【1日たった20分!80文覚えるだけSimple English(シンプルイングリッシュ)】今まで業界が隠し続けた英語習得のノウハウとは?

「酒井式 独学英会話トレーニングブックSimple English」を受講者10,000人突破記念価格にてご提供。好評につき8月31日まで期間延長決定いたしました。

Webコンサルティング事業とインターネット出版事業を行う株式会社アイデアスコープ (本社 埼玉県熊谷市、代表取締役社長 川島寛之)は、英会話講師として26年の経歴をもつ酒井一郎氏の考案したSimple Englishをまとめた英会話教材「酒井式 独学英会話トレーニングブックSimple English」を製作。Web限定で8月31日まで受講者10,000人突破記念特別価格にてご提供いたします。

--------------------------------------------------------
26年間10,000人の成功実績をもつ英語トレーナー酒井一郎発案
1日20分!たった80文覚えるだけ!Simple English
http://www.eigounyoujutu.com/pdb_10_001.html
--------------------------------------------------------

■日本人が英語を習得できないワケ
「たくさんの英語教材を買って勉強してみたけれど、難しくて理解できない・・・。」
「仕事が終わって急いで英会話スクールに通っても授業の内容が分からない・・・。」
「外国人を前にすると口籠ってしまい英語が出てこない」
「英語に自信がなく人前で話す事に抵抗がある・・・。」

など、英語学習を続けていてもなかなか成果が得られず、「私には英語の才能がないから…」と英語が話せない理由を自分のスキルのせいだとも考えている人が多いようです。
このような言い方をすると誤解があるかも知れませんが真面目にきちっと英語の勉強をしていても決して英語は上達しません。それどころか頭の中が混乱し、以前は出来ていたはずの簡単な会話ですら出来なくなる可能性もあります。元来、日本人は真面目な性格ですので何事に対しても「きっちり」「真面目に」「完璧」に取り組む習慣がありますが、英語においてはこの3つの習慣が英語上達の邪魔になっています。英語は完璧を求めるほどに複雑化する言語だからです。

<英会話スクールの落とし穴>
日本の英会話スクールでは英語で授業をするところがほとんどです。確かに英語で授業と聞けば聞こえは良いですが、英語を勉強中の人が英語の授業に参加をして内容を理解できるわけがありません。
また、単純な文法を英語で学ぶことでより複雑に考えてしまい、「英語=ややこしい、難しい」、授業に参加するほど「理解できない」と英語に対する苦手意識が強くなっていきます。

<英語教材のデメリット>
手頃な価格の英語教材から高価な英語教材まで様々ありますが、教材のほとんどは学び方や学習方法について重点を当てており“勉強内容”が軽薄です。
つまり、英語を話したいにも関わらず「どうやれば効率的な勉強方法が出来るか」という事を教材で学んでいるのですから当然いつまでたっても英語が上達する事はありません。教材は問題を解くという事がメインになってしまい実用性が全くと言って良い程に無視されているものが多い、というのが現状です。

■そもそもなぜ英語が共通語といわれるのか
英語が世界共通語と言われ、あらゆる場所で英語が使われているのはご存知の通りです。しかし、なぜ中国語やスペイン語、日本語ではなく“英語”なのかと疑問に思った事はないでしょうか。
その理由はアメリカが世界最大の工業先進国であり、経済大国であったから、IBMやアップルコンピューターなど米国企業のパソコンが世界的に普及したから、など理由はいくつか挙げられますが、英語が世界的に普及した大きな要因の一つは “英語は習得が簡単で誰でも話せる言語だから”といわれています。
古くはオグデン(C.K.Ogden)というイギリスの学者が、たった850語で、日常の会話の大半はできてしまうという発表を、「The ABC of Basic English」(1932年)という本などで行ったこともあります。他にも、英語の速記文字を編み出したアイザック・ピットマンという人は、わずか700語で日常会話の7割(派生語も含めれば8割)が成立することを発見しました。(日本人はこの850語や700語の所をサラッとやるだけで3000語とか4000語レベルの所ばかりやっているのですから日常会話もできないのは当たり前です。)
しかしこれらの研究は、「語句をしぼり過ぎて、その中で全部を表現しようとしすぎで、実用性は薄い。」というデメリットがありました。酒井一郎氏はこれらの研究を突き詰め、英語を話すためには1743語、80センテンスで十分という結論に達し、独自の英語プログラムを開発する事に成功しました。
そして、このプログラムがSimple English(シンプルイングリッシュ)です。


■業界が公開してこなかったノウハウがたくさん
Simple English( http://www.eigounyoujutu.com/pdb_10_001.html )では、出版事情により公開できなかった多くのノウハウを紹介!
英語業界からのクレーム覚悟でWeb限定での販売となるため、本書が書店に並ぶことはありません。

<酒井式 独学英会話トレーニングブックSimple English>に含まれる内容を一部ご紹介
・英語が話せない最大の原因とは?
・語彙や単語を暗記しない英語勉強法
・英検1級も楽勝!潜在意識のメカニズム
・勝手に発音がきれになる秘密の方法
・英語でことばの持つ役割は40%だけ
・最も英語力がアップする時間帯
・全てを聞きとれるリスニングの真髄とは?
・脳がフルに活性化していくラッキー7の法則

詳細はこちら
http://www.eigounyoujutu.com/pdb_10_001.html


【酒井一郎:プロフィール】
慶応大学卒。英語を研究するため留学。
米国シンプソン大学アメリカ研究科卒。
1984年2月より東京 吉祥寺にて英会話スクールWENSdayの運営と指導にあたっている。
教え子からザ・ローリング・ストーンズの通訳などを輩出。
著書は19冊に上り、韓国・台湾でも翻訳されるなどアジアでの評価も高い。
個人としては異例の教科書執筆も手がけ、26年間10,000人(2010年現在)を超える経験を生かし、独自の英語習得メソッドを作りだし、日々生徒の指導に努めている。

<主な著書>
・英語はジョークで身につける(河出書房新社)
・声に出して心で覚えておきたい英語のことば(明日香出版)
・音読英会話精選フレーズ(明日香出版)
・「超」初心者英会話の学び方(南雲堂フェニックス刊)
・フードランゲージ英語(社団法人全国調理師養成施設協会刊)


【会社概要】
社名:株式会社アイデアスコープ
設立: 2008年8月8日
本社住所:埼玉県熊谷市新堀890 スカイハイツ103
代表者: 代表取締役社長 川島寛之
企業HP:http://www.idea-scope.co.jp/ 
事業内容:
・インターネット出版事業
・Webコンサルティング事業
・インターネット広告代理事業

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社アイデアスコープ
Simple English事務局
info@simpleenglish.jp

《関連URL》
http://www.eigounyoujutu.com/pdb_10_001.html
http://www.idea-scope.co.jp/

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社アイデアスコープ
代表者名 --
業種 未選択

コラム

    株式会社アイデアスコープの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域