プレスリリース配信サービス

詳細検索

M 技術開発成果報告に関するプレスリリース

技術開発成果報告のプレスリリースが588件見つかりました。このページでは「研究、特許、技術検証、研究成果、ライセンス、産学連携、グッドデザイン賞、新エネルギー、宇宙航空、先端技術」など、技術開発成果報告に関する最新プレスリリースを58,674社の利用企業の中から紹介しています。「詳細検索」をクリックしてキーワードや地域、配信期間などの条件を指定すると、より最適化された技術開発成果報告のプレスリリースを探すことができます。

MiniTool、データバックアップソリューションMiniTool ShadowMakerをリリース

MiniTool® Software Ltd.は、プロフェッショナルなデータ保護ソリューション、MiniTool ShadowMaker 3.2のリリースを発表しました。MiniTool ShadowMaker はPC用のオールインワンディスクパーティションバックアップおよびデータ復旧ソリューションです。 ホームユーザーはただで使える無料バージョンとワークステーションおよびWindows Serverをサポートするビジネスバージョン両方を備えています。

MiniTool® Software Ltd.

  • !2019年10月29日 13時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a技術開発成果報告

個展「癒しのプリザーブドフラワー」が千葉市ハーモニープラザで開催されます! ブームになっている苔を加工した、こんなプリザーブドフラワーの世界もあります。

千葉県のお花や自然の植物をプリザーブド加工している「ちば花プリザ」の苔プリザアーティスト石野直子が 10月29日から11月2日まで千葉市ハーモニープラザで個展を開催いたします。 今ブームとなっている苔の珍しいアートフレーム作品もプリザですので何年も楽しむことが出来ます。 BONSAIプリザ、苔玉プリザも初お披露目いたします。 すすきや猫じゃらしや姫こばんそう、なずなのプリザにも癒されます。

アトリエシュシュ

  • !2019年10月23日 10時
  • a広告・デザイン
  • a技術開発成果報告

Yspace(ワイスペース)宇宙天気のアウトリーチを目指したVR作品を茨城大学の研究室の協力で開発 地球天気予報から宇宙天気予報の時代へ

合同会社Yspace(ワイスペース、本社:東京都世田谷区、開発拠点:茨城県つくば市)は、茨城大学の野澤恵研究室の協力により、教育用宇宙VRを開発しました。今回開発した「宇宙天気VR」は、太陽フレア(太陽の表面で生じる爆発現象のこと)が人工衛星等に与える影響を体験学習できるスマートフォン用のVRコンテンツです。太陽フレアによって宇宙空間に放たれた有害なプラズマ粒子を、スマートフォンを傾けることで避ける内容です。作品は、太陽物理学を専門にする茨城大学大学院理工学研究科の野澤准教授の研究室の協力によって開発されたものです。昨年開催のいばらき宇宙ビジネスサミット2018をきっかけに、野澤研究室の助言を得ながら開発を進めてきました。作品はすでに、六本木ヒルズで開催されたイベント「宇宙を感じる 1day カレッジ」で公開され、2019年度内を目標にスマートフォンアプリとして配信される予定です。

合同会社Yspace

  • !2019年10月11日 11時
  • a教育
  • a技術開発成果報告

株式会社光洋-ディスパースの大人用紙おむつ 「ディスパース 幅広テープ」が2019年度グッドデザイン賞を受賞 (光洋グループ・横浜市金沢区)

株式会社光洋-ディスパース(横浜市金沢区)は大人用紙おむつテープタイプ「ディスパース幅広テープ」で2019年度グッドデザイン賞を初受賞しました。光洋-ディスパースは1973年の創業以来、業務用大人用紙おむつを専門に製造販売を続け、病院や介護施設など多くのプロフェッショナルに長くご愛顧いただいております。この度光洋-ディスパースは、これまでの利用者のニーズにこたえる製品づくりだけはでなく、介護する側の気持ちに寄り添った製品開発を行いました。介護現場に生まれるゆとりはよいケアにつながると考え、「ディスパース幅広テープ」は、介護スタッフが初めて現場でおむつをあてる時でも、正しく使えるようなひと目で分かるデザインを、また、介護者が明るく前向きな気持ちになれるよう機能的で可愛らしいデザインを採用しました。今後もデザインの活用を積極的に推進したモノづくりで、ブランド力の向上に努めて参ります。

株式会社光洋

  • !2019年10月2日 14時
  • aその他製造業
  • a技術開発成果報告

ミス・アース・イングランド2019代表 (英国チャンピオン)より『 BAMBOO STRAW bring&drink365 』が紹介されました。

ミス・アース・イングランド2019(Miss Earth ENGLAND2019) 英国チャンピオン Stephanie Wyatt より 海洋汚染問題を解決し、持続可能な国にするために適した製品として、BALIISMから発売している『 BAMBOO STRAW bring&drink365 』- 竹製ストローを持ち運ぶのに適したケースと洗浄ブラシがセットになった製品 - が紹介されました。

BALIISM Japan

  • !2019年9月24日 10時
  • aファッション・ビューティー
  • a技術開発成果報告

CryptoLive OÜが開発した世界最大級の多言語&世界地図対応のナイトエンターテイメント専門求人サイトVenus Job.comがサービス開始!

エストニアのブロックチェーン企業CryptoLive OÜが開発した世界初の多言語&世界地図対応ナイトエンターテイメント求人サイト Venus Job.comが9月よりサービスを開始しました。Venus Coinプロジェクトのプラットフォーム第一弾であるアクセス数、情報量世界一を目指すVenus Job.comとは一体どのような求人サイトなのかお伝えします。

アドエンターグループ株式会社

  • !2019年9月9日 10時
  • aネットサービス
  • a技術開発成果報告

世界初!manabyと東北福祉大がeメンタルヘルス・サービスを開始- 心理学のスキルを習得し就労訓練者の心をケアする『セルフコーチング』

就労支援事業を行う株式会社manabyと東北福祉大学 平泉 拓 助教(臨床心理士・公認心理師)は、世界初のeメンタルヘルス・サービス『セルフコーチング』を開発、サービスの提供を8月15日から開始いたします。『セルフコーチング』は、心理学の “スキル”を身につけることができるeラーニングのコンテンツで、就労移行支援manabyの利用者およびスタッフがこれによって就労シーンで使用可能な心理学のスキルを学び、日々の気持ちと行動を整理し、人との関わりをより良くすることを目指して開発されたものです。

株式会社manaby

  • !2019年8月14日 10時
  • a教育
  • a技術開発成果報告

2019スラックラインワールドカップジャパン・フルコンボの表彰式で使用するオリジナルトロフィーとメダルが決定しました!

一般社団法人スラックライン推進機構(所在地:長野県小布施町雁田676 代表 林映寿)が主催し、長野県小布施町で2019年9月15日開催する、2019スラックラインワールドカップジャパン・フルコンボのトロフィーサプライヤーが決まりました。

一般社団法人スラックライン推進機構

  • !2019年7月24日 9時
  • aエンタテインメント・音楽関連
  • a技術開発成果報告

オープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplat、世界初の「線を線に変換する」機能に対応。交通網路線図、地籍図などでの活用も狙い。

相模原市の大塚恒平(屋号:歴史国土)が開発するオープンソース古地図アプリ作成ライブラリのMaplatは、令和元年6月29日に公開されたバージョン0.5.2より、世界で初めて、「線を線に変換する」機能の実現に成功しました。古地図や絵地図上に現在地を表示する際に、道路から外れずに現在地を表示したり、また新たに交通網路線図、地籍図などでの活用も狙いに入れております。Maplatはオープンソースで、不正確な古地図や絵地図を用いた観光、教育など用途のWebやネイティブアプリの作成などに、どなたでも無償でご自由に利用いただけます。

歴史国土

  • !2019年7月15日 10時
  • aネットサービス
  • a技術開発成果報告

さがみロボット産業特区の2019年ロボット実証実験支援事業に「上肢障害者向けMixed Realityリハビリテーションシステム」が採択

株式会社シャンティが北里大学と共同で開発している「上肢障害者向けMixed Realityリハビリテーションシステム」が、さがみロボット産業特区の2019年ロボット実証実験支援事業として採択されました。本システムは、実空間上に仮想の物を映し出すことができる Mixed Reality(複合現実)の技術を活用し、欠損部分の仮想の腕等を映し出すことで、幻肢痛患者や脳疾患患者の痛みの緩和や可動範囲の改善等が見込まれます。 北里大学とシャンティは過去3回にわたって本実証実験事業に採択され、今回で4回目の採択となります。シャンティは引き続き最新のテクノロジーを用いた運動やリハビリテーションの社会実装を進めていきます。

株式会社シャンティ

  • !2019年7月12日 11時
  • a医療・健康
  • a技術開発成果報告

【7月30日/無料】CASE時代に必要な認証/検証の今を説く! V2X/5G/Wi-Fi/機能安全etc. 『SGS-ALLION 協業発表記念講演・パーティ』

アリオンとSGSは、中国市場での合弁会社の設立を皮切りに、百年に一度の変革期を迎えている自動車産業のホットトピックである4つの領域「Connected(コネクティッド)」「Autonomous(自動運転)」「Shared/Service(シェア/サービス)」「Electric(電動化)」の頭文字を取った「CASE」が指し示すIoV (Internet of Vehicles)サプライチェーンに向けた規格試験、検査、認証及び検証のワンストップサービス体制を拡充してまいります。 CASE時代の製品開発リスクと検証、V2X(車とモノの通信)における開発トレンド、機能安全(VDA-FMEA)等、車載向け製品の設計・開発を担当される方に有益な情報をご提供できるよう準備を進めております。

アリオン株式会社

  • !2019年7月11日 10時
  • a自動車・自動車部品
  • a技術開発成果報告

香港『初』の暗号通貨決済プラットフォームCSPayを発表

香港『初』の暗号通貨決済プラットフォームを発表-CSPay

CSPay

  • !2019年6月25日 10時
  • a金融・保険
  • a技術開発成果報告

澤藤電機と岐阜大学が共同開発中の水素製造装置「プラズマメンブレンリアクター」の水素製造量を従来比倍増、アンモニアから高純度水素を毎時300リットル製造

このたび、澤藤電機株式会社 (代表取締役社長 吉川 昭彦) は、国立大学法人岐阜大学 (工学部 化学・生命工学科 神原 信志 教授) との共同研究により開発してきた、プラズマを用いた水素製造装置「プラズマメンブレンリアクター(PMR)」(以下、PMR)の水素製造量を従来と比較して倍増させることに成功しました。従来のPMRでは水素製造量を増やすために、アンモニア供給量を増しても150NL/h以上の水素製造量が得られませんでした。今回、PMRの電極間にアンモニア吸着剤(以下、吸着剤)を充填するなどの改良(特許出願中)により、アンモニア供給量に伴って水素製造量が増加することを確認し、従来と比較して2倍の水素製造量300NL/hが得られるようになりました。本技術は、アンモニアを原料にして水素を製造することで、CO2フリーの水素社会実現へ向けた技術として期待されます。(* NL/h (0℃、1気圧での1時間あたりの発生量))

澤藤電機株式会社

  • !2019年6月17日 14時
  • aエネルギー・素材・繊維
  • a技術開発成果報告

中小企業向け「合同会社パラゴン版働き方改革関連法対応ツール」:全国医書同業会主催第84回研修会にて初披露

合同会社パラゴン(本社:東京都港区)の代表社員 櫻澤 博文が「全国医書同業会」(事務局:東京都文京区)第84回研修会にて (1)働き方改革関連法に簡単に対応する方法、 (2)最前なる人的資源管理の在り方や企業の永続性への処方箋 以上を開発したツールを使って指南すると共に評価してもらったところ、好評をはくしました。

合同会社パラゴン

  • !2019年6月17日 13時
  • aビジネス・人事サービス
  • a技術開発成果報告

株式会社メタジェン、森下仁丹株式会社と共同で特許出願、 「MGNavi®」でビフィズス菌カプセルに対するレスポンダー予測を開始

株式会社メタジェンと森下仁丹株式会社は、ビフィズス菌カプセル摂取時に排便回数が増加するレスポンダーを予測する方法を発明し、特許の共同出願を行いました。また、今後当社の次世代腸内環境評価・層別化サービス「MGNavi®」において、ユーザーの腸内環境タイプがビフィズス菌カプセル摂取に対するレスポンダータイプであるかの予測を、サービスの一環として実施していく予定です。

株式会社メタジェン

  • !2019年6月14日 16時
  • a医療・健康
  • a技術開発成果報告

CSPayは世界のどこでもスマートフォン1つでビットコインQRコード決済できます!!!

CSPayは世界のどこでもスマートフォン1つでビットコインQRコード決済できます!!!

CSPay

  • !2019年6月13日 15時
  • a金融・保険
  • a技術開発成果報告

iExecがブロックチェーンを使用してデータとAIモデルを貸し出すための企業向けのデータウォレットをリリース

iExecは、クラウドリソース(計算能力、データセット、およびアプリケーション)のための初の分散型マーケットプレイスです。この革新的なマーケットプレイスでは誰もが自分のアプリ、サーバー、およびデータセットを収益化できます。 iExecはフランスと中国に強力な研究チームを擁していて、Intel, IBM, Alibaba, Ubisoftなどとコラボレーションをしています。 今回、iExecは日本における認知度を上げて、ユーザー、またはコラボレーターを獲得するために日本市場に進出することを決定しました。 2019年5月にリリースされたiExec V3では、 ・データウォレット ・企業向けの「iExec for Enterprise」 ・個人から提供されるコンピューティングパワーを集約する「Public Worker pool」 など、多くの新機能の導入とアップグレードが実施されています。

iExec

  • !2019年6月6日 11時
  • aネットサービス
  • a技術開発成果報告

プロボノとの連携で寄付者管理ツールを導入 Dynamics 365 を活用して社会課題解決の加速目指す

子ども・若者支援に取り組む認定NPO法人育て上げネットは、生活困窮状態や家庭環境の課題を抱える若者も安心して支援を受けられるよう、広く寄付を募ることにも力を入れています。多様な寄付の方法から選択して寄付をすることができる一方で、データの統合・整理が複雑化し、管理コストの最小化に課題を抱えていました。この度、日本マイクロソフト株式会社が行うNPO向け寄贈プログラムを通じて、寄付者管理システムを導入しました。

認定特定非営利活動法人育て上げネット

  • !2019年5月31日 13時
  • aその他サービス
  • a技術開発成果報告

全プラン定期購入機能が使える EC ショップ構築システム『クラフトカート』 システム連携した決済方法として「Amazon Pay」に対応

株式会社クロフトクラフト(本社:東京都調布市、代表取締役:岩田範博)は、クーポンや会員ランク等のセール機能と全プラ ン定期購入機能が使える EC ショッピングカートシステム『クラフトカート(英語名:CraftCart)』の決済連携サービスとして、 Amazon アカウントを使用した決済サービスである「Amazon Pay」と連携しました。

株式会社クロフトクラフト

  • !2019年5月23日 14時
  • aネットサービス
  • a技術開発成果報告

エフセキュア、AV-TESTの 2018年度「Best Protection Award」を2部門で受賞

エフセキュアは、世界的なセキュリティ・ソフトウェア評価機関であるドイツAV-TESTが授与している「Best Protection Award」において当社のF-Secure Protection Service for Business (PSB) が2018年度の「Best Protection for Corporate Users」を、F-Secure SAFE が同「Best Protection for Consumer Users」をそれぞれ受賞したことを発表しました。エフセキュアにとって、同賞の受賞は6度目/7度目となります。

エフセキュア株式会社

  • !2019年5月21日 11時
  • aコンピュータ・通信機器
  • a技術開発成果報告
検索条件を追加・変更する

a人気のまとめ

注目のまとめ

Mカテゴリ

ï開く è閉じる

Kジャンル

ï開く è閉じる

c地域特集

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る