プレスリリース配信・PR情報サイト。利用企業数56,779社の実績で国内NO.1

詳細検索
このエントリーをはてなブックマークに追加
W印刷する

PM-QPSKによる100Gbit/s 超高速光伝送と光・電気回路リンク・システム設計のための最先端シミュレーション・ソフトウェア OptSim5.1

日本アールソフトデザイングループ株式会社

! 2009年8月7日 10時

日本アールソフトデザイングループ株式会社は、米国RSoft Design Group社が開発した OptSim V5.1 の販売を2009年8月6日より開始いたしました。

報道関係者各位

2009年8月6日
日本アールソフトデザイングループ株式会社


日本アールソフトデザイングループ株式会社(東京都港区、代表取締役社長:尾崎透徹)は、米国RSoft Design Group, Inc.(http://www.rsoftdesign.com)が開発した光通信システムの設計・解析ソフトウエア OptSim Version 5.1 の販売を2009年8月6日より開始いたしました。価格は435万円から、初年度販売見込み30本、主に光ファイバ・メーカー、レーザー、光部品/光半導体メーカー、アクセス装置メーカー、ネットワーク設計メーカー、光通信関連研究機関、大学等に拡販する予定。

--------------------
■背景
--------------------
次世代のラインレート100ギガビット/秒級の波長分割多重(WDM)長距離伝送においては、ファイバ分散や波長フィルタリングに対する耐性を確保するため、光の多値変調やキャリア多重を用い、ビットレートに対してシンボルレートを小さくすることが必要になってきています。

直交2偏波多重と4値変調であるQPSKを組み合わせた偏波多重QPSK方式は、100ギガビット/秒級伝送方式の有力候補の一つとして大きな注目を集めています。

この度リリースされた OptSim V5.1 では、偏波モード分散(PMD)や偏波依存損失(PDL)等のチャンネル障害をリカバーする為のトレーニング・シーケンスに基づくコヒーレントな偏波多重QPSK(PM-QPSK)がサポートされています。

特に、システム性能を正確に評価する為にはより高精度のBER計算が必要となります。その為、多チャンネルWDMシステムにおいては、長大なビット・シーケンスのシミュレーションが重要で、またそれを高速に処理する必要があります。この二つのニーズに対応できるシミュレーション技法としては、Time Domain Split Step(TDSS)がありますが、今現在TDSSをサポートしているシミュレーション・ソフトウェアはOptSim以外に見当たりません。この偏波多重QPSKシステムとTDSSを実現した OptSim V5.1 により、これからの100ギガビット/秒を超える超高速フォトニック・ネットワーク・システムの設計・解析がより容易になることを確信致しております。

日本アールソフトデザイングループ株式会社は、今後も光通信システムや光デバイスの設計・解析用に新しいシミュレーション・ソフトウェアをリリースしながら、光関連市場における研究・開発効率の向上に寄与するソリューションを提供して参ります。

--------------------
■製品構成
--------------------
OptSim V5.1の製品構成としては、Windows版とLinux版の2種類があります。

--------------------
■機能の概要
--------------------
・TDSSとFDSSという2種類のシミュレーション・エンジンを備えた唯一のツール
・100万ビットを超えるような超ロングビット伝送の解析が可能
・SPICE3エンジンによる光-電気回路システム設計
・600種類以上の光部品、ファイバ、CATV等のライブラリやポアンカレ球表示機能
・デバイス設計ツールBeamPROP、GratingMODとのコ・シミュレーション
・MATLABやLiekki、Luna Technologiesとのコ・シミュレーション
・先進のライブラリ管理機能、プロジェクト・レポート機能と使い易い新ユーザ・インターフェイス
記載されている社名や製品名は各社の登録商標または商標です。

--------------------
■主なアプリケーション
--------------------
・PM-QPSKシステム・デザイン
・干渉計光ファイバジャイロスコープ・デザイン
・DWDM/CWDMシステム・デザイン
・EDCデザイン
・D(Q)PSK、OFDMシステム・デザイン
・EDFA・EYCDFA、SOAデザイン
・FFTx-PONシステム・デザイン

--------------------
■RSoft Design Group社について
--------------------
RSoft Design Group社は、Photonic Design Automation(PDA)ソフトウェアの世界的リーダーとして、光通信、オプトエレクトロニクス、半導体産業等に寄与しています。RSoftは、光通信で言えば、設計、最適化、そしてプランニングまでの広範囲なツールを提供する唯一の会社です。また、物理レイヤーについては、パッシブ及びアクティブ・光エレクトロニクス・コンポーネントとサブシステムに対して、最も多様な設計ツール群を提供している会社です。
http://www.rsoftdesign.com/

--------------------
■日本アールソフトデザイングループ株式会社について
--------------------
日本アールソフトデザイングループ株式会社は、今後益々重要度を増しつつある光通信や光デバイスの日本市場で、シミュレーション・ソフトウェアと関連するコンサルティングを提供することにより、研究・開発、および設計効率の向上に貢献することを目的として、米国RSoft Design Group社の100%出資により設立された日本法人です。
http://www.rsoftdesign.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
日本アールソフトデザイングループ株式会社 営業部
TEL:03-5484-6670
E-mail:info@rsoftdesign.co.jp

《関連URL》
http://www.rsoftdesign.co.jp/
http://www.rsoftdesign.co.jp/pdfs/optsim_jpn.pdf
http://www.rsoftdesign.co.jp/product_system.html

このプレスリリースを応援している人

こちらもおすすめ!関連プレスリリース

カテゴリ一覧

企業情報

企業名

日本アールソフトデザイングループ株式会社

代表者名

尾崎 透徹

業種

未選択

プレスリリース情報

ジャンル

コンピュータ・通信機器

カテゴリ

製品

この企業の関連プレスリリース

世界初のマルチスレッド対応DiffractMOD、BeamPROP、FemSIM、ModePROPをサポーしたVersion 9.0 新発売
! 2012年4月26日 10時
2012年4月25日(水)からパシフィコ横浜で開催される「レーザーEXPO 2012」に光デバイス・ファイバ等の設計・解析用ソフトウェア最新版V9.0を出展
! 2012年4月17日 11時
最大24個のマルチ ローレンツ ドルーデ係数サポートと高屈折率差対応のBPM法を含む『Version 8.3』新発売
! 2011年9月9日 10時
世界初、LED構造の光取り出し効率について、最適設計を可能にする『LEDユーティリティ』新発売
! 2011年9月8日 17時
2011年4月13日(水)から15日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第11回 光通信技術展 FOE2011」に最新の光通信システム設計・解析用シミュレーション・ソフトウェア OptSim V5.2を出展!
! 2011年3月30日 10時

この企業のプレスリリースをもっと見る

応援している人

このプレスリリースを応援する

応援するとは?

プレスリリースを受信したい方はこちら プレスリリースを配信したい方はこちら

プレスリリース詳細検索

キーワード

配信日(期間)

年  月  日 〜 年  月 

リリースカテゴリ

リリースジャンル

地域

ページトップに戻る