アイキャッチ画像

呼吸器系ウイルス感染症治療薬市場、2030年末までに824億米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「呼吸器ウィルス感染症治療薬市場:世界の業界分析・市場規模・シェア・成長・動向・予測 (2020~2030年)」(Transparency Market Research)の販売を7月5日より開始いたしました。

COVID-19の分子応用を支える知的なAI、MLのアルゴリズム

AI(人工知能)を活用したCOVID-19の創薬は、呼吸器ウイルス感染症治療薬市場で人気を集めています。コロナウイルスが国際的な健康問題となって以来、医薬品やワクチンの需要はかつてないほど高まっています。そのため、AIはCOVID-19医薬品の迅速な発見に有望な可能性を秘めています。そのため、呼吸器ウイルス感染症治療薬市場における企業は、科学者や研究者と協力して、コロナウイルス治療の治療薬として使用できる薬剤やペプチドを予測しています。

 

製薬会社は、標的との親和性が高いことから、感染した患者の塩基配列から直接薬剤を予測する取り組みを強化しています。しかし、COVID-19に対抗するための安全性と実現性を検証するために、企業は試験能力を加速する必要があります。機械学習(ML)やビッグデータを活用したインテリジェントなアルゴリズムが、分子の応用を支えています。

 

研究開発の活発化により、ファビピラビルの水系媒体への低溶解性に対応

呼吸器系ウイルス感染症治療薬市場は、2030年末までに824億米ドルの規模になると予想されています。しかし、インフルエンザ治療薬であるファビピラビルやバロキサビルのデメリットや副作用に対する個人の意識が高まっています。また、ファビピラビルは水系での溶解性が低く、in vitroでの有効性が低下する可能性があるため、製薬会社はファビピラビルの水系への溶解性を高める必要があります。これは、医薬品の有害事象を防止するために、製薬会社が研究開発活動を強化する必要があることを示しています。

 

製薬会社は、インフルエンザウイルスのポリメラーゼ複合体の発見に注目しています。インフルエンザウイルスは、公衆衛生に対する持続的な脅威となる深刻なヒト病原体であることがわかっています。そのため、呼吸器系ウイルス感染症治療薬市場の企業は、この問題を利用して、インフルエンザウイルスポリメラーゼ複合体の研究開発を強化しています。

 

ナノテクノロジーを利用した効率的なドラッグデリバリーは、臨床現場での成長が期待される

呼吸器ウイルス感染症治療薬市場の企業は、アデノウイルス感染症に対する抗ウイルス剤のデリバリーのために設計されたナノマテリアルに注目しています。呼吸器ウイルス感染症は、世界的な健康問題となっており、個人の死亡率や罹患率に大きな影響を与えているため、この問題は重要となっています。薬剤耐性の増加とウイルスの絶え間ない複製により、アデノウイルス感染症の治療に最適なユニークな物理的・化学的特性を持つナノ材料が、抗ウイルス療法におけるナノテクノロジーの需要を高めています。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/tsm987691-respiratory-virus-infection-drugs-market-global.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域