トレーディングカードゲーム、1000億円市場に増加

株式会社メディアクリエイトの調査によると、2011年度のトレーディングカードゲームの市場は1000億円を突破。10代前半に支持されるシリーズが伸張。

ゲームの調査会社メディアクリエイトの調査によると、2011年度(2011年4月4日~2012年4月1日)のトレーディングカードゲームの販売金額の累計は100,613,414千円。2011年度の市場規模は1000億円を突破した。2010年度との比較では、16,570,287千円の増で、前年度比は119.7%となった。

年度内のシリーズ別販売金額シェアでは、「遊戯王OCG」がトップで、33.23%、2位は「デュエルマスター」で、17.95%だった。この2つの人気シリーズが、トレーディングカードゲーム市場を牽引する傾向は昨年と変わらず、前年度対比でそれぞれ117.33%増、128.70%増と伸張している。また3位となる「ヴァンガード」の販売金額シェアは7.98%ではあるが、昨年2月に発売された新シリーズであり、大幅なシェアの拡大となった。全体として10代前半に支持されるシリーズが伸びた一方で、大人向けについては減少となった。

株式会社メディアクリエイトでは、2009年秋よりトレーディングカードゲームの月次販売データの集計を開始し、2010年4月より本格的な配信を行っている。今後も継続的に市場調査を行っていく予定である。

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社メディアクリエイト
代表者名 細川 敦
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    株式会社メディアクリエイトの
    関連プレスリリース

    株式会社メディアクリエイトの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域