個人から提供されるコンピューティングパワーを集約する「Public Worker pool」 など、多くの新機能の導入とアップグレードが実施されています。

iExec

  • !2019年6月6日 11時
  • aネットサービス
  • a技術開発成果報告

プロボノとの連携で寄付者管理ツールを導入 Dynamics 365 を活用して社会課題解決の加速目指す

子ども・若者支援に取り組む認定NPO法人育て上げネットは、生活困窮状態や家庭環境の課題を抱える若者も安心して支援を受けられるよう、広く寄付を募ることにも力を入れています。多様な寄付の方法から選択して寄付をすることができる一方で、データの統合・整理が複雑化し、管理コストの最小化に課題を抱えていました。この度、日本マイクロソフト株式会社が行うNPO向け寄贈プログラムを通じて、寄付者管理システムを導入しました。

認定特定非営利活動法人育て上げネット

  • !2019年5月31日 13時
  • aその他サービス
  • a技術開発成果報告

全プラン定期購入機能が使える EC ショップ構築システム『クラフトカート』 システム連携した決済方法として「Amazon Pay」に対応

株式会社クロフトクラフト(本社:東京都調布市、代表取締役:岩田範博)は、クーポンや会員ランク等のセール機能と全プラ ン定期購入機能が使える EC ショッピングカートシステム『クラフトカート(英語名:CraftCart)』の決済連携サービスとして、 Amazon アカウントを使用した決済サービスである「Amazon Pay」と連携しました。

株式会社クロフトクラフト

  • !2019年5月23日 14時
  • aネットサービス
  • a技術開発成果報告

エフセキュア、AV-TESTの 2018年度「Best Protection Award」を2部門で受賞

エフセキュアは、世界的なセキュリティ・ソフトウェア評価機関であるドイツAV-TESTが授与している「Best Protection Award」において当社のF-Secure Protection Service for Business (PSB) が2018年度の「Best Protection for Corporate Users」を、F-Secure SAFE が同「Best Protection for Consumer Users」をそれぞれ受賞したことを発表しました。エフセキュアにとって、同賞の受賞は6度目/7度目となります。

エフセキュア株式会社

  • !2019年5月21日 11時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a技術開発成果報告

世界で初めて、50年間にわたり課題とされてきた化学反応に成功、シアル酸の立体選択的結合反応(α結合のみの合成)を実現、科学論文誌「Science」に掲載

岐阜大学研究推進・社会連携機構 生命の鎖統合研究センターの河村奈緒子特任助教、安藤弘宗教授らの研究グループは、癌やインフルエンザに関わる、シアル酸含有糖鎖を確実につくる画期的な方法を、11年にわたる研究により世界で初めて開発しました。(図1) 岐阜大学が強みとする、「糖鎖」の研究が、今回、世界をリードする研究成果に結実しました。 シアル酸含有糖鎖を大量につくる事ができると、様々な生命現象や感染・疾患の解明、ワクチンや医薬品開発の研究などに役立ちます。 この研究成果の論文"Constrained Sialic Acid Donors Enable Selective Synthesis of α-Glycosides"が科学論文誌「Science」に5月17日(金)3時(日本時間)に掲載されました。

国立大学法人 岐阜大学

  • !2019年5月17日 10時
  • a医療・健康
  • a技術開発成果報告

精密鍛造の第三の基本工法「切削鍛造加工法」を発明、従来工法の10%の工具圧力と同じ生産速度で冷間鍛造を行う新概念の加工技術

金属加工において、プレス機などの工具で材料を圧縮成形する鍛造加工を常温で行う「精密鍛造」(冷間鍛造)は、自動車や機械などの精密部品の製造に広く用いられています。 このたび、岐阜大学工学部機械工学科の王志剛教授は、精密鍛造において工具の圧力が従来の10%程度で加工できる「切削鍛造加工法」(以下「本加工法」)を発明し、特許申請しました。切削加工において発生する連続切りくずの生成原理を応用し、切り除かれた材料を製品形状の一部として生かす、新しい概念の加工法です。 本加工法は、精密鍛造の基本工法である「据込み」と「押出し」に続く、第三の基本工法となりうるものです。従来は加工が困難だった大寸法・複雑形状の部品や、ハイテン(高張力鋼)など硬い素材も精密鍛造で加工可能になり、製造コスト低下につながります。

国立大学法人 岐阜大学

  • !2019年5月15日 11時
  • a自動車・自動車部品
  • a技術開発成果報告

【大昭和紙工産業株式会社】カラーセルロースナノファイバー(CNF)のサンプル提供を2019年10月より開始

大昭和紙工産業株式会社(本社:静岡県富士市 代表取締役会長兼社長:齊藤 了介)は、カラーティッシュ抄紙時に発生するペーパースラッジ※1を利用したセルロースナノファイバー※2(以下CNF)の研究開発を進めており、この度様々なカラーのCNFサンプル提供が可能になりましたことをお知らせいたします。

大昭和紙工産業株式会社

  • !2019年5月14日 10時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a技術開発成果報告

株式会社アートワークスコンサルティングは、自社で保有するビッグデータを活かして、『薬機(旧薬事)・景表法に準拠した広告表現監修』に関する新たな取り組みを開始

株式会社アートワークスコンサルティングは、ECサイトやランディングページ制作を行う上で蓄積してきた薬機(旧薬事)・景表法に準拠した広告表現OK/NGワードを5年以上保有して参りました。 その独自ビックデータに含まれる情報は広告表現OK/NGワードと簡単な理由だけでなく、代替表現も情報として集約。 弊社ビッグデータは広告表現OK/NGワードの検索結果、簡単な理由を明示するだけでなく、代替表現も表示できることに特殊性が認められ、表示情報判定装置として特許出願に至りました。 このデータベースを活用することで、精度の高い監修と手厚いサポートをすることができるようになります。 また、ビックデータを活用した監修を行うことで、属人的になる可能性がある監修が平準化され、“安定して高い精度での監修”を実現できるようになりました。

株式会社 アートワークスコンサルティング

  • !2019年5月13日 10時
  • aその他サービス
  • a技術開発成果報告

70種類までのファイルをプレビューして復元 - MiniTool® Power Data Recovery 8.5史詩級のアップグレード

MiniTool®は、MiniTool® Power Data Recoveryソフトウェアの新しいリリースバージョンを発表しました。 このリリースでは、ソフトウェアの最新ファイルプレビュー機能が公式に拡張され、最大70種類のファイルをサポートします。

MiniTool® Software Ltd.

  • !2019年5月6日 14時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a技術開発成果報告

遠隔医療にも対応した処方せん送信による調剤予約・送信装置に関する特許取得のお知らせ

株式会社アクシスは、開発・展開している病院・保険薬局向け調剤予約システム「スマホよ薬」に関連する調剤予約サービス・処方せん送信装置について、特許を取得した事をお知らせ致します。

株式会社アクシス

  • !2019年4月25日 15時
  • a医療・健康
  • a技術開発成果報告

世界初、CO2ガスで自己修復を促進する気体可塑性エラストマーを開発、論文が「Nature Communications」に掲載、三輪洋平准教授らの研究グループ

岐阜大学工学部 化学・生命工学科の三輪洋平准教授、平健二郎大学院生、倉地寿乃介大学院修了生、宇田川太郎助教、沓水祥一教授らは、CO2(二酸化炭素)ガスですばやく自己修復する、世界初の気体可塑性シリコーンエラストマー(イオン架橋ポリジメチルシロキサン(PDMS)エラストマー)を開発しました。この研究成果の論文"A gas-plastic elastomer that quickly self-heals damage with the aid of CO2 gas"が科学論文誌「Nature Communications」に4月23日(火)18時(日本時間)に掲載されました。

国立大学法人 岐阜大学

  • !2019年4月23日 18時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a技術開発成果報告

シンメトリック、スマホサイトをPC向けに自動変換する「GCモバイルファースト」で利用されている変換技術に関する特許を取得

Webサイトの変換ソリューションを提供する株式会社シンメトリックは、2019年4月11日に、スマホサイトをPCサイトに自動変換する製品「GCモバイルファースト」の技術に関する特許を取得したことを発表します。

株式会社シンメトリック

  • !2019年4月19日 15時
  • a携帯、モバイル関連
  • a技術開発成果報告

Jストリーム、プレイヤー側でマルチCDNを実施する技術にかかる国内特許を取得 ~ PCT国際出願も実施 ~

株式会社Jストリームは、ストリーミング再生に利用されるプレイヤーでマルチCDNを行う技術を開発し、日本における特許を取得しましたのでお知らせいたします。

株式会社Jストリーム

  • !2019年4月18日 15時
  • aネットサービス
  • a技術開発成果報告

ASKA3Dを用いた空中結像/空中ディスプレイシステム 「Floating Image Hyper Vision(R)」の360度投影機構を製作

株式会社アシスト(所在地:東京都大田区、代表取締役社長:加藤 光淑)は、ASKA3Dを用いた空中結像/空中ディスプレイシステム 「Floating Image Hyper Vision(R)」の360度投影機構を製作しました。

株式会社アシスト

  • !2019年4月17日 17時
  • aエンタテインメント・音楽関連
  • a技術開発成果報告

英イリカ社、医療技術分野向け全固体電池の小型化技術を開発 小型化と安全性が最重要である医療分野で新しいイノベーションを可能にするmmスケールの電池技術の開発

(英国ロンドン- 2019年4月10日)全固体電池技術のパイオニア企業であるIlika plc (イリカ社:本社英国サウサンプトン市)は、医療インプラント用のStereax® M50 という全固体電池技術を開発したと発表しました。Stereax® M50は全固体電池に新しいレベルのmmスケールの小型化をもたらします。また従来の電池技術では限界のあった医療機器のイノベーションを可能にする形状(フォームファクター)が選択できるようになります。

イリカ

  • !2019年4月10日 14時
  • a精密機器
  • a技術開発成果報告

超高速画像解析ツール「Dicovery V2.0」が第31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」にて「優秀賞」を受賞

キャスレーコンサルティング株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:砂川和雅)は、公益財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社が主催、経済産業省中小企業庁が後援する第31回「中小企業優秀新技術・新製品賞」にて「優秀賞」を受賞いたしました。

キャスレーコンサルティング株式会社

  • !2019年4月9日 9時
  • a精密機器
  • a技術開発成果報告
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

c地域特集

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る