ワークショップ「どうしたら、人身売買をなくすことができるのか〜国際NGO×アーティスト×私たち一人ひとりの実践事例から」

てのひら〜人身売買に立ち向かう会は、どうしたら、人身売買をなくすことができるのか、そして私たち一人ひとりには何ができるのかを共に考えるワークショップを2011年2月11日に横浜みなとみらいで開催します。ぜひ取材ください!

報道機関各位

プレスリリース 2010年1月17日
てのひら〜人身売買に立ち向かう会
百瀬 圭吾

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ワークショップ「どうしたら、人身売買をなくすことができるのか〜国際NGO×アーティスト×私たち一人ひとりの実践事例から」
http://blogs.yahoo.co.jp/tenohira_is_for_children/60181466.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

詳細、次のとおり。

■イベント内容
世界では、3秒に1人、年間1230万人もの人々が人身売買されています(アメリカ人身売買報告書2010年より)。子どもからおとなまで、性別に関係なく、値段をつけられ、自由を奪われて、人が取引されているのです。そして、日本は、アジアを中心に海外から多くの人身売買被害者を受け入れている国と言われています。2004年以来、日本政府が人身売買に取り組み始めてから確かに統計上の被害者数は減っていますが、方法やターゲットを変えて、日本のなかで今も至るところで人身売買は起こっています。

今回のワークショップでは、『世界中から人身売買がなくならないのはなぜ?-子どもからおとなまで売り買いされているという真実』という本を最近出された国際人権NGOのスタッフ・原由利子さんをお招きして、世界と日本の人身売買の現状についてお話をうかがいます。そして、人身売買をはじめ人権をテーマにした作品を創り出している映画監督の村上なほさんにも参加してもらい、北タイの人身売買の被害に遭いやすい子どもたちとともに行ったフォトワークショップの取り組みも語っていただきます。

■開催日
2011年2月11日(金・祝)11:00−12:30(開場:10:50)

■開催場所
JICA横浜 セミナールーム4
地図:http://www.jica.go.jp/yokohama/office/access.html

【てのひら〜人身売買に立ち向かう会とは】
人身売買やDV等の女性や子どもへの暴力をなくすために、被害の当事者への支援と問題を社会に広く知らせる活動をしています。2004年11月、大学生によって設立。

【本件の連絡先】
てのひら〜人身売買に立ち向かう会
TEL:050-1445-6947 E-mail:tenohira_ycatip@hotmail.co.jp

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 てのひら〜人身売買に立ち向かう会
代表者名 百瀬圭吾
業種 その他サービス

コラム

    てのひら〜人身売買に立ち向かう会の
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域