マイクロストラテジーの最新ソフトウェア リリース、従来製品の6倍以上のデータ処理量、3倍の高速化を実現

最新リリース、MicroStrategy 9.0.2のベンチマーク テストを実施し、 8CPU構成で26,000以上のアクティブユーザをサポートできることが明らかになりました。

世界トップ クラスのビジネス インテリジェンス(BI)ソフトウェア プロバイダであるMicroStrategy Incorporated (Nasdaq: MSTR)は本日、同社が提供している最新リリース、MicroStrategy 9.0.2のベンチマーク テストの結果を発表しました。その結果、8CPU構成のMicroStrategy Intelligence Serverは147キロサイクルの処理能力を発揮し維持できることが明らかになりました。これは1時間あたり147,000クエリ(往復)に相当します。このクエリ処理量では、平均1.3秒のユーザ応答時間で26,000以上のアクティブ ユーザをサポートすることが可能です。(米国バージニア州マクリーン、2011年1月6日(現地発表))

今回と同じハードウェア構成で以前のバージョンのMicroStrategy 9をテストした結果、処理能力は22キロサイクルで、平均4.0秒の応答時間となり、約3,900人のアクティブ ユーザをサポートできることが明らかになりました。これらのベンチマークの結果、マイクロストラテジーの導入企業は、現在使用しているMicroStrategy 9.0をMicroStrategy 9.0.2へアップグレードするだけで、これまでの3倍の速度で6倍の処理負荷をサポートできることを示しています。どちらのテストも、一般のIntelベースのハードウェアとオペレーティングシステムを基盤にした8CPUサーバ上でMicroStrategy Intelligence Serverを実行しました。

パフォーマンス テストの結果: パフォーマンス テストは、66のレポートと5つの複雑なダッシュボードで構成された標準のテスト用スイートで実施されました。このテスト用スイートはエンタープライズBIアプリケーションに適したあらゆるレポートサイズと利用パターンを網羅できるようにデザインされており、マイクロストラテジーは10社を超える大手ユーザ企業のアプリケーションプロファイルに基づいてこのスイートを作成しました。 最小のレポートに含まれる行数は1行でデータ量は60KB、最大のレポートに含まれる行数は218,000行以上で、データ量は23,602KBに上ります。またレポートの複雑さは単一のSQLパスから149のSQLパスによる計算までを網羅し、テスト用スイートの全レポートを通じた平均のSQLパス数は17です。テストで使用したデータベースはOracle 11gであり、70億行のファクトテーブル、1TBのデータを格納しています。 テストはMicroStrategy Intelligence Serverインメモリキューブテクノロジーが使用する144GBのメモリ容量内で、キャッシュデータおよび大規模インメモリデータベースに対して実施されました。

マイクロストラテジーのHigh Performance Initiative: 2010年、マイクロストラテジーは『High Performance Initiative』(ハイパフォーマンス イニシアチブ)を発表しましたが、このイニシアチブには専任のパフォーマンス エンジニアのチームと最新のデータベースハードウェア、ソフトウェア、パフォーマンステストツールを実装した数百万ドルに上る最先端のリサーチラボが含まれています。このエンジニアリングチームは、毎週数百回に及ぶソフトウェアパフォーマンスのベンチマークテストを実施し、スケーラビリティとパフォーマンスを高めるとともに、より高いパフォーマンスをユーザへ提供するためのコンフィギュレーションオプションとデザインテクニックを探っています。

BI市場で最大の独立調査である『The BI Survey』では、マイクロストラテジーの顧客が分析するデータの量はすべての主要BI製品を通じて9年連続で最も大きいことが明らかになっています。最新の『The BI Survey』によると、大規模サイトを見た場合、分析データ量が1テラバイトを超えている顧客の割合は平均9.7%であるのに対し、マイクロストラテジーの顧客の割合は37%に上ります。これらの結果から、マイクロストラテジーの顧客には業界において最も洗練されたBI環境を展開し最大のデータ量を扱っている顧客が含まれていることが分かります。

Ventana Research社のバイスプレジデント兼リサーチ ディレクタ、David Menninger氏は次のように述べています。『BIの導入環境および迅速で質の高い意思決定を下す企業にはパフォーマンスは大きな影響を与える要素であることが、弊社のリサーチでも毎回明らかになっています。マイクロストラテジー社のHigh Performance Initiativeのようにパフォーマンスの評価と向上に対して統制がとれ秩序だったアプローチを採ることで、BIの導入を成功へ導く上で大きな障害の1つが排除され、導入企業は真の価値を手にすることができます。』

マイクロストラテジーのCOO (最高執行責任者)、Sanju Bansalは次のように述べています。『弊社は、新しいリリースを提供するたびにソフトウェアのパフォーマンスを高め、よりスピーディなユーザ環境をお客様へ提供できるように最善の努力をはらっています。 弊社は、ベンチマークテストを通じてパフォーマンスのレベルを測定し、パフォーマンスをより高いレベルに上げ、新たな業界水準を設定したいと考えています。』


ベンチマーク テストの詳細については、こちら(英語)をご覧ください。

マイクロストラテジーについて
マイクロストラテジーは、1989 年に創立されたビジネス インテリジェンス(BI: business intelligence)技術のグローバル リーダーです。世界をリードする企業や機関が毎日のビジネスにおいてより適切な決断を下せるように、MicroStrategy はレポート、分析、モニタの各機能が統合されたソフトウェアを提供します。その高度な技術力、洗練された分析機能、データとユーザの両面における卓越したスケーラビリティによって、MicroStrategy は多くのお客様から選ばれています。マイクロストラテジーは、( http://www.microstrategy.co.jp/freereportingsoftware/ ) からダウンロードできる無償のレポーティング ソフトウェアを提供しています。MicroStrategy (Nasdaq:MSTR−News) に関する詳細は、( http://www.microstrategy.co.jp/ ) をご覧ください。

MicroStrategy 及び MicroStrategy Business Intelligence PlatformはMicroStrategy Incorporatedの米国およびその他の国における商標または登録商標です。ここで言及したその他の製品名および企業名は、それぞれの所持者の商標である場合があります。



【本件に関するお問い合わせ先】
マイクロストラテジー・ジャパン株式会社
電話:03-3511-6700 (代表)
Eメール:info-jp@microstrategy.com

《関連URL》
http://www.microstrategy.co.jp/
http://www.microstrategy.co.jp/freeBIClasses.asp
http://www.microstrategy.co.jp/FreeEvalCD.asp
http://www.microstrategy.co.jp/news/MSTR_High_Performance_6x_Capacity_20110106.asp
http://www.microstrategy.co.jp/Press/index.asp

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 マイクロストラテジー・ジャパン株式会社
代表者名 --
業種 未選択

コラム

    マイクロストラテジー・ジャパン株式会社の
    関連プレスリリース

    マイクロストラテジー・ジャパン株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域