鹿児島県屋久島町でICTを活用した持続可能な公共施設管理を試験運用 〜自然と共に生きる元気な町づくりをICTで支援〜

鹿児島県屋久島町(町長:荒木 耕治)と株式会社構造計画研究所(代表執行役社長:渡邊 太門)は、公共施設管理の課題解決とスマート化を推進するため、ICTを活用した持続可能な公共施設の管理の試験運用に関する基本協定書を締結しました。

世界に誇る自然を有する屋久島町では、「自然と共に生きる元気な町」を目指し、町民の健康づくりを支援する環境づくりを促進しています。その中で、公共の運動施設や集会施設等等の利活用を高めつつカギの受け渡しの負担を減らしたい、また、新型コロナウイルスの感染防止の観点からも「非接触・非対面」を取り入れたい、といった課題を抱えていました。

 

そこで、構造計画研究所が提供する予約管理システムおよびスマートロックを体育館等に試験的に導入し、公共施設管理のスマート化と町民の利便性向上のための効果測定と検証を行う協定を締結しました。

 

■基本協定の概要

[締結日] 2021年8月20日

 

[取り組み内容]

これまで体育館等の施設を利用する場合、施設を解錠するカギを役場出張所で受け取り、使用後に返却していましたが、試験運用中は、ウェブ上の予約システム「まちかぎリモート」で利用する施設を予約し、発行される暗証番号で利用施設のカギ(RemoteLOCK)を解錠する仕組みとなります。

 

[対象施設]

①宮之浦体育館

②安房体育館

③宮之浦テニスコート

④健康の森公園テニスコート  

⑤尾之間中央公民館

⑥屋久島離島開発総合センター

⑦屋久島町総合センター

※①③⑥の施設は先行して2021年9月1日より実証開始

 

[利用システム]

・ウェブ予約システム:まちかぎリモート

・施解錠システム:RemoteLOCK 8j等

ウェブ予約システム(イメージ)

 

RemoteLOCK8jが設置された
屋久島離島開発総合センター

 

屋久島町および構造計画研究所は、この試験運用を通じて施設管理業務の効率化を図るとともに、町民が利用しやすい施設環境を構築し、利便性向上に寄与してまいります。

 

■お問い合わせ先

株式会社構造計画研究所

すまいIoT部

TEL:​050-5306-6250

e-mail:remotelock@kke.co.jp

https://remotelock.kke.co.jp/case/public-facilities/

 

鹿児島県屋久島町役場

TEL:0997-43-5900

e-mail:info@town.yakushima.kagoshima.jp

http://www.town.yakushima.kagoshima.jp/



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 RemoteLOCKチーム / 株式会社構造計画研究所
代表者名 渡邊 太門
業種 その他サービス

コラム

    RemoteLOCKチーム / 株式会社構造計画研究所の
    関連プレスリリース

    RemoteLOCKチーム / 株式会社構造計画研究所の
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域