2010年、プレイ後のユーザー満足度No.1は『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』 テレビゲーム調査会社メディアクリエイト発表

株式会社メディアクリエイトが1月に開始した満足度調査指標「タイトルカルテ」によると、2010年(11月末現在)における満足度評価No.1は『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』(PSP)。2011年も継続して年間60タイトルを調査予定。

 ゲームの専門調査会社である株式会社メディアクリエイト(本社:東京都千代田区、代表:細川 敦)が、本年1月から集計している満足度調査指標「タイトルカルテ」によると、2010年(11月末現在)におけるプレイ後のユーザー満足度評価No.1は『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』(PSP)となった。

 タイトルカルテは各ゲームソフトの購入者へのアンケート調査をベースとした分析レポートで、“プレイ前にどの程度期待していたか”、“プレイ後にどの程度満足したか”、“次回作を購入したいと思うか”その評価・意見をそれぞれ指標化したものである。事前期待と事後満足の差分を「満足度」としており、偏差値化することで、タイトル間の相互比較が可能となっている。タイトルごとの満足要素、不満点、改善要素が明らかになっており、さらに総合的な満足度にどれほど関係しているかもビジュアルに整理されている。

 今回の調査集計は、本年1月から11月までに発売された注目40作品が対象となっている。メディアクリエイトによると、必ずしも販売本数上位タイトルではなく、あくまで注目度が高かったタイトルが調査対象となっている。2位には『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー2』(DS)、3位は『初音ミク -Project DIVA- 2nd』(PSP)となった。

 『メタルギア ソリッド ピースウォーカー』は、事前期待、事後満足、次回作購入意向のすべてが高く、総合的な満足度で最高点を獲得した。項目別では、【世界観】(満足度81.5%)が最も高く、半面、【対戦/コミュニケーション(満足度55.4%)】の評価が芳しくなかった。
 
 下図の「総合的タイトル評価値」から見てわかる通り、同タイトルは事前期待と事後満足率がともに高く、その差が小さいことから、ユーザーに作品の魅力が的確に伝わり、それに十分応えた作品がトップとなった大きな要因である。
 
 なお、同社は2011年1月末に今年1年を通した2010年ユーザー評価No.1タイトルを発表する予定である。さらに2011年も継続して年間60タイトルほどを調査するとしている。



【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社メディアクリエイト 
TEL:03-3294-7031 E-mail: info@m-create.com

【会社概要】
会社名 株式会社メディアクリエイト
代表者 代表取締役 細川敦
所在地 東京都千代田区神保町1-1-17東京堂第3ビル5階
TEL:03-3294-7031
URL:http://www.m-create.com



《関連URL》
http://www.m-create.com

企業情報

企業名 株式会社メディアクリエイト
代表者名 細川 敦
業種 エンタテインメント・音楽関連

コラム

    株式会社メディアクリエイトの
    関連プレスリリース

    株式会社メディアクリエイトの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域