アイキャッチ画像

不妊治療市場、2027年に257億964万米ドル到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「不妊治療市場の成長機会・成長予測 (2020-2027年):処置・提供区分・エンドユーザー・地域別」(Allied Market Research)の販売を6月22日より開始いたしました。

不妊治療市場の概要 - 2027年

不妊治療の市場規模は、2019年に203億8,861万米ドルを生み出し、2020年から2027年にかけて15.9%のCAGRで成長し、2027年には257億964万米ドルに達すると予測されています。

 

COVID-19の発生は、世界各地でかなりの影響を及ぼしました。不妊治療市場は、このパンデミックによってマイナスの影響を受けました。また、世界のほとんどの不妊治療クリニックは、この流行が収束するまでの数ヶ月間、新規の不妊治療の受付を中止しました。

 

不妊治療は、不妊治療をサポートするために提供されるサービスです。体外受精(IVF)、人工授精、代理出産などの技術を用いて、夫婦やシングルマザー、LGBTなどの不妊問題を解決するためのサービスです。不妊症は、妊娠可能な年齢の男性にも女性にも起こり得ます。また、男性不妊は、ホルモンバランスの乱れによる精子数の減少や精子の運動性の低下が主な原因とされています。したがって、出産のためには、男女ともに視床下部と下垂体が適切に機能していることが必要です。不妊症の増加は、アルコールや薬物の摂取量の増加、ストレスの増加、喫煙の頻度、肥満、環境要因などが主な原因となっています。米国生殖医学会の調査によると、不妊カップルの約40%は男性側に原因があり、そのうち約85%〜90%は薬や手術で治療しているといいます。このことが、不妊治療市場の成長を促進すると予想されます。

 

生殖補助医療技術の進歩、不妊治療に対する意識の高まり、不妊治療クリニックの数の増加などが、予測期間中の不妊治療市場の成長を牽引すると考えられます。しかし、不妊治療にかかる費用が高額であることや、代理出産に関する規制が厳しい国があることが、市場の成長を妨げています。不妊症の原因としては、精子や卵子の生産に問題があること、年齢、遺伝的要因、化学物質や有害物質への過度の暴露などが挙げられます。アルコールの摂取、ステロイドの使用、癌による片方の精巣の切除、糖尿病なども精子の数を減少させ、男性の不妊症の原因となります。女性では、ホルモン異常、子宮の良性成長、子宮頸部や子宮の異常、卵管の閉塞、ストレス、化学療法、腎臓病、鎌状赤血球症などが不妊の原因となります。さらに、不妊治療クリニックの増加や、精子・卵子の提供や体外受精などの不妊治療に関する認知度の向上により、不妊治療の導入が進み、市場の成長を促進しています。さらに、不妊症の増加は、ライフスタイルの変化だけでなく、性感染症(STD)や不妊症などのさまざまな病気が原因となっています。したがって、近い将来の不妊率の上昇は、不妊治療市場の成長を促進すると予想されます。

 

 

 

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/amr1009308-fertility-services-market-by-procedure-service-end.html

 

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



ログインするとメディアの方限定で公開されている
お問い合わせ先や情報がご覧いただけます

企業情報

企業名 株式会社グローバルインフォメーション
代表者名 小野 悟
業種 その他サービス

コラム

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリース

    株式会社グローバルインフォメーションの
    関連プレスリリースをもっと見る

    • クリックして、タイトル・URLをコピーします
    • facebook
    • line
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    プレスリリース詳細検索

    キーワード

    配信日(期間)

    年  月  日 〜 年  月 

    カテゴリ

    業界(ジャンル)

    地域