2008年食品偽装問題をふりかえって

日本初の食品偽装対策WEBサービス「食の品質表示.com」が2008年の食品偽装問題をふりかえって総括を発表しましたのでお知らせ致します。

近年における消費者の情報公開に対する欲求の高まりを受けて、特に食品業界はその大きなうねりの中にいると思われる。2007年は食品偽装に明け暮れたが、2008年は偽装もさることながら食品の「事故」や「犯罪」も多発した年といえ、そういった出来事と絡み合うように2008年から2009年にかけて多くの食品関連の法律が改正されてきました。特に消費者からの要望が強い「原産国の表示」と「賞味期限表示」に関する法規の整備と改正薬事法・食品添加物法・食品衛生法等の改正である。

特に健康食品や健康志向食品が食品なのか医薬品なのか以前より議論に上がっていたところであるが、いよいよ明確な法整備と共に表示にも差別化が義務付けられることとなる。これによりグレーゾーンと呼ばれていた「健康志向食品」等に関する規制は、その表示や広告の表現法が強い規制の対象となりつつあると予想され、今後2009年以降はこの傾向がさらに強まると思われる。
 
また一般食品に関する表示では、まずは「原産国表記」の義務化の波が押し寄せており、今までのように法律に抵触しないからといって「表記をしない」と言うことが、消費者目線では認められなくなりつつある傾向にあり、その結果商品自身の信用不信を招くおそれがあり、そういった情報をいかに消費者に上手に伝えるかといった「企業努力」の重要性が、今後更に高まってくると思われる。またそういった消費者の欲求に従う形で行政もその法整備を着々と進めていくと予想される。

輸入食品に対しては規制やグローバリゼーションの波を受け、食品添加物法やJAS法の改正のスピードも日増しに加速している。

いずれにしても一度作った商品ラベルや規格書が半年後には陳腐化するケースも考えられるため、これら法改正のタイミング前に改正ポイントを十分に把握し、改訂が必要なのか注意が必要。

今後も2009年にかけ、これら消費者目線志向は加速傾向にあるといえる。


【サービス概要】
サイト名:食の品質表示.com
URL http://hinhyo.com/

【会社概要】
社名:株式会社イーオプティマイズ
代表取締役:若松 秀
所在地:東京都千代田区神田佐久間町3−37−3シェルプリーズビル2 2階
設立:2006年6月
事業内容:食の品質表示.comの企画・運営
・検索エンジンマーケティングソリューション事業
・WEBコンサルティング/システム構築事業
・WEBプロダクツ事業





【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社イーオプティマイズ
品質表示.com事務局 担当:大平
本社:〒101-0025東京都千代田区神田佐久間町3−37−3シェルプリーズビル2 2階
TEL:03−6379−6550 FAX:03−6389−6551
mail:info@hinhyo.com

《関連URL》
http://hinhyo.com/

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社イーオプティマイズ
代表者名 若松 秀
業種 未選択

コラム

    株式会社イーオプティマイズの
    関連プレスリリース

    株式会社イーオプティマイズの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域