プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数54,000社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

遠距離不動産投資の新スタイル誕生!地元現役大家が遠方大家をサポート。大家目線で収益物件の管理清掃状態を定期巡回+カメラ撮影報告 〜日本初の収益不動産管理状態報告サービス「報告ネット」〜

株式会社 満室研究所

! 2010年10月12日 7時

首都圏の大家が地方都市に不動産投資しても収益を上げることは困難な時代、 「株式会社満室研究所」は遠距離不動産投資の新しいスタイルを提案する。 賃貸激戦区札幌に不動産投資している遠方大家支援として物件の管理清掃状態をチェックし報告する 管理会社ではない第三者機関による大家支援サービスを開始した。

報道関係者 各位
プレスリリース

2010年10月12日
株式会社満室研究所
代表者  山岡清利

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

首都圏の大家が地方都市に不動産投資しても収益を上げることは困難な時代、
「株式会社満室研究所」は遠距離不動産投資の新しいスタイルを提案する。
賃貸激戦区札幌に不動産投資している遠方大家支援として物件の管理清掃状態をチェックし報告する
管理会社以外の第三者機関による大家支援サービスを開始した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

不動産管理のセカンドオピニオン、株式会社満室研究所(所在地:北海道札幌市、代表者:山岡清利)は、
遠方大家向けに、日本初の不動産管理状態報告サービス「報告ネット」を開始いたしました。

●報告ネット URL http://www.houkoku.net/

「報告ネット」は、遠方大家に代わって地元の現役大家が定期的にアパートマンションの管理状態を巡回し
物件の現状を写真とレポートで詳細に報告する不動産管理状態報告サービスです。「報告ネット」を提供する
満室研究所の創業者・山岡清利も移住前から札幌に遠方不動産投資していた経験上、本州大家は極端に
不利な状況で投資しており、それを改善する第一番目の方法が「物件の把握」であることを痛感、遠方大家の
苦しみを救うべく不動産管理状況報告サービスをスタート。

長引く景気の低迷、少子化問題、入居者モラルの低下、広告費の高騰、賃貸物件の供給過多等の諸問題が
山積する中で、“建てれば、空室は埋まる”という時代は終わりを告げ、不動産投資を成功させるためには、
大家としての知識と、経営力が必要となる厳しい時代を迎えております。

こうした中で、首都圏から地方都市の賃貸物件に投資している遠隔不動産投資家は、距離的障害のため、
いわゆる“アパマン経営”を管理会社にゆだねる、一昔前の金融商品化した不動産投資しかできていないのが現状。
自らが所有する物件の管理状況を正確に把握することができないため、物件は荒れる一方。
さらに空室になった際にも数ある空室の中の一部屋としてルート営業のみというのが実態です。

これに対して、地元大家は、日常的な物件管理も、空室の賃貸営業も機動的・実戦的に活動し、不動産投資の
成功を収めています。

こうした距離的・実務的にハンディキャップを背負う遠隔地の不動産投資家をサポートすべく誕生した
日本初のサービスが「報告ネット」なのです。

「報告ネット」は、遠方大家支援のため次の3つの業務を柱に展開
1・「目」として管理状態を大家目線で巡回報告 → 守りのサポート
2・「手」として差別化リフォームや各種空室対策の提案 → 知識のサポート
3・「足」として攻めの代理営業活動 → 攻めのサポート


当社は、“遠方大家の代理大家として管理会社と連携し大家業を成功させる”エージェントとして機能します。
「報告ネット」が柱とする3つの業務により、賃貸物件情報の管理状態報告からスタートして、賃貸物件の
管理精度を向上させるとともに、差別化を図る修繕やリフォームの提案などを実現することで、不動産価値を
維持します。さらに、遠方で動きが取れない大家に代わり攻めの代理営業活動し満室経営を実現させています。


当面は、北海道・札幌における賃貸物件を対象にサービスを行いますが、順次全国各地に展開を図っていく計画です。
サービス料は、月額3,980円(消費税込み)から。


【会社概要】

 ■会社名  株式会社満室研究所
 ■代表者  山岡清利
 ■設 立  2010年7月1日
 ■所在地  〒064-0824 北海道札幌市中央区北4条西20丁目1-3-13F
 ■TEL    011-303-7071
 ■FAX    050-3488-6888
 ■URL    http://www.houkoku.net/
 ■Email   info@houkoku.net
 ■事業内容 
        アパート・マンション等投資用不動産の定期巡回報告業務
        空室対策サポート 空室対策コンサルティング 空室対策リフォーム施工・提案

【本件に関するお問い合わせ】

 ■会社名  株式会社満室研究所
 ■担当者  山岡清利
 ■TEL    011-303-7071
 ■FAX    050-3488-6888
 ■Email   info@houkoku.net

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

株式会社 満室研究所

代表者名

山岡清利

業種

不動産

プレスリリース情報

ジャンル

不動産

カテゴリ

サービス

この企業の関連プレスリリース

自社管理物件の空室対策に悩む管理会社向けに、低価格で手軽に対策できる空室対策ツール「管理会社向けアクセントクロスプランキット」を発売。
! 2011年3月8日 8時
賃貸住宅でも個性的な部屋に住みたいと言う顧客を取り込み、空室に悩む大家・管理会社向けに「入居者が選ぶアクセントクロス(壁紙)プラン」をシステム化し空室支援を開始
! 2010年11月16日 8時
遠く離れた賃貸不動産経営に朗報! 遠隔地オーナーに代わり物件管理状況を毎月巡回+カメラ撮影で報告 〜不動産投資家向け管理状況報告サービス「報告ネット」〜
! 2009年9月28日 8時

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る