『東日本大震災』被災地への義援金寄付のお知らせ

フルノシステムズは、被災した災害孤児たちのために緊急支援を実施している公益社団法人セーブ ザ チルドレン ジャパンに寄付させていただきました。

株式会社フルノシステムズ(以下フルノシステムズ 代表取締役社長:妹尾行雄、古野電気(株)関連会社)は、このたび東日本大震災による被災者の方々の支援復興に役立てていただくため、売上げの一部、及び社員からの募金、総計45万円を寄付させていただくことを決定いたしましたので、お知らせいたします。

義援金の一部は、今回の『東日本大震災』への緊急支援を実施している公益社団法人 セーブ ザ チルドレン ジャパンに寄付され、被災した災害孤児たちや、その地域の被災者の方々の支援に使われます。また、親会社である古野電気株式会社の3ヶ所の東北事業所で被災された従業員の方々への見舞い金としても一部寄付する予定です。

被災地の1日も早い復興を心よりお祈りするとともに、弊社としても全力を挙げて支援してまいります。


【公益社団法人 セーブ ザ チルドレン ジャパンについて】
セーブ ザ チルドレン ジャパンは、1986年より困難な状況にある世界の子どもと子ども達を取り巻く大人、地域を支援する活動を行っている。今回の震災では、被災した子どもたちの保護と心のケアを最優先に活動。寄付金は被災した子どもたちが体を動かしたり、友達と話しすることにより被災のショックから抜け出す助けるとなるため、被災地にチャイルド フレンドリー スペース(こどもひろば)を設置し、子どもが安心、安全をを感じられる場所を提供する活動や支援物資に活用している。現在、緊急支援スペシャリストが現地に赴き、現地の被害状況を把握、活動計画の詳細を検討。 状況は刻々と変化しており、ニーズに応じた活動を展開している。

【フルノシステムズについて】
フルノシステムズは、無線LANシステム分野のリーディングカンパニー。無線ハンディターミナルをはじめ、無線LAN構築にはかかせないモバイル&ワイヤレスソリューションを提供。さらには、エンジニアリングサービス(ネットワーク設計、構築、管理など)までもサポートする事で、トータルなワンストップソリューションを実現。『UNIFAS』、『ACERA』は日本国内メーカーである高い品質と技術及び充実したアフターサービスが注目され、オフィス、学校、公共施設において、無線ネットワークのシェアが拡大している。

■ホームページ http://www.furunosystems.co.jp/
■取扱事業部・照会先 株式会社フルノシステムズ 
事業改革室 広報グループ
〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5
TEL:(03)5600−5111






【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社フルノシステムズ 〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-5
【広報窓口】TEL:03-5284-9196(代表)
広報事務局(FC内) 担当:早坂
URL: http://www.furunosystems.co.jp/   
Mail:info@frontier-c.co.jp

《関連URL》
http://www.furunosystems.co.jp/press/110406/index.html

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社フルノシステムズ
代表者名 妹尾 行雄
業種 未選択

コラム

    株式会社フルノシステムズの
    関連プレスリリース

    株式会社フルノシステムズの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域