アイキャッチ画像

ポリウレタンディスパージョン(PUD)の市場規模、2025年に27億米ドル到達予測

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ポリウレタンディスパージョン (PUD) の世界市場 (~2025年):タイプ (無溶剤・低溶剤)・用途 (塗料&コーティング・接着剤&シーラント・皮革仕上げ・繊維仕上げ)・地域別」(MarketsandMarkets)の販売を6月30日より開始いたしました。

ポリウレタンディスパージョン(PUD)の市場規模は、2020年の19億米ドルからCAGR7.1%で成長し、2025年には27億米ドルに達すると予測されています。PUDの需要拡大は、APAC(アジア太平洋地域)、中東・アフリカ、南米における工業化、建設、インフラ活動の増加に起因しており、環境に優しいソリューションやプロセスエスへの需要の高まりがPUD市場を牽引しています。

 

COVID-19がPUD市場に与える影響

 

PUD市場は、主に建築、自動車、家具、皮革、繊維の分野で使用されています。COVID-19はこれらの産業に深刻な影響を与えています。ほとんどの国で規制が解除されはじめたにもかかわらず、工業、建設、製造分野が正常な状態に戻るのは2021年の後半になると予想されます。主な問題としては、注文出荷の遅れ、サプライチェーンの制約、人手不足、設備不足、材料不足などが挙げられます。この危機が去った後、市場は回復し、PUD市場の需要は増加すると予想されます。また、パッケージングなどの産業は増加しますが、その他の産業はマイナスの影響を受け、成長は緩やかになると予想されます。

 

牽引要因:繊維・皮革産業の高い需要

 

繊維・皮革産業は、PUD製品の需要の高まりとともに成長すると予想されます。APAC諸国、特に中国、インド、パキスタン、韓国、ベトナムでは、繊維が主要産業です。これらの国以外では、ドイツ、ポルトガル、ブラジル、米国が主要な繊維メーカーを有しています。また、皮革産業もPUD市場の成長を促進している主要産業です。PUDは、革の表面仕上げに使用されます。また、合成皮革の製造にも使用されています。

 

抑制要因:酸性エポキシ塗料の需要増加

 

PUDはコーティング市場で大きな役割を果たしています。しかし、ポリウレタン塗料に含まれる揮発性有機化合物(VOC)の含有量は、塗料業界にとって大きな懸念材料となっています。原材料メーカーは、健康や環境への悪影響を低減するために、より新しい技術を開発し、ゼロVOCに対応するための研究開発に大幅に投資する必要があります。欧州連合(EU)は、ポリウレタンコーティングの触媒としてのスズを排除するためのルールを設定する必要があります。これらの問題を克服するため、酸性エポキシ系接着剤の使用が急増しています。エポキシ系塗料は、無溶剤のフェノール樹脂をベースとしたコーティングシステムで、床や壁、鉄骨構造物の表面を丈夫で滑らかに仕上げるように設計されています。

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama1001391-polyurethane-dispersions-market-by-type-solvent.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

添付画像・資料

添付画像をまとめてダウンロード

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域