トレント検索サイトで90%がウイルス感染〜G Data

ジーデータは、トレントネットワークにおけるファイル共有サービスの利用者・利用機関に、広く、ウイルス拡大の注意を呼びかけます。

トレントネットワークにおける、感染ファイルの数が急上昇
〜トレント検索サイトで90%がウイルス感染〜

G Data Software株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:Jag 山本)は、トレントネットワークにおけるファイル共有サービスの利用者・利用機関に、広く、ウイルス拡大の注意を呼びかけます。

G Dataは、トレントネットワークにおけるP2Pのファイル共有サービスにおける感染ファイルの著しい増加について警告します。検索サイトTorrentreactor.netは最も顕著で90パーセント以上のドメインが感染していました(9月1日〜3日)。他のトレント検索サイトも含め、8月から9月にかけて感染ファイルが増加し、最初の1週間で約3倍に上昇しました。ジーデータセキュリティラボの分析では、多くのマルウェアは、ワレズ(warez)や動画、音楽ファイルなどの配布に伴っていました。

トレントは、オンラインコミュニティにおけるファイル共有サービスの正統な後継者として、確固たる地位を築いてきました。分散型のデータ転送のおかげで、大容量のデータでさえ世界中どこでもすばやく配布でき、そのうえ、相互にやりとりしているデータは合法的なソフトウェアが中心であり、しかも選択肢が幅広くあることが支持されています。その結果、毎日使用するユーザー数は確実に増え続け、現在では数100万人が利用していると言われています。しかし、それに伴い、ネット犯罪者も目をつけるに至り、悪質なコードを配布するのにトレントが使用されようになってきました。

トレント検索サイト名  ドメイン数
Torrent.to―――――――4,076
Torrentreactor.net―――3,456
ThePiratebay.org―――――389
Bit-torrents.6x.to――――265
マルウェアが発見されたドメイン数(8月)

G Dataで収集しているマルウェア統計に基づいて言えば、特に、http://www.torrentreactor.net はマルウェアの出所として、注目すべき場所となっています。先月は3,456件、今月も増加は止まらず、たとえば9月1日から3日までの3日間だけでも2,400以上にのぼりました。しかもこれはファイル全体のうちの90%以上を占めていました。この勢いは、10月も止むことはないでしょう。

ラルフ・ベンツミュラー(G Dataセキュリティラボ所長)のコメント
「これらの数字からみて、P2Pサービスとりわけトレントによるダウンロードについては、細心の注意を払うべきでしょう。ここでは著作権の問題についてはふれませんが、P2Pのダウンロードファイルがマルウェアに感染している危険性は、ウィニーやシェアだけでなく、いずれにおいても、きわめて高いということを自覚してほしいと思います。」

*トレントネットワークについて
トレントは、ファイル共有を行うP2Pの分散型ネットワークの一種です。大容量データを快速に配布できる点が特徴です。ファイルはスウォーム(Swarm)と呼ばれる個々の共有ネットワークを使用してやりとりされます。実際には、トレントファイルを使って自分が希望するファイルを入手します。またテーマやプラットホーム別にソフトが分かれて選択できる Torrent.toやTorrentreactor.net、Thepiratebay.orgといった検索サイトが利用されています。ただしワレズ配布に悪用されるため、トレントも従来のP2Pファイル共有サービスと疑われることもあります。その結果、フリーウェアのパブリッシャーやリナックスのディストリビューターのような合法的使用に対してもマイナスイメージが付与されているのが現状です。

ジーデータソフトウェアについて
G Data Softwareは、1985年に創業したドイツのセキュリティソフト会社です。EUを中心に、コンシュマーならびに法人向け製品を展開しています。日本法人は2007年に設立しました。最大の特徴は、ダブルエンジンによる世界最高位のウイルス検出率です。また、新種や未知ウイルスへの防御、迷惑メールへの外国語フィルターなど、インターネットやメール環境を安全・快適にする機能を豊富に搭載しています。

*本ニュースリリースについて
本ニュースリリースに記載されている内容および製品情報については、市場動向、社会状況、経営方針の変更等により将来的に変更される可能性があります。本ニュースリリースに記載されている記載内容に関する永続的な整合性をG DATA Software株式会社が保証するものではありません。本リリースに記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

【本リリースに関する問合せ先】
G Data Software株式会社   
101-0047 東京都千代田区内神田2-8-1冨高ビル3F 
広報窓口: 瀧本往人  
E-mail: gdata_japan_info@gdatasoftware.com 
URL: http://www.gdata.co.jp/

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 G DATA Software株式会社
代表者名 Jag山本
業種 未選択

コラム

    G DATA Software株式会社の
    関連プレスリリース

    G DATA Software株式会社の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域