プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,677社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

PSPの年間販売台数、発売以来初めて僅差でトップに 

株式会社メディアクリエイト

! 2011年1月7日 10時

2010年の国内家庭用ゲーム機販売台数は、PSP(PSP go含む): 2,907,120台、DS(DS Lite、DSi、DSi LL合計) : 2,871,618台。PSPが2004年の発売以来初となるトップを獲得。

 株式会社メディアクリエイトによると、2010年(2010年1月4日~2011年1月2日)の国内家庭用ゲーム機販売台数は、PSP(PSP go含む): 2,907,120台、DS(DS Lite、DSi、DSi LL合計) : 2,871,618台、Wii: 1,674,438台、PS3: 1,586,123台となり、PSPが2004年の発売以来初となるトップを獲得した。同じ携帯型ゲーム機であるDSをPSPが上回ったのも今回が初めてとなる。

 テレビゲーム市場の専門調査会社である株式会社メディアクリエイトによると、2010年1月~12月の携帯型ゲーム機ハードの販売台数において、PSP(PSP go含む)が2,907,120台(前年比121.9%)、DS(DS Lite、DSi、DSi LL)が2,871,618台(前年比69.0%)であり、2004年の発売から6年目でPSPが初めて、35,002台の僅差ながらDSを上回った年となった。
 一方、据置型ではWiiがPS3を抑えて5年連続で据置機販売台数のトップを守った。ボーナス週である12月2週目(~12.12)まではPS3に約30,000台の差をつけられていたが、翌週以降、クリスマスプレゼント需要やファミリー向けタイトル需要で大きく販売台数を伸ばした。その結果、12月の販売台数において、PS3が前月比192%なのに対して、Wiiは370%の伸びを見せて逆転し、最終的にPS3に約88,000台の差をつけた。

 2010年、DSでは『ポケットモンスター ブラック/ホワイト』が発売され、計4,966,738本を販売したが、ハード販売台数を大きく牽引するまでには至らなかった。また、任天堂ハードが例年伸びを見せる12月には前月比360%となる636,875台を販売したが、同じく前月比367%と好調だったPSPに12月2週目(~12.12)で逆転された。同じ任天堂ハードでもWiiとは逆の現象になった。結果、DSが発売された2004年を除きハードの年販売台数は過去最低の数字となった。

 DSハードの伸び悩みの要因としては、国内総販売台数が32,000,000台を突破し飽和状態になりつつあるため、ビッグタイトルが発売されてもハードに影響しにくいことや、3DSの発売が発表されて以降、既存のDSハードの買い控えが起きたことが挙げられる。
 しかし、PSPに販売台数が及ばなかったとはいえかなりの僅差であり、PSP go(年間販売台数84,669台)抜きではDSが上回る。DSの普及台数を考えればユーザーのDSへの関心はまだまだ強いものがあるといえよう。

 一方、PSPは年販売台数2,907,120台を記録。前作から約3年ぶりに『モンスターハンターポータブル 3rd』が12月に発売され、年内に3,849,907本を販売し、ハードを大きく牽引したことが最大の要因である。実際、同ソフトが発売された12月のハード販売台数は941,824台であり、この数字は2004年のPSP発売以来、12月のハード販売台数で最多の結果となっている。また、売り切れを予想して発売前に購入するユーザーも多く、11月にも前月比174%の台数を販売しており、『モンスターハンターポータブル 3rd』の人気がそのままハードに反映された形となった。

 PSPハードの販売台数が伸びたのは、前述のとおり『モンスターハンターポータブル 3rd』というビッグタイトルに恵まれたことが最大の要因である。それに加え、国内総販売台数16,000,000台とDSに比べて少なかったため、その分伸び代があったことも挙げられる。実際、装着率(1台あたりのソフト販売本数)では、PSPは3.52本とDSの5.41本に及ばない。
 ただし、『モンスターハンターポータブル 3rd』発売前後は品切れの店舗が多く見られた。もう少し供給がなされていたなら、さらに販売本数を伸ばすことができた。例年DSが伸びる年末商戦ということを考慮しても、チャンスロスによってDSを引き離すことができず、35,502台という僅差となってしまったともいえる。


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社メディアクリエイト
TEL:03-3294-7031 E-mail:info@m-create.com

【会社概要】
会社名 株式会社メディアクリエイト
代表者 代表取締役 細川敦
所在地 東京都千代田区神保町1-1-17東京堂第3ビル5階
TEL:03-3294-7031
URL:http://www.m-create.com



《関連URL》
http://www.m-create.com

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社メディアクリエイト

代表者名

細川 敦

業種

エンタテインメント・音楽関連

プレスリリース情報

ジャンル

エンタテインメント・音楽関連

カテゴリ

研究・調査報告

この企業の関連プレスリリース

『新興国ゲームビジネスレポート パイロット版』を先行予約の法人様に無料謹呈! 第一号は8月29日に発行決定!
! 2014年8月25日 18時
9ヶ月ぶりに国内トレーディングカードゲーム販売数が前年を上回る 「遊戯王シリーズ」の好調が回復基調の主因
! 2014年6月18日 12時
会員制TCGビジネスサイト『TAND』(タンド)が無料モニター会員を募集、 同日より新サービス『新作販売実績速報データ』配信を開始
! 2014年6月5日 11時
トレーディングカードゲーム業界に関わる方を対象に情報を提供する会員制ビジネスサイト『TAND』(タンド)をプレオープン
! 2014年2月7日 12時
オンラインゲームの現状把握から、今後のビジネスの指針まで。「2012 オンラインゲーム白書」、6月22日発行!
! 2012年5月31日 21時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る