夜中になると、ぜん息による症状が悪化するのは掃除機のせい?!

ぜん息による症状が悪化する原因の大半はハウスダスト等によるものです。そこで、環境性能と健康にこだわった製品を提案するアール・エッチ・エスでは、消費者の健康を考えた「掃除機の新常識」を提唱しております。

東京都も警告している室内を汚す掃除機の排気!
「健康」と「環境」を考えた「掃除機の新常識」
スウェーデン生まれの高性能掃除機「オキシジェン」の効果とは?
 http://www.rhs.co.jp/products/oxygen_top.html

■子どもの咳が悪化する原因の半数以上は、ハウスダスト
アレルギーに苦しんでいる我が子の症状を少しでも緩和しようと、お母さんは懸命の努力をします。清潔に保つために、昼間一所懸命掃除をします、もちろん日本製の掃除機の中でも、特に強いパワーのものを選んで。しかし、キレイに吸い取ったはずのホコリが、排気口から吹き出されていたらどうでしょうか。
花粉やカビ、ダニの死骸やフンは吸い込まれただけで細かく微粒子まで砕けます。その微粒子を排気から吹き出しているとしたら!細かくなっているので、より簡単に漏れ出します。床に落ちるホコリは重く、大きいので心配はありませんが、問題はその微粒子のハウスダストなのです。それが、アレルゲンとなるのです。人の動きのある日中は天井あたりで浮遊し、夜になるとゆっくりと降りてきて、寝ている人が吸い込んでしまい、症状が出てくるのです。

■東京都も推奨する「掃除機の新常識」とは?
東京都は、その家庭用電気掃除機から排気される微粒子についてテストを実施し以下のように発表しています。「報道発表資料」(2008.5.1)
 http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2008/05/60i51100.htm  (以下、抜粋)

「掃除機の排気で室内が汚染される!乳幼児や特に小児ぜん息等が心配な方がいるご家庭では、ご注意ください。
家庭用電気掃除機の日本工業規格(JIS)では、排気中の粒子径5マイクロメートル以上の粒子を測定するように規定していますが、それより微細な粒子(微粒子)については規定がありません。
多くの掃除機で微粒子が排気されている可能性がありますが、これらの微粒子は長時間室内を浮遊し、呼吸時に気管を通り抜けて気管支や肺まで達するため、様々な健康影響の可能性が懸念されています。」

■スウェーデン生まれのエレクトロラックス社「オキシジェン」の特徴

1.世界トップレベルのホコリ除去率(ダストピックアップ率)

日本の掃除機は、「吸った空気の力=パワー」でホコリを吸いとる、という考え方で作られています。オキシジェンは、空気を吸込み・排出するのは、本体の中の気圧を下げ真空状態に近づるためであり、その真空状態はノズルまで達して、床にぴったり密着できて、奥に潜んだホコリを一気に吸い上げてホコリを除去するのです。
国産掃除機のパワー競争の中でどんどんパワーをアップさせています。強いパワーで大量の空気を吸い込むと、必ず大量の空気を吐き出さなくてはなりません。だから本体のどこかで出口(漏れ)を作ってあげる必要があります。強く排気する決定的な弊害は、高密度の排気フィルターが使えない事。高密度のフィルターを使うと目が細かいので大量の空気を通すことができず、機能が停止してしまいます。しかし、オキシジェンは、高気密な本体構造のためそれ程強いパワーを必要とはしません。

2.排気中のホコリはゼロの超クリーン排気を実現

国際基準IEC 規格に基づき、漏れが限りなくゼロという掃除機です。排気中の0.08ミクロンの微粒子を99.95%までカットします。排気フィルターには、HEPA13を使用、市販の空気清浄機を超える性能のフィルターを採用、病院やクリーンルームなどでも使われている高密度のフィルターです。

3.寝てる子も起こさない静かな運転音

二重構造のしっかりとした造りなのでホコリも音も漏らしません。キーンという不愉快な高音もなく、夜でも、近所を気にする事なくエアコン中でも掃除機がかけられます。介護中や赤ちゃんのいるお宅には大変喜ばれています。


4.アレルギー対策にパワーノズルで寝具のお掃除

毎日8時間以上直接人の肌が触れている寝具には、ダニダストなどのアレルゲンが最も多く溜まっています。その寝具には専用のパワーノズルが付属してます。アレルギー対策には、掃除機での寝具のお掃除が有効であることは、実証されています。パワーノズルは独立モーターで高速回転させるので、パワーが落ちません。寝具の掃除機がけは西宮市では行政指導されている程です。


5. 世界で初めて家庭用掃除機を作った エレクトロラックス社

1912年に世界で初めて家庭用の真空式掃除機を開発した会社です。世界の掃除機市場のシェア−20%以上を有しています。

【本件に関するお問い合わせ先】
お問い合わせ:
株式会社アール・エッチ・エス
担当:企画部 魚本 
TEL:03-6407-2351 Mail:ryoko_uomoto@rhs.co.jp

《関連URL》

このプレスリリースを
応援してるユーザー

企業情報

企業名 株式会社アール・エッチ・エス
代表者名 --
業種 未選択

コラム

    株式会社アール・エッチ・エスの
    関連プレスリリース

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • slack
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    リリースカテゴリ

    リリースジャンル

    地域