ビットアイル 圧倒的な低料金でVMware プライベートクラウドを提供

高信頼性のプライベートクラウド環境を「月額21 万円から」利用可能に

株式会社ビットアイル(代表取締役社長兼CEO:寺田航平 本社:東京都港区 以下ビットアイル)は、「Cloud ISLE」ブランドで展開するクラウドコンピューティングサービスに、新しいプライベートクラウドの利用モデルを提供する「SOD-NEXT プライベートクラウドパッケージ」を追加し、2011 年2 月17 日にサービス提供を開始することを発表いたします。

「SOD-NEXTプライベートクラウドパッケージ」は、VMware vSphereTMベースの高性能・高可用性のプライベートクラウドを月額21 万円(税別)という圧倒的に安価な料金で提供するサービスです。
共有型のクラウドサービス、いわゆるパブリッククラウドサービスは、従量課金とオンデマンドによる柔軟なインフラ利用方法を提供することで、インターネットサービス事業者を中心に活用が進み、これがクラウドコンピューティングの急速な普及につながっています。一方で、セキュリティや既存システムとの連携のための個別管理性やシステム構成の自由度を重視する企業個別クラウド環境、いわゆるプライベートクラウドは、TCO 削減の観点から利用ニーズは高いものの、導入のための多大な投資コストや高額な利用料金、クラウド運用技術者の確保など、特に中小企業には、活用に高いハードルが存在しています。
「SOD-NEXT プライベートクラウドパッケージ」は、こうしたプライベートクラウド活用に関する従来型の構築手段や事業者が提供するサービスの問題を解決する新しいプライベートクラウド利用モデルです。ビットアイルが構築・運用する、VMware vSphere ベースのIaaS サービス「サーバオンデマンドNEXT」から、仮想化サーバ単位で提供されるクラウドリソースとvCenter によるクラウド管理機能を組み合わせて提供します。
利用企業は、クラウド管理機能を通じて、自社固有のクラウド環境のように、自由にゲストOS(仮想マシン)の作成・変更やクローン、テンプレートの作成など、柔軟なサーバ構築・運用管理をすることができます。また、サーバオンデマンドNEXT のクラウド基盤は、ハードウェアがすべて冗長化されており、VMware HA などのVMware vSphere の機能と合わせ高い可用性を実現している上、FCoEなどの先進的なネットワーク技術や高速なサーバおよびストレージを採用しているため、利用企業は、高可用性かつ高性能のリソースの利用することができます。
さらに、利用企業は、ビットアイルの柔軟なサービスメニューを活用し、自社ネットワーク環境(VPN 網など)を通じた既存環境と連携や、ビットアイルデータセンターラック内のシステムとの接続など、データセンター事業者が提供するクラウドサービスならではの柔軟なシステム・ネットワーク構成をすることができます。これにより利用企業は、自社システムに最適かつコストパフォーマンスの高い基盤を構築し、大幅なTCO 削減を実現することができます。

ビットアイルは、「SOD-NEXTプライベートクラウドパッケージ」を、自社のITインフラのプライベートクラウド化を検討する中堅・中小企業や、そうした企業に対してアウトソーシングサービスを提供するSIer などへ販売を行ってまいります。

【本件に関するお問い合わせ先】
マーケティング本部サービス開発部
TEL: 03-6252-3524
e-mail: sales@bit-isle.co.jp

《関連URL》
http://www.bit-isle.co.jp/pressrelease/57.html
http://www.bit-isle.jp/service/cloudisle/private_cloud.html
http://www.bit-isle.jp/service/cloudisle/server_ondemand.html

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社ビットアイル
代表者名 --
業種 未選択

コラム

    株式会社ビットアイルの
    関連プレスリリース

    株式会社ビットアイルの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域